地元に帰りたいけど仕事がない。どうしたら良いか

最終更新日:2017年7月3日

地方から都心部へ仕事のために出た時に、都会の生活が合わずに地元の帰りたいと思うこともあります。

しかし地元に帰っても仕事がないので、仕方なく都心部で働き続けている人も多いでしょう。

そこで地元に帰りたいけど仕事がない時はどうすれば良いのでしょうか。

1.地元で公務員になる

地元に帰りたいのに仕事がなければ、公務員の職に就けるように勉強して仕事を探しましょう。

地方にいくほど仕事の数も種類も減っていきますが、公務員の仕事は一定量は必ずあります。

そのため仕事がないと言っても公務員の仕事は無くならないので、地元に帰るなら公務員を目指すのもひとつの方法です。

地元で仕事がないというのは仕事の量が少ないので、新たに仕事を始めたいという人が選択肢が非常に少ないということです。

地元で働いている人も仕事が少なく何とか生活している状況なので、新たに人が増えれば仕事が減ってしまいます。

公務員ならば一定の仕事量があるので、安定した生活を送ることができるので、地元に帰りたいと思うなら地方公務員を目指すのもオススメです。

2.地元から近い都市部で仕事を探す

地元で仕事がなければ、近隣の都市部で仕事を探す方法もあります。

近隣の都市部ならば交通手段も整っているので、地元に住みながら毎日通うことも可能でしょう。

都市部で生活していると職場にいくのに1時間の通勤時間はざらにかかるので、地方でも少し離れた都市部に通うのは苦ではないはずです。

また都市部にいけば仕事量も多いので、仕事の形態を選ばなければ仕事の幅も広げることができます。

正社員にこだわらなければ都市部では仕事があるので、とりあえず働きたいと言う人でも何らかの仕事に就くことができます。

地元で仕事がなくても都市部まで出稼ぎにいくことができれば、念願の地元での生活をすることができます。

3.地元の人とコラボして町を活性化させる仕事を生み出す

地元に帰りたいのに仕事がなければ、地元の人とコラボして地元を活性化させる仕事を生み出してみましょう。

地域の町おこし隊など地元を盛り上げる活動は各地で行われていますが、地元では仕事の種類が量が少ないので、仕事を求める人も少なくなっていきます。

そこで自分たちが町おこしをすることによって、地元を盛り上げる仕事を生み出します。

地元の特産品を使った商品を開発したり、地元で観光スポットを開発するなど、地元に人を呼び込める仕事を生み出すことによって、新たなビジネスチャンスが生まれます。

お金がなくてもアイデア勝負ができるので、仕事がなくてもアイデアさえあれば仕事を生み出すことができます。

町おこしをすることができれば地元も活性化するので、地元全体の景気が良くなることで仕事も増えます。

仕事がなければ地元を盛り上げて仕事を生み出すことで、自分も仕事に就くことができるようになります。

4.ネットを活用して仕事をする

インターネットを使って仕事ができる時代になりましたが、ネット環境があればどこでも仕事をすることができます。

そのため地元で仕事がなくても、ネットで仕事をすることができれば地元に住みながら仕事をすることができます。

ネットでの仕事はそれなりのスキルや知識が必要不可欠ですが、身につけてしまえばどこでも仕事ができるメリットがあります。

地元でもネット環境があればいいので、仕事がまったくなくても自分には関係なく仕事を続けることができます。

ネットでは自分がやりたいと思う仕事をすることができるので、種類も仕事量も自分で調整することができます。

ネットで仕事ができるようになればいつでも地元に帰ることができるので、ネットスキルと実力を身につけて地元に帰りましょう。

5.自分で起業して仕事を作る

地方で仕事が少ない理由のひとつに、企業する人が少ないという理由があります。

大きな会社が少なければそれだけ仕事も働く人も少ないです。

そのため自分で起業することによって、自ら仕事を生み出して生活することを目指します。

仕事と言えば会社に勤めて働くイメージがありますが、自ら起業して仕事を作ることができますが、非常に困難な道でもあります。

起業でなくても自営業やフリーランスの人は、自己責任で仕事をしているので、自ら仕事を生み出して自己責任で働いていると言ってもいいでしょう。

仕事がなければ自分で仕事を作り出すことによって、仕事がない地元でも帰ることができます。

地元で起業するのはビジネスチャンスが少ないので大変かもしれませんが、逆に競合他社がいないことでチャンスも大きいのが魅力でもあります。

アイデアを活かして仕事を生み出すことができれば、そのまま地元で仕事をしながら住み続けることができるでしょう。

地元に仕事がなければ新たに生み出せばいい

地方にいけばいくほど人が少なくなるので、仕事も少なくなるのは当然のことです。

仕事が少なくなれば帰るのは難しくなりますが、地元にも住んでいる人はいるので、アイデアを活かすことで仕事を生み出すこともできます。

働き方が多様化しているので会社に勤める働き方だけでなく、自ら生み出す仕事をすることも考えてみるのも選択肢のひとつです。