彼氏が正論ばかりで辛い時どうしたら良いか

最終更新日:2017年6月1日

いくら大好きな彼氏であっても、あまりにも意見が合わなかったり、正論ばかり言われてしまうと、会話をしていても楽しくありません。

しかし、彼氏が正論ばかり言って辛い時の対処法を知ることで、もっと二人の関係を良いものに変えていくことができるでしょう。

1.正論ばかり言ってくる時にはあえて反論しないでスルーする

彼氏が正論ばかり言って辛い時の対処法として「あえて反論しない」という方法があります。

彼氏の言葉をスルーしてしまうことが、傷付いたりしんどい思いをしないですむ、ベストな対処法となります。

いくらその意見が正しくても、正論ばかり言われてしまうと、何となく精神的に追い詰められているような気がしてしまいます。

確かに彼が言っていることに間違いはないのですが、その分「君は間違っている」と言われている気がします。

そういう時に、彼氏に向かって反論してしまうと、ますます理詰めで話してきて、会話をするのが辛くなってしまいます。

そういう雰囲気になってしまうと、確かに彼氏が言っていることは間違っていないと分かっていても、気持ちがついていかず、彼のことを嫌いになってしまいそうになるでしょう。

彼氏が正論ばかり言ってきたら、まるで聞いていなかったかのように、スルーしてしまうのがベストです。

そうすれば、最初は息巻いていた彼氏のトーンも下がってきて、正論を振りかざすのを辞めるようになるでしょう。

2.全く別の意見を伝えて視野を広めるようにしてみる

彼氏が正論ばかり言って辛い時には、まったく別の意見を伝えてみましょう。

そうすれば、考え方の幅も広がって、きっと彼氏も視野を広く持つことができるようになるかもしれないのです。

「これは○○だよ」という風に、いかにも正しいというような口ぶりで色々言われてしまうと、彼女としてはうんざりしてしまいます。

ただ、彼氏自身も「正論ばかり言っている」ということに気が付いていないということもあります。

彼が「○○だよ」と言ってきたら「それは分かっているけれど、人って××を選んでしまうのよね~」と、返答をします。

「あなたの言っていることは正しい、しかしだからと言ってそれを実践できる人ばかりではない」というメッセージを、言外に含ませて彼に伝えれば、物事の一面からしか見ていなかった彼が、まったく違う角度から色々考えるきっかけを掴むチャンスとなります。

正論ばかり言っている彼氏は、正直に言うと付き合いにくい人でもあり、もしかしたら他の人にも嫌がられているかもしれません。

そんな彼に「こういう考え方もあるんだよ」と暗に伝え続けることで、彼氏が正論ばかり言うことを減らしていけて、辛い思いをしなくなるでしょう。

3.あまり意見を戦わせないように込み入った話は控える

彼氏が正論ばかり言って辛い時の対処法の中に「込み入った話は控える」というのもオススメの方法です。

複雑な話になると、お互いどうしても意見を戦わせてしまい、彼氏が正論を言い出すことも多くなるからです。

「政治」の話や「テロ」の話題など、難しい話をする時には、その人の考え方やポリシーなどがダイレクトに表れてきます。

話している本人は「自分の意見が正しい」と信じているので、相手に対して聞く耳を持っていません。

普段は優しい彼氏でも、そういう話の時には彼女に対してバンバンと言いたいことを言ってくるはずです。

その言葉の中には、キツイ一言もあるかもしれませんし、いくら正しい意見だとしても、納得できないものもあるはずです。

正論をまくしたてられてしまうと、正直うんざりした気持ちになります。

だからといって、相手の考えを変えるのは至難の業だと言えます。

そういう時には「あの芸能人のファッションってすごいよね」みたいな、たわいもない話をするようにして、会話がエキサイティングし過ぎないようにしましょう。

そうすれば、彼氏から正論ばかり言われてしんどいということがなくなるはずです。

4.正論ばかり言われて辛い時にはこちらも無言になってプレッシャーを与えてみる

彼氏が正論ばかり言って辛い時こそ、こちらも黙ってしまいましょう。

何も言わずにずっと無言を貫いていれば、彼氏はプレッシャーを感じて、正論ばかり言うのを控えるようになるでしょう。

正論ばかり言ってくる彼氏の話を聞いていると、何だか疲れてしまいます。

「また言ってる」と思ってしまって、気持ちが冷めてしまいかねません。

ただ、それをいちいち口に出して彼氏に言うと、ますます正論を繰り返してくる可能性があり、こちらもくたびれてしまうでしょう。

そんな彼氏には、こちらも口をつぐんでしまいます。

こちらから何も言わないことで、彼氏は精神的にプレッシャーがかかり、そこで初めて彼女の様子に気が付くことでしょう。

「もしかして、また正論ばかり言いすぎてしまったかな」と、自分の言動を振り返ってくれて、こちらの辛い気持ちに気が付いてくれるでしょう。

彼氏が正論ばかり言ってきて辛いは矛先を変えよう

彼氏が正論ばかり言ってきて辛い時には、彼の言葉がこちらに向かわないように、そっと矛先を別の方向へ向けるようにしてみましょう。

そうすれば、いくら正論ばかり言ってきても、自然と流せるようになっていき、辛さを感じないですむようになります。

「正論」というのは、時には相手をうんざりさせることもあるので、ほどほどにしておくのが大切です。