待てる女になる方法。我慢が恋や仕事を上手く回すことになる

最終更新日:2016年4月30日

待てる女というのは「いい女」だと言われています。

というのも、社会人になると会いたいときでも会えなかったり女性側にも我慢することが求めらるからです。

ですが、会えないとイライラして浮気を疑ってしまったりして二人の間にトラブルが起きてしまうこともあります。

心に余裕がある待てる女に近づければ恋愛関係もうまくいくかもしれません。

そこで今回は待てる女になる方法をご紹介します。

1.趣味を作る

男性からのメールの返事などを待てないというのは「待っている間やることがないから」でしょう。

何もやることがないと彼からの連絡を待つことしかなく、返事が遅いのがもどかしくなってしまいますよね。

ですが、彼を待っている間に何かほかにやることがあれば待っている間も楽しむことができます。

オススメは「趣味を作ること」。

例えば、アクセサリー作り。

家に居ながら自分がキレイになるためのアクセサリーをデザインや材料選びから行うことができ、自分だけの世界に一つのアクセサリーを作ることができます。

さらに、器用な人であればハンドメイドアクセサリーをネットアプリなどを使って販売することもできます。

彼のメールや電話が待ち遠しいと感じる時間に、アクセサリーのデザインを作ったりアクセサリーを作ったりしていれば、気が付かないうちに彼のメールを受信している…くらいに夢中になってしまうかもしれません。

「彼」以外に意識が向かう趣味があることで彼だけに意識が集中することなく待つことができるのではないでしょうか。


2.彼を癒すことを意識する

待てる女というのは彼を癒してあげることができる女性です。

男性というのは常に、女性に対して気を使っており、彼女には食事代を払わせなかったり力仕事をしてくれたり…とカップルとして一緒にいる間も男性は彼女を大切にしています。

そのため、仕事で忙しいときなどに彼女からメールやデートの催促があると忙しさや彼女を寂しくさせている罪悪感からさらに疲れてしまうこともあります。

でも、よく考えてみればカップルというのはお互いに支え合うものです。

彼が癒しを感じることができる存在が「彼女」であるべきですし、彼女が彼を疲れさせてしまうのは良くありません。

少し寂しくてもメールの催促をするのではなく、忙しい彼の気持ちを考えて自分が彼の「癒し」の存在であることを意識して待つようにしましょう。

3.自分磨きをする

彼が忙しくて会えないのであれば、その間にキレイになって待っているという方法もあります。

彼に会えないのであれば、彼と一緒にいてはできないことをしてみてはいかがでしょうか。

例えば、美容院やエステ、岩盤浴やコスメショップでの買い物や下着を買いに行くなど彼といてはなかなかできない女磨きをする時間にしてみましょう。

彼を待てずに浮気を疑ってイライラしたり寂しくなって泣いてしまうよりも、女磨きをして次彼に会うときにはキレイな女性になっているという時間の使い方の方が良いですし、男性にとっても女性にとっても負担のない時間の過ごし方と言えるでしょう。

自分磨きの方法はそれぞれありますが、彼に会えない寂しさを紛らわすためにストレスを発散することができるようなスポーツや岩盤浴などを選んでみるのも良いでしょう。


4.女友達を作る

社会人になると、なかなか仲のいい女友達と頻繁に食事をすることが少なくなるでしょう。

会社の環境によっては女性社員が少なかったり、女性社員はいても結婚をしていたり子供がいたりしてなかなか遊びに行ったり食事をする時間が取れないというのも現実です。

特に、地元の友達や大学の友達など疎遠になってしまっていると友人と呼べるのが「彼」だけになってしまうこともあります。

そうすると、必然的にデート以外に他人と食事に行くことがないのでどうしても彼のことを待てなくなってしまいます。

そんな時は女友達を作ってみるという方法があります。

例えば、習い事などを初めて女友達との出会いを探し、気軽な相談や食事などができる相手を見つけましょう。

そうするだけで、彼と会えないときには女友達と食事の予定などを組んで女性同士でしかできない様な話をしたりお互いの恋バナをしたりして楽しむこともできます。

家にいる時でもメールなどを使ってコンタクトを取ることもできますし、連絡を取る相手が彼以外にいることで彼を待つ余裕が生まれるのかもしれません。

ただし、女友達の場合は人間関係のトラブルなども怖いので慎重に作るようにしましょう。

待てる女になろう

待てる女になるためには「彼に依存しない」いい女になる必要があります。

趣味や友人を作ることで心に余裕が生まれ、彼にとっても自分にとっても充実した人生が送れるのかもしれません。

ただし、浮気や不倫などはトラブルのもとになりますので絶対にやめておきましょう。