会社をやめる時に転職先は言わない方が良い理由

最終更新日:2017年6月1日

会社をやめる時には、余計なことを言わないように気を付けましょう。

そうでないと、新しい職場で働き始めても、何かトラブルに巻き込まれたりするかもしれません。

会社をやめる際に転職先を言わない方がいい理由を知っておけば、次の職場でも順調に仕事をすることができるでしょう。

1.何かの拍子に以前働いていた会社での様子が伝わると困ることもあるから

会社をやめる際に転職先を言わない方がいい理由にあるのが「何かの拍子で前職での仕事の様子や人間関係が伝わってしまうのを避けるため」というものです。

以前働いていた時の様子をあれこれと言われてしまうと、余計な先入観を与えてしまい、マイナスとなることがあるからです。

転職する時には、それなりの理由があるはずです。

給料や待遇が良くないということや、中には人間関係が悪いとか、仕事がハードすぎるというものもあります。

そして、自分としては一生懸命働いていたつもりでも、もしかしたら周りの人から良く思われていなかったなんてこともあります。

そんなことが、ひょんなことがきっかけで新しい職場に伝わってしまうと「そういう人」と思われてしまうことがあります。

「仕事があまりにもハードで転職する」と考えていたのに、前の職場の人は「頑張りがきかない」なんて思っていたのかもしれません。

それが、たまたま知り合いを通して伝わってしまうと、仕事をする上でデメリットとなるでしょう。

新しい職場で何の先入観もなく評価をしてもらうためにも、転職先はあえて言わないでおきましょう。

そうすれば、何かのきっかけに、前の職場での様子が伝わることはなく、安心して働けるでしょう。

2.前の会社に勤めているのに就活していたと思われて悪く思われてしまうから

会社をやめる際に転職先を言わない方がいい理由の一つに「まだやめる前に就活をしていたと思われないようにする」ということがあります。

あからさまに「今の会社に勤めながら別の会社の面接に行っていた」ということを示してしまうので、たとえそれが事実であっても、転職先を言わない方がベターです。

会社をやめる時に、上司や先輩が心配して「新しい仕事は決まっているの?」と聞いてくることがあります。

仕事を辞めてしまうと給料もなくなるので、生活していけるかどうか心配してくれているのです。

それに対して「はい、大丈夫です。○○という会社の経理に就職することになりました」などと転職先を答えてしまうと「ずいぶんしっかりしているね」なんて嫌味の一つを言われてしまうかもしれません。

厳しい上司なら「君は勤務中の時間を割いて、就職活動をしていたのかい?」と、問い詰められて、困ってしまうこともあります。

会社をやめる時には、仮に転職先を尋ねられても、あいまいに言葉を濁すようにしましょう。

「しばらくはゆっくりして、それから考えるようにします」と答えておけば、周りの人は「これからも頑張ってね」と、今の職場から快く送り出してくれるでしょう。

3.万が一引き継ぎがうまくいかないと問い合わせの連絡がきてしまうから

会社をやめる際には、転職先を言わない方が無難です。

転職先を伝えるということは、もしかしたら引き継ぎで分からないことがあった時に、問い合わせの連絡がきてしまうかもしれないからです。

仕事をやめる時には、しっかりと後任者と引継ぎを行います。

そしてまだその会社に自分がいるうちに、分からないことをクリアしてもらい、それから退職していくのが理想です。

ただ、自分なりに丁寧に引継ぎを行ったつもりでも、相手が理解していない場合があります。

そういう時に「○○さんの新しい勤め先は△△だ」ということを知られていると、ちょっと電話して聞いてみようということになりかねません。

前の会社の人間は、困っているから藁をもつかむ思いで連絡をしてくることでしょう。

しかし自分としては、もう新しい会社で働いていて、しかも勤務中となります。

勤務時間なのに仕事以外のことをしていては、明らかにまずいはずです。

その会社をやめた後も、仕事の問い合わせが入ることがあります。

自分の携帯電話や自宅の電話なら、着信が会ってもスルーすることができますが、新しい職場に連絡が入ると困ってしまいます。

それを避けるためにも、新しい勤務先は伝えないようにしましょう。

4.「新しい会社の方が条件が良いのでは」とやっかまれてしまうから

会社をやめる際に転職先を言わない方がいい理由として「新しい会社の方が条件が良いのではないか」と思われてしまいかねないということがあります。

そうすると、変にやっかまれたり嫉妬されたりして、人間関係に支障をきたすことがあるからです。

新しい会社は○○だと伝えて、そこで「あら、けっこういい会社じゃない」なんて話になった時、聞いている他の同僚の本音は「今よりももっと良い会社に転職できてうらやましい」とか「ずるい」という気持ちだったりします。

表面上は「これからもお仕事頑張ってね」なんて言っていても心の中では嫉妬しているかもしれません。

そうすると、もしかしたらやっかみが原因で、意地悪されたりすることもあります。

「もうその会社は退職するから会うこともない」と思っていても、あえて自分から居心地を悪くしたり、人間関係にひびを入れることはないのです。

新しい会社に転職すると聞いたら、元の職場の同僚達は心穏やかではいられないでしょう。

新しい会社の給料や福利厚生を尋ねられたり、ちょっとした意地悪をされてしまうので、嫌な思いをしてしまいます。

それを避けるには、転職先を言うのはやめておきましょう。

会社をやめる時に転職先を言わないようにするのがベスト

会社をやめる際は、転職先を言わないようにするのがベストです。

余計な誤解を招いたり、嫉妬されたりしたくないからです。

嘘も方便といいますが、あえて言葉を濁すことで、スムーズにその会社を退職することができます。

「立つ鳥跡を濁さず」と言いますが、余計な混乱を招かないように配慮することが、大人の対応です。