彼がバツイチなことを受け入れられない時の対処法4つ

最終更新日:2017年2月9日

もし、あなたの彼氏が急に「俺、バツイチなんだよね」と言ってきた時、どう対応するでしょうか。

聞く耳を持つことができても、すんなりと受け入れられない自分がいたり、戸惑ってしまうこともあるでしょう。

彼氏がバツイチであることを受け入れられない気持ちの時、どう対処することで乗り越えることができるでしょうか。

1.離婚の理由によって整理をつける

彼氏がバツイチだとしても、そこには様々な理由があるものです。

彼氏側に全く非がない離婚もある訳で「バツイチなんだ」と言われたからといって、必ずしも彼氏に原因があるとは言い切れません。

もし彼氏がバツイチになった理由を教えてくれるようであれば、その理由次第で自分の気持ちに整理をつけると良いです。

例えば「元妻が不倫していた」「元妻からDVを受けていた」といった、彼氏側の原因でない場合は、今後彼氏と関係を継続することも考えられます。

ただ、彼氏が原因である場合は、今後自分が元妻の立場になる可能性があることを頭に入れて、改めて気持ちに整理をつけるべき。

「バツイチだから」ということだけを受け入れようとするのではなく、そこに隠されている理由や原因を知ることで、気持ちに整理がつけられるようになるでしょう。

2.過去が気になるなら、別れの道を選ぶ

彼氏がバツイチであるという事実に目を背けることができない、あるいは見る目が変わってしまうというならば、別れの道を選ぶという方法もあります。

いくら彼氏のことが今好きでも、今後を考えていたとしても、これから彼氏の過去がちらつくようであれば、一緒にいても気になり、不安や心配が付きまとうようになります。

実際に、バツイチであることを言われた時に、受け入れられない気持ちを持ったということは、バツイチに偏見があったり、自分の中で消化しきれていないということ。

このような思いで彼氏と一緒にいたとしても、自分も不安ばかりに、そして彼氏もどこか気を遣いながらの交際になってしまいます。

受け入れられない理由が「バツイチが引っかかる」「過去が気になる」といったものなら、これからも受け入れられない可能性があります。

気にして付き合っていくより、別れて別の道を進むことも選択肢の一つです。

3.彼氏の気持ちを考えてみる

交際してしばらく経ってから、彼氏から「実はバツイチなんだ」と言われた時は、彼氏の中でそれなりの覚悟があるものです。

例えばあなたとそろそろ結婚したいと考えている場合や、嘘をつく関係がもう耐えられないという場合「言わなくちゃ」「正直に言おう」と覚悟を持ってあなたに告げたはずです。

その彼氏の気持ちになって考えてみれば、自分の受け入れられない気持ちも整理できる場合も。

「私の為を思って言ってくれたんだ」「これからのこと真剣に考えてくれているから言ってくれたんだ」と思うことで、バツイチであることを否定的に見るのではなく受け入れることができるようになってきます。

今あなたから見る彼氏に問題がなく、自分の大切な人だと感じているのであれば、その覚悟や勇気を認めてあげることも大事。

お互いに歩み寄って思いやる気持ちを持つことで、二人とも成長して今後も仲良くなっていくでしょう。

4.経験者からアドバイスを得る

彼氏がバツイチであることを受け入れられないのは、実際にバツイチの状況になったり、結婚という経験をしていないからかもしれません。

バツイチと聞くだけでどこか重く受け止めてしまったり、何かしら問題があるのではと疑ってしまう場合は、経験者にアドバイスをもらうと気持ちが変わってくるもの。

あなたの周りのバツイチの人や、既婚者からの意見を集めて、現実と向き合ってみると見えてくることもあります。

もしあなたがバツイチというものを重く捉えていても、周りのバツイチの人は「一度くらい」「今どき珍しいことじゃない」と楽観的であることも考えられます。

離婚した理由にもよるものですが、あまり深刻に考えなくても良いケースもある為、自分の中で受け入れられない時は、周りの経験者に意見を求めてみると良いでしょう。

後々後悔したり、自分の考え方が間違っていたと感じる前に、周りの意見や経験も取りいれて考えてみましょう。

そこで新たな気持ちが生まれてきたら、その気持ちに素直になって、彼氏と今後どうしていくかを考えてみると良いでしょう。

バツイチ=悪い事ではない為、周りの声が貴重なアドバイスになることもあります。

彼がバツイチであることが受け入れられない時は気持ちを整理しよう

過去に結婚していたという事実を知らないで交際していた場合、彼氏から急にバツイチであることを告げられたら、誰でも驚きを隠せません。

すぐには受け入れることができなかったり、人によっては涙してしまうこともあります。

ただ、受け入れられないからといって別れるのではなく、どう対処することで受け入れられるようになるかを考えることも大事です。

少し時間をかけて自分の気持ちを整理して、今後の彼との関係を決めていきましょう。