彼氏が浮気をしたいと思う瞬間。彼女が心理をコントロールして浮気を防ごう

最終更新日:2015年5月10日

「浮気は男の甲斐性」なんていうオジサンもいますが、女子としては、そんな理屈はたまったもんじゃありませんよね。

ですが、男性は女性に比べ、浮気のハードルが低いのも確かです。

あなたの彼氏は浮気の心配はないですか?今回は、男が浮気したくなる瞬間について紐解いてみましょう。

1.彼女に「女」を感じなくなったとき

目の前で恥じらいもなく着替えを始めたり、彼の前でもすっぴんがデフォルトになってしまってはいませんか?

心を許している証拠と言えばその通りですが、2人の間に緊張感やときめきが無くなり、家族のように成り下がってしまっては、彼も他の女性に目が向いてしまいます。

恋愛をしている目的は、細かな部分は人それぞれありますが、大体の人に当てはまるのは、ドキドキしたい、ときめきたいという理由。それは、結果的に性的な魅力へとつながります。

つまり、浮気したくなるかどうかのネックは、彼女と浮気相手、どちらに本能的に異性としての魅力を感じるか?ということなのです。

もちろん浮気は良くないことです。でも、自分の彼女に異性としての魅力を感じないのなら、付き合っている意味はあるのかな、なんて考えがよぎっても、彼を責めることはできません。

ですから、彼の心を離さないためにも、日頃から女性としての魅力を蓄えておきたいものですね。


2.彼女が自分に構ってくれないとき

いつも自分の恋人に見ていてほしい、構ってほしいという気持ちは、男女ともにあるもの。
一緒にいるときは、自分の話を聞いてほしいし、相手のことも話してほしい。

これは、付き合っていれば自然に相手に求める部分ですが、それが満たされなくなったとき、浮気心が発生しがちです。

現代は忙しく、また、楽しいものも溢れ返っている世の中ですから、仕事、勉強、趣味など、恋愛以外に時間を割きたいことがたくさんあります。

だからと言って、彼のことは放置で、自分が一番興味があることにかまけていれば、彼の方でも寂しさが募り、浮気に走ってしまいます。

このパターンでの浮気は、彼の心変わりもありますが、彼女に対する当てつけの場合もあります。
「ホラホラ、俺に構ってくれないと、他の女のところに行っちゃうよ~」というアピールが度を超している状態ですね。

こんな理由で浮気される前に、彼を構ってあげて、寂しい思いをさせないようにしましょう。


3.彼のプライドが傷つけられたとき

付き合っていれば誰だってケンカくらいします。

でも、そのケンカの時に、言ってはいけないことを言ってしまったことはありませんか?
例えば、お給料のことや、彼の家族のこと、あなたの方が能力的に優れている部分などを指摘したり。

こんな時、彼はプライドを深く傷つけられてしまいます。

特に、普段からプライドが高い男性は、その傷つけられたプライドを回復させるために浮気をする傾向があります。

とても肝の小さい行動だとは思いますが、言わば「腹いせ」です。
自分を見下した女性を敢えて粗末に扱って、自分の方が上だという実感を得たいのです。

こんな男性は、浮気を問い詰めると、謝る前に「お前が俺に浮気させた」くらいのことを言って開き直る場合も。

ですが、お互い好きで付き合っているのですから、彼の性格をうまくコントロールして、浮気心を起こさせないようにするのも大事なことですね。
彼のプライドを傷つけないように、ケンカになっても、言葉を選んであげましょう。


4.彼の気持ちが大きくなっているとき

最後は、彼女の行動や言動は関係なく、彼が何か大きなことを達成させて、周りにちやほやされている時に起こりがちなパターン。
昇進したとか、大きな賞をもらったとか、スポーツの大会で優勝したなどで、にわかに周囲の注目を浴びる立場になった時、男性は浮気しやすくなります。

ちゃんと実績があるとはいえ、あまりに急にちやほやされると、必要以上に「俺ってすごいんじゃね?」と思ってしまいがち。
成果を上げたことで、言い寄る女性も増えるかもしれません。

だから、女なんてより取り見取りだ!と言わんばかりに、本命の彼女がいるにも拘らず、女遊びに手を染めてしまうのです。

偉業を成し遂げたり、素晴らしい能力を発揮できたということは立派なことですが、それと浮気は別の話。
何かを頑張ったからといって、人を傷つけていい理由にはなりません。

彼の功績を一緒に喜んであげるのは当然のことですが、そこで油断してはなりません。
「今、気持ちが大きくなっているな」と感じたら、浮気に走ることの無いよう、しっかりと手綱を握っておきましょう。

女性が心理をコントロールして彼氏の浮気を防ごう

あなたの彼氏に当てはめてみて、浮気しそうな傾向はありますか?
または、もう浮気されてしまったあなたは、彼の浮気に至るまでの心理がつかめたのではないでしょうか。

いずれにせよ、女性にも問題があったとしても、浮気するのはいけないことです。
彼に罪を犯させないよう、女性の方から彼の心理をコントロールできるといいですね。