愛情を上手に受け取れる様になる方法

最終更新日:2017年6月8日

愛情を上手に受け取る方法を知っていれば、恋人との関係をより良いものに保つことができるでしょう。

せっかく彼が注いでくれた色々な思いは、しっかりと受け止めて、自分がとても幸せだということを伝えるべきです。

1.素直に「ありがとう」と伝える

愛情を上手に受け取る方法として、素直に「ありがとう」と伝えるのがとても大切な方法です。

せっかくこちらに向けてくれた愛を、ちゃんと受け取ったという証に、お礼の言葉を述べるようにします。

恋人が何かをしてくれたり、思いやりを示してくれるのは、あなたのことが大好きで愛しているからです。

そういう気持ちがあるからこそ、色々と心配りをしてくれたりします。

そういう時には、感謝の心を添えて、きちんと「ありがとう」と言うようにしましょう。

そうすれば、相手も自分の気持ちが伝わったことが分かって、喜んでくれるはずです。

そしてこの「ありがとう」という言葉は、何回聞いても気分がよくなる、魔法の言葉でもあります。

「ありがとう」と口に出して伝えることは、相手の愛情を受け取ったという証明となります。

そして、そういう気持ちを自分に向けてくれたことに対して、感謝しているということを伝えることもできます。

愛情を上手に受け取るには、小まめに「ありがとう」と伝えるようにしましょう。

2.相手に対して「笑顔」を見せる

愛情を上手に受け取る方法の一つに「笑顔」を見せるというものがあります。

ニコッと笑顔で恋人に素敵な笑みを浮かべて笑いかけることで、きっと相手も自分の愛を受け止めてくれたと思えるでしょう。

笑顔というのは、言葉には出さなくても、相手への最大限のお礼となります。

「嬉しい」とか「ありがとう」という素敵な気持ちをそのまま表情に出すことができて、見ている方もしあわせな気持ちになります。

そんな笑顔を見た相手は、きっと自分の愛情を肯定されたような気がして、そして感謝まで述べられたような気になるはずです。

そうすれば、二人とも満ち足りた気分になることができるでしょう。

愛情をしっかりと受け取るには、とびっきりの笑顔を作って微笑むそんな簡単なことで、きっと相手を心の底から喜ばすことができるなんて、なんて素敵な愛の受け取り方なのでしょうか。

愛情を上手に受け取るには、相手に対して笑顔でほほ笑むのがとても良い方法となります。

その笑顔を見ただけで、こちらの気持ちがしっかりと伝えることができて、相手も喜んでくれるのです。

3.時々「メール」や「LINE」で感謝の気持ちを述べる

愛情を上手に受け取る方法で「メール」や「LINE」を活用するという方法もオススメです。

時々メールやLINEを使って、感謝の気持ちを述べるようにしましょう。

愛情を示してくれる相手に、精いっぱいの感謝の気持ちを伝えれば、きっと相手はとても喜んでくれます。

いつも「ありがとう」とか「嬉しい」と言っているかもしれませんが、毎回その一言だけだと、段々とその言葉の重みが薄れてしまうかもしれません。

そういう時には、時には改まってお礼の言葉などを伝えるのも素敵です。

「いつもはなかなか言えないけれど」と切り出して、自分がいかに嬉しいと感じているかを伝えれば、その言葉はきっと相手にも響くことでしょう。

愛情を上手に受け取るには、自分が嬉しいと感じていることをしっかりと相手にも理解してもらうことがポイントです。

相手に「喜んでいるのかな」などとぼんやりと不安感を与えないためにも、時々は少し長文で、今自分がどれだけ嬉しいかということを書いて、メールなどで送れば、お互いの気持ちをしっかりと結び合わせることができるでしょう。

4.自分からも「愛」を発信することにチャレンジする

愛情を上手に受け取るには、自分からも「愛」を発信するように心がけるのも大切です。

相手から「愛している」とか言われているだけでなく、自ら「あなたのことが大好き」などと伝えるようにすれば、ますます良い関係が築けます。

愛していると伝え続けることにチャレンジすれば、相手もこちらの気持ちを理解してくれるでしょう。

「あなたの愛情はしっかりと届いています」ということを伝えるなら「私もあなたが大好き」と言った、愛の言葉を小まめに口に出すようにしましょう。

そうすれば、きっと相手は自分の愛が相手の心に響いて、そしてそれが返ってきていると思えるでしょう。

自分の思いは無駄ではないそう感じることができて、お互い幸せな気持ちになれるはずです。

愛情を受け取ったことを上手に示すようにすれば、きっと相手は心から喜んでくれます。

「届いていますよ」と伝えるためには、こちらからも「愛情」を発信することが大切です。

愛情を上手に受け取れる様になろう

愛情は、もらいっぱなしのままでは、相手は寂しくなってしまいます。

「自分の思いは相手にとって不要なものなのではないか」という不安が芽生えてしまうかもしれません。

せっかく愛情を示してくれる相手を、そういうネガティブな気持ちにさせないように、上手に「愛情はしっかりと受け取っています」と伝えましょう。

そうすれば、きっと二人はいつまでも良い関係でいられるでしょう。