上司と合わない時の対処法。上司と上手く接して仕事をスムーズに進めよう

最終更新日:2015年7月26日

人は性格や好みや考え方が合う人、そして合わない人がいます。

学生時代であれば合わない人とは距離を置くことができましたが、社会人になると合わないからと言って話さないというわけにはいけません。

それでは上司と合わないと感じた時にはどうすればいいのでしょうか。

1.合わなくて当たり前だと受け入れる

上司と合わないと感じたとしても、上司と部下という立場から簡単に関係を断つことはできませんし、上司の指示には従わなければなりません。

まずは合わないと思う理由を探りましょう。

自分は多少のリスクを承知の上でも積極的に物事を勧めたいという性格に反して、上司は何事も入念に下調べし、リスクがあるならば物事を勧めないという性格であるという様な正反対の性格である可能性もあります。

又は上司が人の欠点ばかりを挙げてくる嫌味な性格で、自分が思う人の上に立つ存在である上司の立ち振る舞いではないと思う、という理由かもしれません。

まずは合う上司を探したり、隣の部の上司を見てうらやましいと思ったり、本やドラマに出てくる様な理想の上司ばかりを追い求めることはやめましょう。

人は皆、不完全な存在で当たりまえです。

上司であると言えども、誰しもの意見を平等に聞き皆に好かれ何かあった時にはすべての責任を負ってくれる様な神の様な存在であるという間違った理想自体を改める必要があります。

上司も自分も同じ様に成長途中です。

人はそれぞれ考え方が違いますので、違って当然であるということを受け入れる努力をしましょう。

上司の態度や言い方、考え方が自分と異なり腹が立つことがあるかもしれませんが、そんな時には冷静に「上司と自分の考え方の何が違うのか」「わかってもらうためにはどうすればいいのか」を考えましょう。

上司以外にもこの先にはたくさんの合わない人と出会うはずです。

その時の為にも合わない上司に出会ったらまずは合わないことを受け入れ、お互いに成長段階であることを受け入れることが大切です。


2.上司から学べることを考える

どんなに合わない上司でも、その上司が上司、人をまとめる、先導する役職であるには理由があるはずです。

上司の考え方が自分とは異なっていたり、態度が気に入らないことがあるかもしれませんが、上司には優れたところがありそれが会社に認められて上司であるはずです。

どんなに合わないと思う上司でも上司と部下として仕事上での付き合いが必要ですのであれば、おもいきってそんな上司が優れている部分を探りましょう。

普段は態度が大きい様に見える上司でも、実はお客様への気遣いが素晴らしい上司であったり、部下に対してとても厳しい上司であっても実はそれ以上に自分に厳しく今でも様々なことを学ぶ姿勢を決して崩さなかったりという向上心のある上司かもしれません。

上司が上司であるには理由があるはずですし、自分がそこに達していないにも理由があるはずです。

単純に経験を重ねるだけでいいのか、それとも上司の様に向上心をもつのか、あるいは上司にとっての気遣いの様に自分にも得意分野を探して人よりも突き抜ける様にその分野を磨くべきなのか、自分にも重ね合わせて考えてみましょう。

合わないからと浮き合うことを避けることができれば楽ですが、逆に付き合わなければならないという立場を利用して、自分の成長に役立つことを学ぶことも苦手な上司との付き合い方の一つです。


3.上司を良く知ってみる

世界にはいろいろな人がいます。

例えば芸能人で「この人苦手だな」と思ってみていた人でも、別の番組でその人が体験した壮絶な過去を知ったり、意外な一面を知ったりすると急にその人を好きになることがあります。

苦手だと思っていたのは、その人を偏見の目で見ていたのかもしれません。

偏見とは実は知らない状態から始まると言われています。

食べ物でも「見た目が苦手」と食べたことがなかったものを、あるきっかけに食べてみたら急に好きになったということもありますが、それも同じです。

苦手だと思っている上司でも、苦手な部分はその上司の一部分だけかもしれません。

面倒なことを人に振り、面倒な仕事はしない上司を苦手だと思っていたとしても、その上司の仕事をすべて把握しているでしょうか。

実は本当に困って頼った時には自分の経験から様々なアドバイスをくれ、面倒だと思ったこともそれを経験したからこそ今の自分がある、ともしかしたらわざと若い人にその様な仕事をさせている可能性もあります。

苦手だと決めつけることは簡単です。

しかし苦手だと思うのであれば、思い切ってその上司を深く知るために近づいてみることも一つの対処法です。

あるいは周囲の人に聞いてみるものいいでしょう。

その上司の過去を知る人から苦労話を聞いたり、過去の素晴らしいプロジェクトに上司が関わっていた話などを聞けばその人への見る目が変わるかもしれません。

苦手と決めつけずにその上司を知ることから始めましょう。

上司が苦手でもなんとかつきあっていこう

上司を苦手だと思った時の対処法についてご紹介しました。

社会人になれば苦手だと思った人とも付き合っていかなければなりません。

それであれば苦手意識をなくすための努力をすることが、一番の解決策ではないでしょうか。