価値観の違いを受け入れる方法

最終更新日:2017年6月26日

価値観に基づく人の考え方というものは、人それぞれ育ってきた環境により異なるものです。

ですが、人との付き合いのうえで、価値観の違いで他人に対していつも戸惑いを覚えていては気が休まりませんし、円滑なコミュニケーションはできませんね。

価値観の違いを受け入れていくためにはどうすればいいのでしょうか。

1.自分の考え方が全てではないことを認識する

自分の考えを否定されることが嫌だったり、相手の意見を受け入れることがどうしても苦手という点は、誰もが少なからず持っている一面ではないでしょうか。

この点が顕著に表れている性質の人は、会社や学校などのコミュニティの中で「生きづらい」と感じることも多いかもしれません。

そのような人が持つ大きな特徴として「自分の考えが全て、皆同じ考え」と思っている傾向があります。

同じ人間で、自分は何も特別な環境で生きてきたわけではないのだから、皆同じように思っていて当然だと思うのかもしれません。

でも、特別な環境で生きてきたわけではないとしても、全く同じ環境で育ってきて、且つ現在も同じように生活しているというわけではありません。

価値観は人によって違って来て当然です。

まずは、自分の考えが全てではなく、他の人もいろいろな価値観で、いろいろな考え方をするということを認識することが大切です。

2.肯定や否定をする前にまず相手の考えに耳を傾ける

価値観の違いをなかなか受け入れられない人は、相手の考えを聴こうとすらしていない場合があります。

前項では自分の考えが全てではないことを認識することが大切とお話しましたが、そう認識したら、次は相手の考えにしっかりと耳を傾けるようにしましょう。

聴いているつもりでも、自分の考えが全てだと思っている人は聴いているようで全く聴いていないことがあります。

自分の考えが全てだと思ってしまっているあまり、相手の考えを受け入れまいと最初から否定するつもりになってしまっているのです。

こんな態勢では、聴いているつもりでも相手の考えは全く頭に入ってきませんよね。

まず、相手はどう考えているのか、自分と考え方はどう違うのか、しっかりと聴く態勢を整えましょう。

否定するのか、肯定するのかはそれからです。

3.他人の価値観も勉強になると捉える

人と話していて「そんな考え方があったのか」と驚き、勉強になったと思った経験はありますでしょうか。

価値観の違いにより、意見が相違してしまったときでも、よくよく話を聞いてみれば、意外にも勉強になることは多いものです。

自分とは違う考え方をする他人ですから、自分にないものを持っている場合もあります。

他人の考え方から学べることは非常に多く、社会人も多くの人と接していくことで、自分の考え方というものを成長させていきます。

特に、目上の人や、自分よりも明らかに経験豊富な人との会話は勉強そのものです。

人と意見を交わす場合、価値観が違うので話せないと思うのではなく、価値観が違うからこそたくさん勉強できると思うと、その人の考えに自然と耳を傾けられるものです。

4.価値観の違いはあって当然、無い方がおかしいと思う

最初でもお話ししたように、価値観の違いは人それぞれ当たり前にあるものです。

人の価値観は、どのような環境で育ってきたか、今現在どんな環境で生活してきたかによって大きく異なります。

その人を取り巻く環境が、その人の考え方、価値観を形成します。

例えば、一見同じように見える事務職の女性も、片方は幼い頃に両親が離婚し、片親で育ってきた、という家庭環境だったとします。

そしてもう一人の方は、父親も母親もいる家庭でしたが、幼少期は海外で過ごしていた…なんていう過去があった場合、どうでしょうか。

一見同じような人に見える二人でも、このように育ってきた環境が違っていたら、到底同じような価値観にはなりませんよね。

ここまで極端な例ではなくても、同じような家庭環境で育ってきた二人だとしても、両親の趣味嗜好が違うだけでも、全然違う子供が育つでしょう。

このように、価値観の違いというものは生まれて当然です。

価値観の違いが無い方がおかしいくらい当たり前なことだと思って、他人と接するように心掛けることで、価値観の違いを楽に受け入れることに繋がります。

いかがでしたでしょうか。

人と接するうえで、皆と価値観が違ってやりづらい…と日頃から思っている人は、上のようなことを実践していくだけで違いを受け入れやすくなります。

価値観の違いを受け入れていこう

会社や学校などの大きなコミュニティだけではなく、友人、恋人などの間でも「価値観が違う」と思い戸惑うことはよくあることです。

それぞれ様々な環境で形成されてきた価値観なので、違いはあって当然です。

重要なのは、その違いをどう受け入れ折り合いをつけていくかなので、まずは相手がどんな意図でそのような考えを持っているのか、しっかりと話を聴きましょう。

違いがあって当然と思うことで、相手の考えも聞きやすくなっていきますよ。