彼氏と対等な関係になる方法4つ

最終更新日:2017年2月24日

彼氏との関係は様々な形がありますが、中には対等な関係が望ましいと考えている人もいることでしょう。

どちらが上だとか、下だとかを考えない関係は、非常に居心地の良い関係だといえます。

しかし、対等な関係は意外にも難しく、どこか他人行儀だったり、どちらかが上位にいたりと、なかなか希望の関係を築けない場合もあるでしょう。

今回は、彼氏と対等な関係になる方法をご紹介します。

1.話し方を変えてみる

彼氏との話し方を変えることによって、対等な関係になる場合もあります。

例えば、他人行儀な関係であれば敬語をやめてみる、どちらかが上位にいるのであれば、丁寧な話し方にしてみるなど、話し方を変えてみることが非常に有効です。

他人行儀な関係は、付き合い始めたカップルに多い関係です。

付き合い始めたばかりで間隔がうまくつかめず、どう接したら良いか戸惑ってしまうことでしょう。

そのような時に距離感を探るあまり、丁寧な言葉遣いをしていると、距離は一向に縮まりません。

どちらも様子をうかがったまま、進展しないのです。

そのため、わざと丁寧な言葉をやめ、砕けた口調にすることで、より話しやすい状況を作ると良いでしょう。

このように、話し方を変えてみることで、対等な関係を築ける場合もあります。

距離感を感じているのであればくだけた話し方を、上下関係を感じるのであれば、丁寧に話してみると良いでしょう。

2.隠し事をしない

隠し事をしていると、対等な関係にはなれません。

自分の事を正直に話してこそ対等な関係であり、相手も自分の事を話してくれるためです。

カップルであれば、話さないほうが良いこと、隠したいこともたくさんあるでしょう。

しかし、そのような事を隠して接していると、次第に距離を感じてしまうはずです。

また、隠し事があると相手が気づいてしまった場合には、より関係性が微妙になってしまいます。

対等な関係でいたいのであれば、正直に話してみることが1番です。

一度全てを正直に話すことによって、今後も隠し事をする必要がなくなります。

更に、言いにくいことを先に言っておくと、今後も言いにくいことがあった時に、無理に隠す必要もなくなります。

隠し事だけではなく、彼氏に文句がある、大事な話があるときなどは、正直に話すことが必要でしょう。

そのような時に、隠し事をしない関係を作っていることで、自分の言いたいことをはっきりと言うことができます。

このように、対等な関係でいたいのであれば、隠し事をしないことが大切です。

隠し事がなければ相手を信用できるので、より充実した関係を築くことができるでしょう。

3.相手のことを尊重する

対等な関係を築くためには、相手を尊重する事が大切です。

相手のことを馬鹿にしたり、自分が劣等感を感じてしまっていては、対等な関係が築けているとは言えないでしょう。

双方が同じポジションにいてこそ、対等な関係だといえるのです。

対等な関係であるためには、相手を尊重する事が大切です。

自分の考えだけを相手に押し付けたり、自分が正しいなどと自己中心的な考え方をしていては、対等な関係からは程遠いといえます。

また、相手の言うことを何も考えずに受け入れたり、言われたままで何も言い返せないでいるのも、対等な関係とはいえません。

相手優位の関係も、自分優位の関係も対等ではないのです。

対等な関係でいるためには、相手を尊重する事が大切です。

相手の事を大切にした上で、自分の意見を話したり、相手の意見を受け入れることで対等な関係を築くことができるでしょう。

4.相手に依存しない

どちらかが依存してしまうと、対等な関係は難しくなります。

パートナーがいないと落ち着かなかったり、パートナーの迷惑になってしまっては、対等な関係とはいえません。

それぞれの生活を大事にしてこそ、対等な関係です。

相手に依存してしまうとどちらかの生活を邪魔してしまうことが多くあります。

過度に干渉をしたり、メッセージを強要したりなど、対等な関係とはいい難い行動を多く取ってしまうためです。

このことで迷惑をしているのであれば、関係性は良くないといえますね。

対等な関係でいるためには、程々の距離感が大切です。

相手を大事にすると同時に、相手の生活も考えてあげなければなりません。

その配慮ができてこそ対等な関係であるといえます。

また、相手だけではなく、自分の場合でも同様です。

自分の生活が疎かになっていないか、相手に干渉していないかなど、注意するところはいくつかあります。

程よい関係で、対等な関係を築いてくださいね、

対等な関係はそれぞれを尊重する事

対等な関係であるための方法は、それぞれを尊重することです。

会話であり、生活であり、自分本位ではいけません。

どちらかが占める割合が大きくなると、関係性は崩れてしまうでしょう。

対等な関係を維持するためには、相手を尊重し、それぞれの生活などを維持することが必要です。