地雷扱いされる女性の特徴。男性から敬遠される女性とは

最終更新日:2016年2月21日

地雷を持っている人、などというように特定の事柄に執着したり恋愛に対して間違った感性を持っているなど周りを困らせてしまうことを、地雷と言います。

そこで今回は地雷扱いされてしまう女性の特徴をご紹介します。

1.歴代彼氏が多い

地雷扱いされてしまう女性というのは付き合っているときに面倒だったり重たかったりして彼氏や友人などに迷惑をかけてしまうことが多くなります。

そうなると、やはり男の人は付き合ってもすぐに別れてしまうでしょう。

そうなると地雷扱いされてしまう女性は、交際人数や男性経験人数が多くなってしまうでしょう。

多くの男性と付き合っているということは多くの男性と別れを経験しているということです。

男性からしてみれば、沢山の経験人数がある女性よりも少ない女性の方が良いことが一般的です。

多くの男性と別れているということはその数だけケンカやトラブルなどを起こしているのを想像してしまうので、多くの地雷を持っているのではないかと勘ぐってしまいます。

さらに、多くの男性との肉体関係があるというのは「自分を大切にしていない」「欲望を押さえられない」などの悪いイメージを持つ男性も多くそういった部分も「地雷」だと思われてしまうのかもしれません。


2.簡単に体の関係を持つ

男性が「地雷かもしれない」と感じる女性の特徴として「あまりにも簡単に最後まで落とせる」というものがあります。

普通、体の関係を持つということは恋人という関係になってからだったり、お酒に飲まれているなどして正常に判断ができない状況だったり、長年の友人関係からふいに…などあまり出会ってすぐの男性とは持たないものです。

ですが、簡単に出会ってすぐの男性に体を明け渡してしまう女性というのは何か問題や闇を抱えていることが多いのかもしれません。

美人局などの犯罪はもちろんのこと、ハニートラップ、一度の身体の関係で交際を迫ったりお金をゆするなど…まさに「地雷」となる可能性が高くなります。

なので、自分だけでなく知り合いや友人から「あの子とすぐに寝れたよ」という話を聞けばその女性は「地雷かもしれない」という疑念を抱かれてしまうのかもしれません。


3.占いを信じている

占いというものはとても面白いですし、役に立つこともあります。

ですが、占い師にはまってしまって洗脳されてしまうような女性は「地雷」と思われてしまっても仕方がないかもしれません。

特に、男性との合コンなどをしている際に「私は○○座の人とじゃなきゃ相性が良くないから付き合えないの」などと発言をしたり「結婚は○○歳と言われたから運命の人を探しているの」など占いを根拠に男性を探していると、男性は「ちょっと頭のおかしい人」と思うでしょう。

男性にとって交際というのはあくまでも結婚前提ではなく楽しい時間を過ごしたりして相性を見てから結婚を考えたいと思う人が多いようで、付き合う前から女性が「結婚をしたい」「運命の人だ」などと言われてしまえば重たいですし、付き合いにくいですよね。

さらに、占いを信じる人というのは恋愛だけでなく部屋の家具の位置や色、部屋の方角やその日の食べ物、仕事やお金の運用など様々なことを占いに頼ってしまいます。

占いに頼らなければ何事も決められない女性と付き合っていると大変ですし、面倒ですよね。

なので、合コンや職場などで占いを信じているような発言をしたり、占いに通い詰めている…などの特徴を持っていると地雷扱いされてしまうかもしれません。


4.リストカットの痕などがある

男性にとって一番恐ろしいのは「あなたにフラれるくらいなら死ぬ」と言われることでしょう。

世の中には自分の命を盾にして男性を思い通りにしようとしたり、自分自身を傷つけることで相手を脅し思い通りにさせるような女性がいます。

もちろん、心の病と必死に戦っていてリストカットの痕があっても前向きで普通に生きている女性も多くいます。

しかし中にはリストカットなどをして注目してもらおうとしたり、それを武器に使うような女性が「地雷」扱いされてしまうのかもしれません。


5.ちやほやされたがる

自分がずっとお姫様になっていないと気が済まない女性は地雷扱いされてしまうようです。

確かに、常に自分が一番でなければ嫌で自分だけが注目されていたいという女性と付き合うとなると面倒ですし、日本人の男性は特に公の前で女性をお姫様のように扱うのに慣れていないので恥ずかしく感じてしまうでしょう。

そのため、人がいれば常に自分が目立っていたいちやほやされたいという雰囲気が伝わってしまうと地雷扱いをされてしまうかもしれません。

地雷扱いされないように気をつけよう

地雷扱いされてしまう女性は男性はおろか女性にも敬遠されてしまいます。

地雷にならないように気を付けるだけでなく、自らも巻き込まれないように注意をする必要があります。