彼と会う回数が少なくて嫌な時の対処法

最終更新日:2016年11月23日

付き合っている彼氏と会う頻度が少なくて、こちらとしてはもっと会いたいのになかなか会えない、会ってはいるけれどももっと会いたいということで不満を感じることってありますよね。

そういった時にはどのようにして対処したら良いのでしょうか。


1.素直に寂しい気持ちを伝える

彼氏の方は今の会う頻度で満足をしていて、あなたが寂しさだったり不満を感じていると気づいていない場合があります。

忙しいから会えないなどの理由があるのかもしれないですが、気持ちは素直に伝えておきましょう。

「もう少し会えたら嬉しいけど、今は忙しいのかな」「会える時にはまた誘ってね」など会いたいという気持ちがあることを素直に伝えておくことで相手もあなたの気持ちに気づきます。

言わなくても察してくれるという男性は少ないですし、言葉にして初めて気持ちが伝わると考えましょう。

しかしこの時に注意したいのは会えないことを責めるという風にならないことです。

「何でもっと会えないの?」「私のことはそこまで大事じゃないの?」と言った伝え方をしてしまうと、彼の方が引いてしまいます。

そんな風に言われたら会いたくなくなるかもしれません。

会いたいというのは自分の希望で、できたらそれを叶えてほしいなという感じで相手のペースを尊重しつつお願いしてみましょう。

そういった女性の可愛らしい健気なところが見えると、彼はできる限りでそれを叶えたくなるものです。


2.会えない時も連絡は取るようにする

会えない時に連絡も少ししか取っていないとなると、寂しさはどんどん募っていきます。

今はスマホが普及していてLINEでつながることもできますし、スカイプなどもあります。

そういったツールを利用して、彼とは会えなくてもつながっている関係でいましょう。

LINEの場合は時間ができた時に読むということができるので、彼にとっても負担になりません。

夜に時間がとれるなどといった場合には、LINE通話で顔を見て話をするということもオススメです。

ただ連絡を取る時にも注意が必要で、彼の方が忙しいのに頻繁に連絡をする、すぐに返事を求めるというのはダメです。

相手の時間がある時に返事をくれたら良いかぐらいに気長に構えているぐらいの方がうまくいきます。

連絡不精だという彼との間には、会えない土曜日の夜にはLINE電話をするなど約束事を決めてきましょう。

そうすることによって、彼の方もそこは彼女との時間だという風に準備をしてくれるでしょう。


3.恋愛以外にも打ち込めることを見つける

相手に会いたいという気持ちが募っている時は、恋愛が第一になっていて他のことよりも優先する状態になっていることが多々あります。

会いたい、会えないということでより不満が募っているのです。

そういった場合には、恋愛以外で楽しめることを見つけるのが一番です。

仕事に今まで以上に打ち込んでみたり、友達との時間を大事にしたり、新しい趣味を見つけたりして、恋愛の他にも大事な物を作りましょう。

そうすることによって寂しさを感じにくくなりますし、彼と会えない時間も楽しみ、彼と会えた時にはその時間を楽しむというあなたになることができます。

そういったあなたの変化が彼にとっては魅力的に感じて、相手の方がもっと会いたいという気持ちになり時間を作ってくれるようになるかもしれませんよ。


4.ネガティブに考えない

彼のことが好きだからこそ、会えないのは私のことが嫌いになったのかな、もうどうでも良いのかななど考えすぎてしまう人は少なくありません。

しかしそれは想像でしかなく、本当に彼がそうなのかはわからないことです。

会っている時はそれなりに楽しくできている、彼からの連絡も来るという状態なら、彼の方にも仕事で忙しいなど会えない理由がある可能性が高いです。

会う頻度が少ないことを悩みすぎるのではなく、彼と会った時にこんなことをしてみたい、次はこんな服装でデートに出掛けてみようかなという風にプラスに考えるようにしましょう。

そうした考え方によってあなた自身が魅力的に輝き、マンネリ化していた場合にもそれを打開できるかもしれません。

会う頻度とカップルとしての仲の良さは必ずしも一致しているわけではないです。

会う回数が彼のあなたへの気持ちの量だと考えると辛くなりますが、そうではないと思うことによって少し楽にはなれないでしょうか。

彼にとっても会う回数が少ないと不満を抱えている彼女を見ていると、事情があって会えない場合には申し訳なく思うでしょう。

彼と会う回数や頻度が少なくて嫌な状況から改善しよう

彼ともっと会いたい、会う頻度が少なくて寂しく思うというのは、辛いですよね。

しかしそれにどう対処するかによって会う回数が同じであっても、気持ちを変えることができます。

会える回数が増やせないかなと提案してみて、彼の方が無理そうであればあなた自身を魅力的に輝かせる自分磨きの時間に使ったりして、彼を惚れ直させましょう。

そうすることでもっと良い関係になっていくかもしれませんよ。