彼氏の愚痴を上手に聞いてあげる方法。愚痴をこぼす彼をハグしよう

最終更新日:2016年4月12日

彼が愚痴をこぼしている時は「いつもの彼氏にもどってほしい」とどうにか彼女としてどうにか気持ちを落ち着かせてあげたいと思うものです。

しかし、対応の仕方によっては相手をさらに怒らしてしまう可能性があります。

そこで今回は彼氏が愚痴をこぼした時の上手な対処法ををご紹介します。

1.聞き上手になる

怒りを吐き出したいために愚痴を吐いています。

こういった時はとにかく聞いてあげましょう。

とことん聞いてあげることが大切です。

そのために効果的な事は言葉です。

半分聞き流していてもよいので、目をみて話を聞いてあげましょう。

そして、相槌は必須です。

相手の言葉に合わせてリアクションをとってあげましょう。

大げさな相槌でなくても構いません。

小さな相槌であっても、繰り返ししてあげることが大切です。

彼氏が話し終えるまでは相槌をしてあげましょう。

聞き上手になるためには以下の言葉を使うとよいでしょう。


2.共感してあげる

彼氏は「俺の気持ちわかってくれよ」思って、彼女に話しています。

彼氏の気持ちに同調して、自分の意見や感情は抑えましょう。

意見の対立は、さらに彼氏の怒りが増します。

彼はアドバイスを求めていません。

自分が経験していないことも、自分自身だったらと考えるのが共感です。

また、自分が経験したことであっても、自分のつらさをお前にわかるはずがない、同じようにおもうなと思われたらいけないのでまずは聞き役に徹してあげましょう。

一番彼女の思いやりが伝わります。

意見をもとめてきたら、肯定することと、ほめることをいいましょう。

否定的な意見や、正論をいったとしてもシチュエーション的には、答えは正しいことを貫き通す場面では決してありません。


3.ハグしてあげる

彼は彼女に甘えたいのです。

なんでこんな思いをしなきゃいけないんだと怒っています。

だからこそ、彼氏の訴えを全面で受け止めてあげるのです。

時には彼女ではなく母親のような寛大な気持ちで彼を包んであげましょう。

帰ってきていきなり爆発するときは、時は「おいで、ハグしてあげるよ」といってハグしてあげましょう。

彼氏は彼女に癒されたいのです。

弱みをみせれるのは愚痴を言える彼女しかいません。

彼氏に寄り添って「悲しみも怒りもわかっているよ」と分かち合えるでしょう。

ハグは不眠にも効果的です。

話を聞いた後で、ハグしてあげるのも効果的でしょう。

ボディタッチは安心して癒されるので、まずは自然に手をにぎることからするとよいでしょう。


4.お酒を飲ませる

お酒にはストレスを和らげる効果があります。

緊張と不安を解いてくれます。

また、眠くなるので気づいたら寝ていたとなれば、次の日にはすっかり忘れているということもあるでしょう。

お酒はうまくつきあえばストレス解消の手段では効果的です。

くれぐれも飲みすぎないようにしましょう。

やけ酒やアルコール依存症には注意です。

お酒が飲めない人には、彼氏の大好物をたべさせてあげましょう。


5.お風呂に一緒に入る

お風呂は健康にもよく、冷え性の方には血行が良くなるリラックス効果があるというのは有名です。

汗を洗い流すとすっきりするでしょう。

一日の汚れも疲れもストレスも全部とってしまいましょう。

彼氏の愚痴の原因も一緒に洗い流してしまいましょう。

また、お風呂に入って浴槽の中でゆっくり話を聞いてあげましょう。

お風呂は、長い時間いることはしんどいので時間も有効的に使えるでしょう。

入浴剤もいれるとアロマ効果で相乗効果になるでしょう。

カップルでお風呂に入れば、お風呂の中では、マッサージをして癒してあげたり、ハグすることで、楽しい時間になるでしょう。

楽しい時間で彼氏をいやしてあげましょう。

彼の愚痴を聞いてあげよう

相手のもやもやを取り除いてあげることで、相手はストレスも解消されすっきりするでしょう。

彼氏が喜んでくれて、また明日から頑張れるならと彼氏のためにぜひ実践してみましょう。

彼氏もあなたとの距離をぐっと近づくチャンスです。