女性が色気を出す方法。日常の仕草やファッションから色気の雰囲気を出そう

最終更新日:2015年5月5日

メイクや服装はばっちりなのになぜかモテない…好きな人と仲良くなれるのにその後発展しない…そんな女の子はもしかしたら「色気」が足りないのかもしれません。

色気はもって生まれてくるもの?いいえ、ちょっとの工夫で色気のある女に変身できるのです。

1.努力の結果!外見の色気

色気といっても実は種類があるのです。
そのひとつは外見の色気。

男性は自分にないものに興味をそそられるものです。
女性らしい凹凸のあるボディラインは色気の象徴ともいえるでしょう。

とはいっても、胸やお尻が必要以上に大きければ良いというものではありません。

凹凸のある身体というのは、ラインの境界が分かる身体ということです。
胸があり、ウエストがくびれ、お尻が上を向いている、というそれぞれの部位がはっきりしている身体はとても魅力的でしょう。

また、服装においても「鎖骨」「二の腕」「膝小僧」のうち一カ所肌が見えているだけでぐっと女らしさがでます。
もちろんただ見せるだけではいけません。
鎖骨もくっきり見えていなければなりませんし、二の腕もたるみのない柔かな印象が必要ですし、膝も黒ずんでいては台無しです。

身体全体を大雑把にケアするのではなく、パーツひとつひとつをケアしていきましょう。

ダイエットに励むときも体重の数値ばかりを気にせず、鏡の前に立ち自分の身体を撫でてみて凹凸のラインを確かめてみましょう。

Tシャツにジーンズというラフな格好でも色気のでる女性になれるはずです。


2.品やかな動き!仕草の色気

テキパキと行動する女性に魅力を感じる男性ももちろんいますが、仕草で色気を出すには指先まで気を配るようなゆっくりとした動きが大切です。

お茶を飲む時は片手を添える、髪を耳にかける時は首を傾げながら片耳だけかける、座るときには足を斜めにそろえる、リップのお直しは指を使う…など日常生活のちょっとした行動に意識をむけ工夫するだけで色気がでるのです。

どれも女性だから綺麗に見える、美しく見える動作です。

朝起きてから寝るまで、女性だから行うという行動を探してみて、一つ一つを丁寧に行ってみましょう。
いつの間にか色気が身体に染みついてくるでしょう。


3.もっと知りたくなる!会話の色気

キンキンと高い声でマシンガントークをする女性に色気を感じる男性はなかなかいないでしょう。
色気のある女性の声は、低かろうとハスキーであろうと実はあまり関係はないようです。

大切なのは、話す時の息づかいにあります。

話をするときに、どこか吐く息の多い声の出し方の女性をみると色気を感じることでしょう。
そういった女性は、ゆっくりと話し言いたいことは簡潔で的確だったりします。

また、聞き上手で質問上手なことも多いので、会話をしている男性も気分がよく感じるでしょう。

話の内容も重要です。
悪口や愚痴なんて話したら色気のある女性像とは遠く離れてしまいます。

かといって、お高くとまった堅苦しい話もいけません。
相手との共通点を大事にしながら、もしくはその共通点を見つけ出すような会話をゆっくりとしましょう。

会話はお互いの意見や感情を伝え合い、共感して嬉しさを得るものです。
その楽しさを噛み締めているかのようなゆったりとした口調で話せば、男性もあなたの色気を感じ取るでしょう。


4.不思議な艶やかさ!雰囲気の色気

いつも一生懸命仕事をしていて張りつめた空気を出しているのに、ふとその糸が切れたかのように柔らかな表情をみせたとき、男性は色気を感じる様です。

また、いつもは姉御肌なのにお酒を飲んだときに少し頬を赤くしほろ酔いになって無防備な姿もぐっときたりします。

そうしたギャップも色気には大事ではありますが、ふとした瞬間をいつもは見せていられないしお酒も飲んでばかりはいられません。

あくまでも自然体でありながら、伏し目がちでどこか影のあるようなそんな雰囲気の女性に色気を感じるはずでしょう。


5.離れていてもふと思い出す!香りの色気

昔の恋人の使っていた香水がほのかにしたとき、ふと思い出してセンチメンタルな気分にさせてしまう「香り」。
色気にも香りが大きな役割を果たすときがあります。

すれ違い様に髪の毛からほんのりと良い香りがすると、意識していなかった人もついついドキッとしてしまうものです。

石鹸やシャンプーといった清潔感溢れる香りももちろん良いのですが、少し生活感があって色気とは異なります。
フローラルな香りや甘いバニラの香りなどがすると女らしさを感じるでしょう。

嗅覚は記憶に残りやすく、良い香りであればあるほど「また会ってみたい」と思わせることができるでしょう。

見かけや雰囲気だけでなく「その場の空気」も色気に包ませたい人はぜひ定番の香りを身につけてみましょう。

普段の生活から色気のある女性になろう

色気とは、女らしさを強調したり男性に媚を売るものでは決してありません。
凛としていながらも一歩後ろに下がり、気配りのできるそんな「大和撫子」な女性に男性は色気を感じるでしょう。

普段の生活行動の意識を少し高めて色気のある女性を目指しましょう。