バツイチ男性と交際する際の心得4つ

最終更新日:2017年2月8日

近年では、気になる男性や彼氏がバツイチというケースも少なくありません。

もしバツイチ彼氏と交際する際には、いくつか注意する点やポイントがあります。

どんなポイントに気を付けて交際をしていくべきなのか、予め把握して頭に入れておくようにしておきましょう。

1.離婚した理由や真相を何度も聞かないこと

彼氏がバツイチと知れば「どうして離婚したんだろう」「なぜ上手くいかなかったんだろう」と疑問に感じたり、不安要素になることがあります。

初めに「俺バツイチなんだよね」と言われた時は、なぜ離婚したかを聞きやすい状況です。

しかしその後何回も同じことを聞いたり、思い出させてしまうことは彼氏にとっては嬉しくないことも多いもの。

例えば彼氏から「価値観が合わなかったんだよね」と言われてそれ以上を述べないのであれば、そこから深く聞いてみたり、何度も同じことを聞かないように注意した方が良いです。

離婚を経験したバツイチの人は、それなりに傷を負っていたり、触れられたくない部分があるもの。

彼女だからといって「知る権利がある」と強気になるのではなく、彼氏の立場になって交際していくことがポイントの一つになるでしょう。

2.結婚を焦らせないこと

好きな彼氏とそろそろ結婚したい、早く一緒になりたいと思うことは自然なことです。

交際の延長上には、いつか結婚したいと望んでいる女性も多いでしょう。

ただ、バツイチの彼氏の場合は、結婚を焦らせたり匂わせることは注意が必要です。

バツイチであるということは、結婚で失敗してしまった、後悔したと感じている人が多く、結婚=良いものと結び付けられなくなっていることもあります。

中には、結婚だけはもう考えられないと、結婚に対して慎重になったり、懸念している可能性だってあるものです。

そのような人に「そろそろ将来を考えようよ」「結婚はいつする?」と迫ってばかりいる彼女であれば、重く感じたり、責任を感じるようになり、交際自体が終わってしまうことも考えられます。

一緒にいたいという気持ちが強くても、彼氏が一度結婚で悪い思いをしていることを考えて、自分の口から出さないようにすることが大切です。

バツイチでも、過去に結婚に対しての嫌なイメージがあったとしても、結婚したいと彼氏が思ってくれた時に彼氏から言ってくれるはず。

バツイチの彼氏とは、結婚への期待や焦りを持つのではなく「待つ」という姿勢が大事なポイントになるでしょう。

3.前の家庭に嫉妬しない

バツイチで、しかも子供が存在するとなれば、前の家庭と連絡を取り合っていたり、実際に会っているというケースはあり得ることです。

養育費のことが絡んでいたり、面会という形で子供と会っていたりと、離婚したからといって完全に関係を絶っているとは思わないことです。

そこに愛情や恋愛感情がなかったとしても、過去に家族だったことは事実であるため、場合や状況によっては仕方のないことも多々あります。

こうした状況にいちいち嫉妬してしまっていては、バツイチ彼氏の彼女は務まりません。

今後もこうした関わりを持つ可能性もあり、また不安になることもバツイチ彼氏の場合は多くなる。

こうした覚悟が彼女としては必要になり、嫉妬ややきもちといった感情は抑えることが求められます。

彼氏にも事情がある、過去の家庭との関わりが必要である、と割り切った気持ちを持つ機会があるため、余裕を持って交際する必要があるでしょう。

4.ケンカやすれ違いがあっても、バツイチを責めないこと

彼氏とケンカしたりすれ違いがあるというのは、相手がバツイチじゃなくてもあることです。

ただ、ケンカすると感情が抑えられなくなったり、思ってもないことを言ってしまう為、自分にセーブをかける必要があります。

彼氏と些細なことでケンカした時などに「そんなだから離婚するんだよ」「バツイチになった原因がわかったよ」と、バツイチであることを理由にしたり責めてしまうのは避けるべき。

今の二人にバツイチであることは関係していない、そして過去の彼氏のことを責めることは彼女はできません。

バツイチの彼氏と上手くやっていくためには、過去は過去、今は今といった割り切りが普通以上に求められます。

今の自分たちにバツイチの話題を出してしまうことは、彼氏の気持ちを冷めさせたり、彼女の見方が変わったりと、悪い方向へ導いてしまいます。

感情的になったとしても、バツイチの話題を出さない、責めないといったことを意識する必要があります。

バツイチ男性と上手に交際していこう

バツイチ彼氏と交際すると、なぜバツイチになったか気になったり、会話の中で過去を振り返ったりしがちです。

ただ、その離婚が彼氏のとって嫌なもの、思い出したくない過去だったとしたら、彼女に対しても不快感を持つでしょう。

彼氏と上手く関係を保っていきたいのなら、これらのポイントに注意して交際する必要があります。

彼氏の立場になって考えて見れば、そんなに難しいことではないでしょう。