彼氏と恋愛の温度差を感じる時の対処法8つ。冷めてる彼との関係性を良くするために

恋愛最終更新日:2019年5月28日
ハートを作る女性

どんな人でも恋人と付き合い始めた時期というものは、ただ一緒にいるだけで胸がドキドキしたり二人でご飯を食べたりしているだけでも楽しいものです。

ですがそんな気持ちも時間の経過とともに、少しずつ冷めていってしまうという事実があることは否めません。

しかし二人とも同じように恋愛に対して温度差を感じられればまだ良いのですが、どちらか片方だけの感情が冷めてしまった場合は、辛い状況になったりもしますよね。

そこで今回は彼氏と恋愛の温度差を感じる時の対処法について解説します。

1.彼の前でとびきりのオシャレをする

当然のことかもしれませんが、男性というものは基本的に可愛い女子が大好きです。

ミニスカートをはいている女子を見ない男性はいないと言いきれるように、男性は心で感じることよりも実際に目で見たことの方に満足する傾向があります。

二人の関係がマンネリしかけている時には可愛い格好や彼好みの格好をし、外見をガラッと変えて彼をはっと驚かせることで相手の恋愛に対する温度感を高めることができます。

私は可愛い格好は絶対に似合わないからスタイルにも自信が無いからとすぐに諦めてしまうのではなく、彼が恋人として選んだあなただからこそ、あなたなりのとびきりのオシャレをして彼を驚かせて下さい。

思い切って髪型もアレンジし、メイクもいつもと違う感じで仕上げて、彼が好きそうな洋服を着て、全身彼好みの女になってみましょう。

きっと彼はあなたの変化に驚き、改めてあなたのことを好きになってくれるはずですよ。

2.恋愛の駆け引きを上手に活用してみる

恋の駆け引きとはよく言ったもので、彼の気持ちが冷めているときだからこそ自分が押しまくるのではなく、逆に一歩ひいてみることをオススメします。

そうしてみると彼もいつもとは違う様子に気づき「あれ、どうしたのかな」とあなたのことが気になって仕方なくなって、急に追いかけてくるようになっていきます。

あなたの事を手に入れたと思って満足していた彼がこのままじゃマズいかもと心配になり、あなたに改めて猛烈アタックをしてくるかもしれませんよ。

ですがこの方法で上手くいくのかは彼次第な部分があり、賭けのようなものです。

そのためあなたが引いた勢いで彼も一緒に引いてしまい、結果的にお互いに距離ができてしまったということが無いように慎重に状況を見極めた上で実行して下さい。

3.彼の好きなイベントに一緒にいく

どうしても定番デートとなると、ショッピングだったり映画や食事にいくといった女性が好むことを中心にデート内容が組まれることが多々あります。

それでももちろんお互いが納得していればいいのですが、たまには思い切って彼のいきたい所へ一緒についていくことで彼の恋愛に対する温度感を上げることができます。

極端な話ですが、例えば彼がアニメ好きならそういったイベントへ一緒に行ってみるというのも、彼の新しい一面を発見する機会になるかもしれません。

その他にも、アウトドアな彼なら一緒にキャンプや山登りをしてみるのも楽しいでしょう。

車好きならレースを見に行ってみたりと、彼の世界に一歩足を踏み入れてみるのも絶好の温度差改善のチャンスになりますよ。

もしかしたら彼の趣味や好みに合わせて行動していくうちに、自然と自分もそれに興味を持ち好きになっていくかもしれません。

二人で楽しめるものがあると、共通の話題も増えて、関係性もマンネリ化せずに続いていくはずですよ。

4.スリル満点な行動を一緒にやってドキドキする

吊り橋理論や、恋の吊り橋の法則などと呼ばれることがあります。

これはスリルを一緒に体験することで、生理的に興奮することに伴い恋愛感情も発展するいうものです。

この法則をうまく、そして簡単に活用できるのがお化け屋敷やジェットコースターなどです。

つまりワクワクドキドキするような場所に一緒に出かけて、恐怖を抱きながら時間を共にします。

そうすることで二人の距離が今まで以上により親密になりぐっと縮まることは言うまでもありません。

一度気持ちが冷め気味になっていたとしても、吊り橋効果により恋愛に対する気持ちが復活していくはずですよ。

5.勝負下着をはいてアピールする

勝負下着を着た彼女の姿を目の当たりにして、ドキッとしない男性はいないでしょう。

付き合いたての頃は毎回どんな下着が彼は好みだろうかなど色々と考えてドキドキしながら準備していたかもしれませんが、誰だって回数を重ねるとマンネリ化してくるものです。

いつもと違う雰囲気の勝負下着でもよし、思い切って彼と下着を買いにショッピングに行ってみるのもよしです。

そしていつもと違う雰囲気の中で、二人の大切な時間を過ごしてみて下さい。

少し離れかけていたかもと思っていた事が嘘のように、ラブラブ度アップ間違いなしです。

6.自分が恋愛に温度差を感じていることを彼に素直に伝える

彼の気持ちが冷めてきているのではと心配になった場合には、素直にそんな自分の気持ちを伝えてみるのも手段の一つです。

実際に気持ちを伝えることで、実は彼は気持ちが冷めていることはなく自分の勘違いだったということが分かる可能性もあります。

本当に彼の気持ちが冷めてきていたとしても「傷つけてごめん」と反省し優しくなってくれるかもしれません。

そのためには伝え方も重要です。

決して上から目線で伝えたり、自分の気持ちを押し付けるように怒りながら伝えては絶対にいけません。

感情的にならず冷静にきちんと順序だてて話すことで、きっと彼も真摯にあなたの気持ちを受け止めてくれるはずですよ。

7.彼から少し離れて一人の時間を楽しむ

どんなに彼の気持ちが復活するように望んでいても、どうにもならないときもあります。

そういうときにはケンカにならないよう、彼のペースに合わせることも必要です。

彼と時間を過ごすことも大切ですが、たまには自分一人の時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

何か趣味に没頭してもよいですし、勉強に取り組んだり仕事に打ち込んでもよいです。

しかし全く彼と連絡をとらないのはいけません。

自然と彼の気持ちが自分に向いてくれるよう、愛情表現は行いながら自分の気持ちに余裕を持てるようにしましょう。

8.彼に期待することをやめ、ありのままを受け止める

彼の気持ちが冷めてきているのではという考えが頭に浮かぶと「なぜ、どうして」と苦しくなってしまうはずです。

あなたにはあなたの気持ちがあるように、彼には彼の気持ちがあります。

自分が彼に対して愛情いっぱいなので、彼にも同じように求めたくなる気持ちも分かります。

しかしどんな手段をとっても彼の気持ちが変わらない場合には、最終的にはそのままの彼を受け止めるしかありません。

ありのままの彼を受け止めることで、彼なりの愛情表現の方法を理解できたり、思考を知ることができるかもしれません。

恋人同士という関係でも、あまり依存しすぎず、彼のことを理解するように努めましょう。

そうすることで、二人の関係性はより良いものになるでしょう。

二人の関係がより良いものになるために

はじめて二人が出会った頃のように、ドキドキした気持ちをお互いに抱きながら付き合うことは、誰もが持つ望みです。

交際の日にちを重ねるとともに、二人の信頼感が増していくのは間違いありません。

信頼とともに二人の気持ちに温度差が生まれないよう、そしていつまでも新鮮味を持てるように、できる努力を行っていきましょうね。

 

    「彼氏と恋愛の温度差を感じる時の対処法8つ。冷めてる彼との関係性を良くするために」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。