モテる女性の日常習慣。モテる女性が普段から自然にやっていること

最終更新日:2015年7月26日

憧れる様な素晴らしいスタイル、女優さんの様な美貌を持つ女性はもちろん多くの人から好かれる人ですが、そんな人はそれほど多くはいません。

しかしなぜか同性からも異性からもモテる女性は職場や周囲で見かけることがあります。

ここではそんなモテる女性がやっている日常習慣についてご紹介します。

1.気持ちを切り替える

人の感情は伝染するのはご存知でしょうか?にこにこした人と話をしているとこちらまでつられて笑顔になりますし、逆にいい気分で歩いていても、とても不機嫌そうで怒っている人に偶然入ったお店で見かけたら、こちらまで嫌な気分になります。

しかし仕事でのミスや、付き合っている人とうまくいかないことは誰にでもあることです。

そんな時、モテる女性がやっていることは、気持ちを引きずらず上手く切り替えるということです。

例えば仕事でミスをした時に上司に叱られれば嫌な気持ちになるはずです。

「そんな言い方しなくても」「ひどすぎる」と上司に腹を立ててしまっては、本来ミスをした自分が悪いはずが論点がすり替わり、結果自分が腹を立てていることでその日一日の自分も、周囲の人も嫌な気分にさせてしまいます。

そこでミスをしたことはしっかり謝罪し、ミスを訂正、今後再発しないためにメモをしたり改善策を立てたら後はそのことは深く考えずにまたいつもの自分に戻りましょう。

他の人がミスをした時に影で笑ったり、自分にも迷惑がかかるとイライラする人がいます。

しかし逆に自分がミスをした時に、普段自分が相手のミスを笑ったりイライラしているからこそ、自分も同じ様に思われているに違いないという考えに至り、結果一日どころか何日も気にしてしまい落ち込むのです。

自分のミスも、相手のミスも、又は対象不良や好きな人との別れ等、気分が左右されがちな出来事は誰にでも起こります。

周囲を嫌な気分にさせないためにも、早めに気持ちを切り替え自分にも相手にも寛大でいること、そして悲しい出来事があってすぐに気持ちが切り替えられない場合は素直に周囲に伝えることも大切です。

モテる女性は、自分の周囲への影響力をしっかりと理解している人だと言えます。


2.WIN-WINの法則を意識している

WIN-WINの法則という言葉があります。

これは、お互いにとって利益となる、又はいい結果となる方法をとることを言います。

その反対が自己犠牲です。

例えば自分にも予定があるのに、残業を無理やり押し付けられそうになってもNOと言えない人がいます。

相手はあなたに残業を変わってもらってラッキー=WINですが、あなたは予定を変更しなくてはいけなくなり自分を犠牲にする結果となります。

モテる女性が意識しているのは、このお互いにとってプラスの結果となる方法を導くことです。

例えば苦手な仕事を上司に任された時に、その仕事が得意な人に助けてほしいとお願いします。

そしてその代わりに相手の仕事も手伝えば、どちらかだけが自分を犠牲にすることなくお互いが仕事が早く終わり、お互いが幸せになれるということです。

これは仕事だけでなく、人間関係でも同じことです。

彼とのデートで自分が食べたいものと相手が食べたいものが違う時、どちらかが譲るか無理やり相手をその店に連れていき不機嫌になられては楽しいデートにはなりません。

そんな時にはお互いが食べたい料理が提供されている様なお店を探してみる、又は一軒目は相手に合わせてその後のお茶は自分が行きたかったカフェに一緒に行くなどという方法もあります。

自己犠牲は自分は良いと思っていても意外と相手に気を遣わせていたり、逆に自分ばかりが損をしてしまい最終的にすべて投げ出したくなってしまうこともあります。

モテる女性はお互いにいい結果となる方法を導くことを常に意識している人であると言えます。


3.優先順位が明確である

モテる女性と言えば、髪もいつもキレイで服装もきちんとしている、お弁当を持参したりと家庭的な一面もあるなど完璧な女性である様に見えます。

しかしそんな人こそ、優先順位がはっきりとしている人が多いのです。

何事も完璧にこなすには時間も労力もかかります。

例えば朝はお弁当を作り、髪もメイクも完璧にする。

仕事もこなし、夜のお付き合いは断らず、家に帰れば明日来ていく服のアイロンかけという生活は、どれほどの人がこなせているでしょうか?女性はホルモンバランスによって体調も変化しやすく、その為毎日同じ様に一定に何かをこなすことは難しいと言えます。

しかし優先順位が決まっている場合はどうでしょうか。

一番大切なのは仕事、次は身だしなみ、そして家事、という順位であれば仕事を優先しながら忙しい日には家事は少し手を抜いてコンビニやお惣菜を活用する。

アイロンではなくスチームで週末にまとめてあててしまう、等優先順位を決めることですべてを完璧にこなすのではなく、どこに力をいれてどこは力を抜くのかが明確になります。

全てを完璧にこなせる人は素晴らしいですが、それが義務になると人は余裕がなくなり誰かからのお誘いや人の小さなミスや何気ない一言に過剰反応してしまいがちです。

「自分はこんなに頑張っているのに」と頑張る目的が不明確になってしまいます。

モテる女性は自分の力の入れどころを知り、上手く息抜きをすることで余裕をもった生活を送っていると言えます。

モテる女性の日常週間を知ってモテ体質になろう

モテる女性が行っている日常生活の習慣をご紹介しました。

人からは完璧に見えても、本人なりのルールや工夫があるはずです。

まずは上記を参考にしながら、周りのモテる女性を観察してみましょう。