自意識過剰を克服する方法。周囲からプレッシャーを感じる性格を改善しよう

最終更新日:2016年1月13日

自意識過剰は、周囲の人から認められたいという強い承認欲求の表れです。

そのため周囲から自分の思うような評価をもらえなかった時に受けるストレスや精神的なダメージは非常に大きなものになります。

どうしたら自意識過剰を克服できるのかをご紹介します。

1.過去の辛い経験を乗り越えられていない

過去の経験で、自分を否定されたり拒否された経験の辛さを乗り越えられないままでいる人は、自意識過剰になりやすい傾向があります。

もう2度とあんな辛い経験をしたくないという意識が常にあるため、周囲と接するときには、異常に周りからの評価を気にしてしまうのです。

しかし周りの評価は、人それぞれ違いますし、また他人の気持ちを完全にコントロールすることはできません。

そのため、いつも自分の不完全さが気になってしまい、過剰な自意識に振り回される事になります。

まずは、ずっと見ないふりをしてきた自分の乗り越えられていない辛い経験が何であるを振りかえる必要があります。

自分の辛い経験や気持ちについて話せる人がいるなら話して見てもいいですし、話せない人は日記に書いていくことで感情を発散することができます。

また書くことで気持ちも整理されていくので、自分が本当に怖がっているものの正体が見えてくるはずです。

正体がわかれば、無駄にエネルギーを消耗して自意識過剰に振り回されずにいられるはずです。


2.自分の軸で生きる

自意識過剰の人は、周囲の人に自分の人生の主導権を無意識に渡しています。

そのため自分の意識は常に周囲の人に向けられています。

そして自分も相手から、常に自分を見られているような勘違いを起こしてしまいます。

しかし他人というのは、さほど周囲の事をみていません。

また周囲からの評価が気になるからといって、周囲の人をいくら観察したとしても、心の中の本当の気持ちや考えは推測でしかありません。

ですので、いくら推測してもわからない他人の評価よりも自分の軸に合わせた判断を行い、自分の満足いく生き方をした方が分かりやすく満足感が高いのです。

自分は誰からも好かれなくてはならないという非現実な考え方はやめて、自分を軸にした自分がいいと思える生き方を身に付けていきましょう。

3.上手くできない事にこだわらない

一般的に子供の頃は、出来ないことを出来るようになるための躾を、親や学校から受けてきました。

そのおかげで成長できたところもたくさんありますが、同時に出来ないことはダメなこと、というメッセージを心に植え付けられてきたのではないでしょうか。

そのため今も潜在意識の中にも、強く失敗を怖がる意識が残っているため、自意識が過剰になってしまいます。

子供の頃は、出来ないことは出来るようになるなるまで頑張り続けることが目標でしたが、大人になると出来なくても自分を許すことのできるスキルを身に付けることが必要になります。

許すことを身に付けることで、自分にも周囲にも寛容でいられることができ、自意識過剰が自然と和らいでいきます。


4.未来に目的意識をもつ

自意識過剰の人は、自分や周囲の人に対して注意を向けすぎています。

そのため周りを見る視野がどんどん狭くなっていきます。

そして自分の持っている世界も狭くなっていくため、自分の持っているパターンに何でも当てはめてしまう習慣が身に付いてしまっていて、ますます狭い世界に閉じ籠りがちになってしまいます。

自分の世界を広げるためにも、目的をもって未来を見ましょう。

何か自分のやりたいことがあるなら、目標に向かって努力してやり遂げることで、世界も広がりまし、世界が広がれば周囲が気になってしまう気持ちも自然と消えていくはずです。

またやり遂げることができた自分に肯定的なイメージを持つことが出来るため、それが自分の自信となって周囲の評価が気にらならなくなります。


6.スルースキルを手に入れよう

自意識過剰の人は、周囲の人からの言葉や評価を気にしすぎてしまう傾向があります。

それは自己肯定感が弱いために他人への依存度が高いことが原因です。

周囲への依存度が高いと、周囲の人の何気ない一言に深く傷ついてしまいます。

ですので、周囲の人から何かを言われても、ストレートに受け止めるのではなく、そんな風に見えるところもあるのかなというぐらいの軽い捉え方をしてください。

そして上手くできない自分を許すことができる気持ちを持てることがとても大切です。

いつも自分が上手くできないことを、自分自身で責めつづけていたのでは、心はますます自信を失い不安が大きくなり追い詰められていきます。

どんな自分でもいいのだというプラスのイメージを持つことが自意識過剰を克服するためにも大切なことです。

自意識過剰を克服しよう

自意識過剰の人は、自分軸をしっかりともち、周囲からどう思われるかではなく、何を自分がやりたいのかを大切にして、自分で自分を認めてあげることができるようになることが必要です。

初めは、自分軸をもっても揺らいでしまったり支えていくことが難しいと思いますが、徐々にしっかりとした自分軸を持つことができるはずです。

揺らがない自分軸が立てば、自意識過剰も自然と和らいでいくはずです。