家業を継ぐ前にやるべきこととは。家業を継ぐ決断する前の確認事項

仕事/ビジネス最終更新日:2018年4月28日

家業を継ぐと決めた時、実際にその仕事をスタートさせる前に、いったいどういうことをやっておくべきなのでしょうか。

それを知っていないと、もしかしたら後から後悔するかもしれません。

家業を継ぐ前にやっておいた方が良いこと、それが一体何なのでしょうか。

1.家業を継ぐ前に「家業の現在の状態」を知るようにする

家業を継ぐ前にやっておいた方が良いこと、それは「家業の現在の状態」を知るようにするということです。

自分が継ぐ仕事の経済状態がどうなっているのか、そこをきちんと把握しておくべきと言えるでしょう。

家業を継ぐと決めたなら、自分がこれからやっていくであろう仕事がどのようなものか、そしてそれによってどのくらいの収益があるのか、そのあたりをきちんと把握しておくことが大切です。

もしかしたら、実家がやっている家業は、残念ながら利益が少なく、高収入を得るということは無理なのかもしれません。

それだけでなく、この先先細りしていくような業種だったりすることもあります。

いくら本人がやる気になっていても、厳しい現実が待っている可能性があります。

家業の現在の経済状態が良かろうが悪かろうが、どのみち家業を継ぐと決めていることもあります。

ただ、しっかりと現状を把握しておくことで、何としてもその仕事を継いで盛り立てていこうそういう覚悟が生まれることでしょう。

更に、何とかしてもっと経済面でも上向きになるように、努力していくことができるはずです。

家業を継ぐ前にやっておいた方が良いことは、、しっかりと家業の現在の状態を理解しておくことなのです、そうすれば、いざ自分が家業を継いだ時に、変に慌ててしまったり、焦ることもなくなることでしょう。

2.「家業を継いだらできなくなること」をやっておく

家業を継ぐ前にやっておいた方が良いことに「家業を継いだらできなくなること」があります。

家業を継いだ時に「あれをやっておけば良かったな」と後悔したりしないように、色々なことを楽しんでおくようにしましょう。

自分が継ぐべき家業がホテルや民宿などの経営でしたら、正月やお盆、そしてゴールデンウィークといったお休みに仕事をすることとなります。

元旦にのんびりとおせちをつついて、その後初詣に行ってなんて過ごし方はできなくなってしまいます。

ホテルや旅館は、正月や夏休みなどはまさに「稼ぎ時」となります。

家業を辞めたり引退するまでは、きっと毎年仕事をすることとなるはずです。

そういう時に「お正月はのんびり過ごしたかったな」と考えてしまうと、その仕事を続けるのが精神的にしんどくなってしまいます。

ですから家業を継ぐ前に、夏休みに思いっきり遊んでおいたり、正月はゆっくりと過ごして、心の満足感を得ておくことが必要です。

そうすれば、自分にものんびりと過ごした正月の思い出があると割り切ることができるでしょう。

家業を継いだら、生活のスタイルを変えたりすることが色々あります。

そのためにできなくなることもあるでしょう。

しかし、家業を継ぐ前にそれらを楽しんでおけば、気持ちの落としどころを見つけることができるでしょう。

3.「家業以外の世界」を見つけておくようにしておく

家業を継ぐ前にやっておいた方が良いこととは家業以外の世界」を見つけておくようにしておくことです。

家業を継いでしまうと、自宅が職場になったり、同僚が家族となり、世界が狭くなってしまうからです。

家業を継ぐことで、そのまま自分の家が仕事場となることがあります。

「通勤時間がなくて良いね」なんて言われたりしますが、仕事の帰りにちょっと寄り道をすることもなく、つまらないと感じることがあります。

また、家族と一緒に仕事をするのは楽かもしれませんが、家の中でも同じメンバーで過ごしているので、ちょっと息が詰まりそうになります。

自分を取り巻く世界が狭い気がして、閉塞感を感じてしまうでしょう。

そうなると、どうしてもストレスが溜まってしまい、家業を継いだことを後悔したくなります。

それを避けるために、家業以外の関係の友人を作っておいたり、習い事やサークルに参加して、少しでも世界を広げておきましょう。

家業を継いだ後も、そういう形で新たな世界を見つけることができます。

ただ、最もストレスがかかるのは、家業を継いだ時のはずです。

後を継いだ直後というのは覚えることも多く、新しい世界を見つけにいくどころではないでしょう。

それなのに、家業以外の世界とつながりを持っていないと、気持ちが休まることもなく、しんどい気分になってしまいます。

家業を継ぐ前には、できるだけ家業とは無関係の知り合いや趣味を見つけておきましょう。

そういうものが、後からストレスを感じた時に、きっと役立ってくれることでしょう。

4.「家業に役立つこと」を少しでも勉強してみる

家業を継ぐ前にやっておいた方が良いこととして「家業に役立つこと」を勉強してみるということがあります。

ほんの少しでもいいので、事前に知識をつけておくようにしましょう。

どうせ継いだ後に一から覚えなくてはならないのだからと思うと、なかなか家業に関わることを勉強しておこうとは思わなかったりします。

ただ前もって少しでも勉強することで、後から自分自身が楽になります。

例えば酒屋さんを継ぐのでしたら、趣味を兼ねて「お酒の勉強」をしてみてもいいですね。

どういう日本酒がおいしいか、ワインはどんなタイプが人気があるか、独学でも色々と学ぶことができます。

ちょっと大変かもしれませんが、ソムリエの資格などを取っておいても良いでしょう。

家業を継いだ時には、周りからあれこれと指導されることが多いはずです。

そういう時に、少しでも知識があることで、自分自身が精神的にゆとりを持つことができます。

そのためにも、前もって「家業に役立つこと」を学んでおくようにしましょう。

家業を継ぐ前にやっておいた方をやっておこう

家業を継ぐ前にやっておいた方が良いことそれは本当に様々です。

しかし、少しでもやってみることで、自分に対してゆとりと自信を持つことができます。

そうすれば、きっと家業を継いだことを後悔したりしないで、頑張っていこうと思えることでしょう。

 

    「家業を継ぐ前にやるべきこととは。家業を継ぐ決断する前の確認事項」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く