片思いの彼にフラレて気まずくならない方法とは。前の関係に戻れる様になろう

付き合う前の恋愛最終更新日:2018年4月27日

告白をした時に必ずしも上手くいくとは限らないので、フラレてしまうこともあります。

自分の気持ちを伝えることでスッキリしますが、その後気まずい関係になるのは嫌なものです。

そこで片思いの彼にフラレても気まずくならない方法についてご紹介します。

1.片思いの彼にフラレてもいつでも笑顔でいる

片思いの彼にフラレてしまうのは悲しいことですが、こればかりはどうすることもできません。

告白しないよりもしっかり気持ちを伝えることで、スッキリすることもできるので、その後の関係も気まずくならないことを願うだけです。

告白はフラレた方はショックで気まずい気持ちになりますが、フッた方も罪悪感から気まずい思いをしているものです。

そこでフラレた方が明るく接してくれることによって、フッた方も明るく接すればいいと思えます。

今までと同じように接していいと思えれば、いつしか告白した前と同じような関係性に戻ることができるはずです。

もしフッて相手が落ち込んでしまうと責任を感じてしまうので、より気まずい雰囲気になってしまいます。

フラレたとしても仕方ないと割り切って、明るく接することを心掛けましょう。

2.フラレても諦めずに好きでいる

片思いの彼にフラレるのは仕方ないことですが、自分がそれで諦められるかが問題です。

一度フラレただけで諦められるのであれば、それだけの気持ちしか好きではなかったということです。

そのためフラレたとしても諦めずに、彼のことを好きでい続けることによって、片思いの彼との関係も悪くなることはありません。

好きな気持ちはフラレたとしてもすぐに無くなることはないので、自分が彼を好きな気持ちが自然と消えるまで想い続けましょう。

そうすれば自然と彼とは気まずくなることはありませんし、いつかは自分の気持ちが報われる可能性もあります。

彼のことを想い続けることによってフラれても気まずい思いをしなくて済むので、自分の気持ちに正直でいましょう。

3.告白してフラレたことをネタにする

告白してフラレたことはショックですが、気まずい関係にならないようにするには、フラレたことをネタに話ができるくらいになりましょう。

どんなに辛いことでも時間が経てば思い出となり、昔はこんなことがあったと懐かしく思うこともできます。

彼に告白してフラレたことも辛い経験ですが、話の中でフラレたことをネタにできるようになれば、完全に思い出として割り切っているといえます。

振られた話を思い出として笑いながら話ができるようになれば、気まずい関係にはならずに、むしろより良い関係性になれるはずです。

4.友達として仲良くして欲しいと伝える

片思いの彼に気持ちを伝えてフラレた時には、相手が恋愛対象として見れなかったということでしょう。

しかし友達としては仲良くしていたはずなので、告白する前と同じ友達として仲良くして欲しいと言葉で伝えましょう。

フラレた方はショックですが、恋人にはなれなくても友達として仲良くできればいいという気持ちもあります。

告白してフラレたら恋人にもなれず、友達関係も断ち切られてしまっては告白しなければよかったと思ってしまいます。

気まずい雰囲気にならないためにも、はっきりと友達として今まで通り仲良くして欲しいと伝えましょう。

相手も友達としての申し入れを受け入れてくれるはずなので、気持ちをはっきり伝えた上で、気まずい関係にもならずに済みます。

5.片思いの彼にフラレても新たな恋に進んでいることを匂わす

片思いの彼にフラレたことによって、自分はショックを受けるのは当然です。

しかしそれと同様にフッた彼も相手のことが気になってしまい、気まずい思いをしなければなりません。

そんな時はフラレたことによって気持ちの整理がついたので、新たな恋に進んでいることを匂わせましょう。

フラレた直後から明るく振る舞っても、空元気だと思って相手も心配してしまいます。

もうすでに新たな恋に進んでいることを匂わせることができれば、フッた方もその程度だったんだと深く考えることもないでしょう。

本当はフラレたショックで落ち込んでいても、新たな恋に進んでいることを匂わせれば、少なくとも彼とは気軽に話せる関係になれます。

フラレたことなの気にしていないし、新しく好きな人ができたことを匂わせることができれば、気まずい思いをしなくて済みます。

直接的ではなく友達の前でも明るく新しい恋に進んでいることを伝えることで、より効果を発揮することができるはずです。

フラレても明るく振る舞うことが大切

告白すること自体上手くいくこともあれば、失敗してしまうこともあります。

告白は自分の気持ちを素直に伝えることが目的なので、成功するか失敗するかは相手の気持ち次第といえます。

もしも失敗して気まずい思いをしたくなければ、告白しない方がいいですし、告白するなら覚悟して気持ちを伝えるべきです。

片思いの彼への告白が失敗しても、気持ちを伝えられたことに満足して、明るく振る舞うことによって気まずくならずに済むはずです。

,  

    「片思いの彼にフラレて気まずくならない方法とは。前の関係に戻れる様になろう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。