女性が同性にボディタッチをする心理とは?ベタベタ触ってくる理由を知ろう

友達との付き合い方最終更新日:2019年6月1日
ボディタッチするスズメ

女性が女性に対してボディタッチをしてくると、どうしてなのかと思いますよね。

単に仲が良い関係ならまだしも、そうでないこともあるからです。

実はそのボディタッチには深い意味が隠されていることがあります。

同性に対してボディタッチを多くしてくる理由には、いったい何があるか詳しくご紹介します。

1.親しくなりたいという心理からのボディタッチ

女性が女性に対してやけにボディタッチをしてくるような時には、相手の女性に対して今よりもっと親しくなりたいという心理が働いています。

その心理の根底にはもちろん相手の事が好きだからという理由もありますが、それ以外にも職場であまり親しい人がいないから知り合いを作っておきたい、味方を増やしたいという心理が働いている場合もあります。

どういう理由があるとしても、相手の女性と親しくなりたいという心理状態の時、ボディタッチが多くなります。

相手が自分と親しくなりたいかわからない場合、なかなかご飯に誘ったり遊びにいくことを誘ったりできません。

けれどボディタッチをすることで、相手が自分自身に対して拒否感があるかがわかります。

仲良くなりたくないと端から考えている相手だと、たった一回のボディタッチでも嫌な顔をしたり、不自然に避けようとします。

つまりボディタッチは、相手との距離感を縮められるか試すためのテストにもなっているのです。

親しくなりたいからこそ、無理に誘うことをさけたい女性の心理が隠れてます。

なので同じように仲がよくなりたい時はボディタッチで返したり、警戒心がないとアピールしておきましょう。

逆に親しくなりたくない女性相手には、さりげなくボディタッチをかわしたり仲を深めるきっかけを与えないようにしましょう。

2.何か不安や悩みがある心理からの同性へのボディタッチ

何か不安な事や悩みがあるような心理状態の時は、誰かにすがりたいような気持ちになる事もあります。

そういう気持ちが女性が女性に対してボディタッチをする、多くなるという行動になって出てくるのです。

誰かに悩みを聞いてもらいたい時に、実際そういう話を相手にするには勇気がいりますし、実際相手との関係によっては悩みなどを離せないという事もあるでしょう。

そういった心のジレンマが、ボディタッチを多くするという事につながるのです。

相手の女性に対してやけにボディタッチが多いなと思われるような時は、何らかの心理的不安が心の中に溜まっているのかもしれませんね。

特に彼氏がいなかったり交流が少ないタイプの女性だと、限界ぎりぎりまで心配をかけないように振る舞う内向的な性質があります。

そういう女性は困った、助けてほしいというサインを送る時に、ボディタッチをします。

また本人もそこまで意図してボディタッチしているわけではなく、自然と不安にさいなまれたりした時に、同性相手にボディタッチをしてしまいます。

そのため普段なかなか自分のことを喋ってくれないような女性がボディタッチをしてきたら、相談相手として話をきいてあげると喜ばれます。

3.二人の関係が良い事を周囲にPRしたいボディタッチ

女性が女性に対してボディタッチを多くしているという事は、心理的に相手との関係が良好であるという事を周囲にアピールしたいという場合があります。

ボディタッチをするというのは、関係性が近ければ近いほど頻度が上がっていくでしょう。

女性同士でボディタッチをしているのを見ると、見ている周囲の人達は無意識にこの二人は仲が良いんだなという印象を抱くのです。

例えば職場で孤立しがちな時、一人の女性に対してボディタッチを多くしてくるような場合は、自分は一人ではない親しくしている人もいるというメッセージを周囲に伝えたいのです。

こういった場合は仲がいいから自然とボディタッチするのではなく、仲がいいことを見せつけたいために意図してボディタッチしています。

特にあなたが優秀で周りに対して自慢できる場合だと、ボディタッチをしてくる女性はあなたを利用して存在感を高めたい狙いがあります。

自分にそこまで能力がない場合、近くにいる優秀な人を利用してくるケースがあります。

あの人と友達だからと周囲に振りまくために、あるいは認識させるためにボディタッチしてくるのです。

その場合、相手を少々警戒しておくことも必要です。

もちろん仲がいい場合は持ちつ持たれつですが、あまりにも利用することばかり求めてくる女性には、ボディタッチさせないで関係をニュートラルに見せるのも一手です。

4.ボディタッチをしてご機嫌伺いをしている

怒っているのか、機嫌がいいのかを確かめるためにボディタッチしてくることもあります。

特に表情に感情が出ないタイプだと、まわりからしてみれば今話しかけてもいいのか用を頼んでいいのかわからないことがあります。

だからといって、そこまで親しくない同士だと、機嫌がいいか悪いかとストレートに聞くことはできません。

徐に聞いたことで、かえってこじれてしまいます。

ですから、さりげない仕草で相手の反応を確かめる動作として、ボディタッチが使われます。

機嫌がよければ、ボディタッチを返してきたり、ボディタッチしてもあまり気にした様子ではないでしょう。

けれど機嫌が悪ければ、手を払いのけなかったとしてもボディタッチされてちょっと不愉快そうな顔をのぞかせることもあるでしょう。

もちろんこれは女性同士の関係性に応じて反応具合は変わります。

ですから日頃のボディタッチした時とくらべて、どうかを確かめているのです。

機嫌を損ねたくないけれど、いわなければいけないことがある、やってもらわなくちゃいけないことがあるなど、少々ネガティブな要素があるときにも行われます。

関係を悪化させたくない女性ならではのきめ細かな心理が、ご機嫌伺いのボディタッチを多くする理由です。

5.言葉にしなくても気にかけてくれている

同性からのボディタッチの理由の一つとして、あなたを気にかけてますよというサインがあります。

大人になればなるほど、直接的に相手の私生活や行動に対して口出しできなくなります。

けれど話を聞いていて不安に思ったり、大丈夫かなと心配してくれいる場合、言葉ではなくボディタッチで気にかけてると訴えているのです。

なので、そういうケースでは心配してくれている相手の気持ちを、きちんと察してあげることで余計な心配をかけずにすむでしょう。

また体調不良そうな女性に対して、大丈夫という意味合いでボディタッチしてきます。

病院や医務室に行くかと聞けないケースもあります。

だからこそボディタッチで、そういうデリケートな問題も話しやすい雰囲気を作ってくれているのです。

貧血や熱中症などの体調不良は当事者にしかわからない問題ですから、まわりはそれに対して察していても口出しにくいものです。

もし違った場合、物事に水を差してしまうこともあるからです。

なので本当に体調が思わしくないようであれば、ボディタッチをサインにそれを伝えてみましょう。

相手はあなたからの返事を待ってます。

だから伝えられて面倒くさいと感じてはいません。

気にかけてくれる優しい女性なので、いざという時頼ってもいい相手です。

ボディタッチの裏にある感情を知ろう

ボディタッチの裏にある感情を探ることで、関係性が深くなっていきます。

女性が女性に対してボディタッチを多くする時の心理についてご紹介しました。

女性が女性に対してボディタッチを多くするという事は、何らかの意図が心理的にあるといえるでしょう。

それがいったい何なのかという事を知る事が、相手との関係性を作っていくのに役に立ちます。

 

    「女性が同性にボディタッチをする心理とは?ベタベタ触ってくる理由を知ろう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。