辞表を渡すのにベストなタイミングとは。ボーナスとの兼ね合いも考えよう

最終更新日:2016年3月5日

様々な事情があって会社を辞めたいけど、いつ渡すのがベストなんだろうと考えている方のために辞表を渡すタイミングはいつが良いのかご紹介します。

今の会社を辞めるかどうしようか悩んでいる方は是非ご覧ください。

1.辞表を出そうとする前の覚悟を決める

辞表を出そうとする前に、本当にそれでいいのか自分と向き合ってじっくりと考えてみましょう。

一旦辞表を出して会社を辞めてしまうと多くの場合二度とそこでは働けなくなってしまいます。

本当にそれでいいのかよく考えてみましょう。

会社の環境が悪すぎるという場合は辞表を出して退職をしなくても同じ会社でも場所を移動するようにしてもらう事でまた仕事が楽しくなる場合があります。

また、今の仕事にやりがいを見出だせない場合、自分がその仕事の楽しさを知らないだけの可能性があります。

周りをよく見て一生懸命頑張っている人を見たり、アドバイスをもらったり、真剣に仕事と向かい合う事で今の仕事にやりがいを見出だせる可能性があります。

それでもどうしても会社を辞めたいなら、それは今の職場が合っていないという事ですので、ストレスにならないために早く辞表を出すようにしましょう。


2.一般的には約2~3ヶ月前

辞表を渡すタイミングは、基本的には会社を辞める2~3ヶ月前に渡すのがベストです。

これは、一人が会社を辞める時には新たに人を雇い、引き継ぎをしなければならない事が多いので、それに2~3ヶ月程度かかるからです。

きっちり引き継ぎをすれば会社に迷惑をかけずに円満に辞めることができます。

また、会社の規定で何日前に辞表を出さなければならないか決まっている場合があります。

決まっている場合は、トラブルにならないように会社の規定に沿って辞表を出すようにしましょう。

有給休暇が余っていて全部使いきってから辞めたい場合は、よりスケジュールに余裕を持っておく必要があります。

そうしないとせっかくの有給休暇をほとんど消費できなかったという事になってしまいかねません。

有給休暇の事も考えて辞表を提出しましょう。


3.ボーナスをもらった後の辞表も良し

辞表を出すタイミングによっては損をしてしまう事があります。

特にボーナスの事をはよく考えて辞表を出さないとボーナスをもらえない事があります。

辞表を出すベストのタイミングは、ボーナスをもらった後です。

こうするとボーナスをしっかりもらった後辞める事ができるので、退職後万が一何かがあった時でも余裕を持って対応する事ができます。

次の会社のボーナスの事も考えておく事も大事です。

ベストなスケジュールはボーナスをもらった後辞めて、また次の会社でボーナスをもらう事ができるようにする事です。

また、退職後も同じ業界で働く場合はボーナスのもらい逃げと思われないために、引き継ぎをしっかりしてから退職をしておく事が大事です。

特に狭い業界の場合はしっかりと引き継ぎをしておく事で新しい所に入っても前の会社とスムーズに仕事をする事ができます。

ボーナスの事を考えすぎて、転職するいいタイミングを逃してしまわないようにする事も大事です。

場合によってはボーナスを諦めて転職をする事でいい会社に入る事ができる場合があります。

いい会社は競争率が激しく、ボーナスをもらった後でと考えているとあっという間に応募が締め切られてしまい、いい会社に入るタイミングを逃してしまいます。

辞表を出すタイミングはよく考えましょう。


4.辞表は上司が忙しくない時間に渡すのがベスト

辞表を渡したからとすぐにその辞表は受理されません。

特に大きな会社の場合は上司は辞表を受け取った後人事部等に報告をしなければならなかったりと時間がかかります。

辞表を渡すタイミングは1日の中でいつでも構いませんが、できれば上司の時間に余裕がある時を見計らって手渡しをするようにしましょう。

上司にいいにくいからと机の上に置いておくのはNGです。

これでは上司や会社に迷惑をかけてしまいます。

ほとんどの場合、上司が辞表を渡した後退職理由を聞くのでしっかりと理由を言えるようにしておきましょう。

そうすることでスムーズに退職の手続きをする事ができます。

また、円満退職をするために事前に同僚には会社を辞めるという事を話しておくようにしておきましょう。

そうすることで周りも引き継ぎ等する心の準備をする事ができるので円満退職をする事ができます。

また、会社にいくら不満があったとしてもそれを正直に話さず、できれば何も言わないで自分の都合で辞めるという事にしておくとより円満に会社を辞める事ができます。

辞表をきちんとしたタイミングで渡そう

辞表を渡すタイミングはいつが良いのかについてご紹介しました。

会社は、辞めたいからといつでも辞めることができるわけではありません。

会社を辞めたいと思ったらじっくり考える期間も含めて退職できるまで約3ヶ月~5ヶ月程度余裕を持っておく事でスムーズに退職をする事ができます。

辞表を渡して退職をするのは勇気が必要ですが、新しい世界へのチャレンジでもあります。

新しい未来に出会うために上記を参考にベストのタイミングで辞表を渡して、円満退職をして下さいね。