顔が長い女性に似合う髪型とは。面長だからこそ似合うヘアスタイルもある

ヘアスタイル 日々の生活 自分磨き最終更新日:2018年4月7日

丸顔、面長、卵型、ベース型…顔の形は十人十色、悩みだって十人十色です。
今回はその中でも顔が長いことが悩みの女性に着目していきます。
面長の女性にもっとも適さない髪型はワンレンのロングと言われています。

輪郭の両側を隠す事でさらに面長を強調し、長い髪が縦ラインを強調してしまうからです。
そもそも前髪ひとつでその人の印象は大きく変わるものです。
顔が長い女性に似合う前髪とはどのようなものであるかご紹介します。

1.深め重めのパッツン

まず大事なのは『深め』であること、そして『重め』であることです。
先ほど、顔が長い方の弱点は縦ラインの強調と述べましたが、つまりは長さを隠してしまえばいいというわけです。

眉ラインかそれより少し長めの重めパッツンで、おでこの部分を完璧に隠します。
するとシャープな顎ラインが残ります。深めから作っているのでパッツンでも今風ですし、子供っぽくなりません。

逆に言えば、丸顔の女性なんかはこの顎ラインが望めないので、パッツンを我が物に出来ないのです。
面長の女性ならではの輪郭を、逆に利用してしまう前髪です。

自然と目元に視線が集まりますので、アイメイクにも気合が入ります。
モデルばりにパッツンを楽しんでください。

2.ふんわりシースルーバング

流行りのシースルーバングです。
ただ、ストレートのシースルーは面長を強調しやすく、顔の面積を大きく見せてしまう心配があるので

カーラーやコテ等を使用して『カーリーでふんわり』を心掛けてください。
毛先が真下ではなく横を向くことによって、縦ラインから目をそらす効果が期待できます。

カールさせたあと、持ち上げるようにワックスをつけ、さらに様子を見ながら上手に散らしていくと
オシャレ感アップ、かわいらしさもアップします。

カラーが明るくなればなるほどエアリー感も出るので優しい印象になります。
実はこのシースルーバング、一度ハマると抜けられないほど可愛くなれるそうです。

女性の中の、特に優しさを引き立たせてくれるので、男性ウケもいいそうです。

3.ナチュラルな斜め分け

究極のナチュラル&ビューティ、それが斜め分けです。
8:2、9:1のどちらかの比率がお勧めです。

前髪は頬骨くらいの長さがあればベストです。
ピシッと分け過ぎず、あくまでナチュラルにさらっと分けましょう。

コツとしては、ドライの際に分け目を壊すつもりでガーッと手櫛を入れてしまうことです。
ワックスは根元にはつけずに毛先だけのほうが、よりナチュラル感が出ます。

髪色や年齢を問わず、挑戦しやすいですし、似合いやすいのも特徴です。

4.編み込みアレンジ

アレンジだったら編み込みがお勧めです。
しかし、普通に編み込んだのでは面長を強調してしまう恐れがあるので注意が必要です。

大事なことは『おでこを隠すように編み込む』ということです。
手軽にオシャレ感がアップし、かつ面長もカバー出来ます。

シニヨンや横しばり、ポニーテールなどどんな髪型にも前髪編み込みはマッチするので
さまざまなシチュエーションで活用できます。

少々技術が必要になりますので、編み込みが難しい人はねじった毛束をピンなどで止めるという手もあります。

5.レトロクラシカルな上級編

レトロな髪型は上級者にお勧めです。
ドーリーな雰囲気を存分に楽しむことが出来ます。

おでこを隠す事により面長対策。曲線ラインが縦長を緩和させます。
前髪を10:0の割合で好きな方向からガッと斜めに分けます。この時深めからしっかり毛を取ります。

コームを通しながら曲線のラインをつくります。直線ラインをつくらないように気を付けてください。
曲線ラインの最後は耳につながるようにして、両方の耳は出してください。

髪色に関係なく、ドーリーな雰囲気を楽しむことが出来ます。
散らし感やエアリー感は一切ないので大人っぽい印象です。

自分の顔の特徴を知って最適な髪型になろう

自分を知ることでしか自分を輝かせる方法はありまん。
チャームポイントは存分に活かして、欠点は逆に利用してしまえばいいのです。
面長の女性に似合わない前髪があるように、
面長の女性にしか似合うことのできない前髪だってあります。

,  

    「顔が長い女性に似合う髪型とは。面長だからこそ似合うヘアスタイルもある」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。