風邪で声が枯れてしまった時に早く治す方法

日々の生活最終更新日:2015年5月17日

風邪の季節になると流行る「のどの痛み」「痰の絡む咳」これらも長引けば炎症を起こしたりして声が枯れてしまいますね。

もしくは部活やサークルの試合で大声を出した声援をしたり、好きなアイドルのライブで黄色い声援を出し続けたりしても、翌日は声ががらがらで悩まされる人が少なくないと思います。

こんな時早くもとの声に戻すにはどうしたら良いのかご紹介します。

1.食事から改善していく

喉に炎症を起こしている場合が考えられるので、喉を潤す食べ物を摂取するのが手近な方法です。
代表的なものとしてはまず大根をおろした汁が効果的です。

大根が辛いときはなめ茸を和えたりスープに添えたりとバリエーションも豊富にアレンジしやすい食材です。
甘いものが好きな人ははちみつを混ぜると粘膜を保湿する効果があるのでより効果的に摂取できて一石に長です。

また、アセロラやゆず、レモン等の柑橘系はビタミンCも豊富なので、風邪の時には栄養補給と免疫力の向上にも一役買ってくれるでしょう。

酸味がきつい場合は薄めて飲みやすいドリンクにすると喉への刺激も少なくておすすめです。

但し辛い物は刺激があり逆効果なので避けましょう。

2.身体を温めてみる

血行を良くして温めることも効果的です。

外からマフラーやネックウォーマーで温めたり、ぬるめのレモネードやしょうが茶を飲むのもおすすめです。
身体が温まってくると乾いていがいがした喉が潤います。

潤うことで痰が出やすくなり無理に咳を出そうとする負担もなくなります。

体力消耗しやすい咳込みをなくすことで回復を早める効果を狙います。

但し気をつけたいのは熱すぎない事。

喉がただれをおこしてかえって悪化を招くのであくまでも刺激のない事が重要です。

刺激という意味では唐辛子にも含まれるカプサイシンが含まれた入浴剤は発汗制があるとはいえ避けるのが無難です。

また昔からの知恵としてたまねぎや長葱をガーゼに包んで側においておくのが良いと言い伝えられています。

成分が咳を沈めのどに潤いを与えるといわれています。

3.外用薬を使ってみる

ドラッグストアでは処方箋ナシで手軽に市販の医薬品が購入できます。
医療用の医薬品に比べると性能は落ちる部分があるかもしれませんが病院へ行く時間がなかったり、病院へ行くほどでもないような軽い症状の場合にはとても便利な手段です。

またドラッグストアには薬剤師や登録販売者も常駐しているので相談しながら症状に合った薬をチョイスしやすいのもメリットです。

具体的にはのどスプレーやトローチ、うがい薬が値段的にもお手軽で様々な商品が売られていますが、大まかに分類すると「のどを殺菌する成分」や「のどの炎症を抑える成分」が主成分として入っています。

商品によっては甘めに作られていたり、ミントを強調して爽快感を感じるものや粘膜を修復する成分が含まれていたり、患部にとどまりやすいジェル状だったりするので、自分の使いやすいものを選んでみましょう。

4.内服薬を使う

のどスプレーは苦手という場合や、トローチや飴をすぐ噛んでしまいたくなる人には内服薬も1つの手段です。

よく選択しがちなのは総合感冒薬と言われるいわゆる「かぜ薬」ですが、この「総合感冒薬」には熱を下げる成分や炎症を抑える成分の他にも、鼻水を抑えたり咳止めや痰を切る成分などといった「風邪の諸症状を緩和する成分」が含まれています。

風邪を引いていてこのような症状がトータル的に出ている場合は総合感冒薬が良いのですが咳も鼻水も出ないし、痰も絡んでいないといった場合などは余計な成分を摂取してしまうことになりますのであまりおすすめはできません。

そのような場合はトラネキサム酸やイブプロフェン、アズレンなどといった「のどの痛みや炎症だけの成分」というのがあるので専用の内服薬を指定して購入しましょう。

但しこれらの成分は副作用の安全性観点から小児は服用できなかったり、通院中だと服用できないものもあり注意が必要です。

5.生薬や漢方に頼ってみる

漢方は自然に由来する生薬から成る構成成分なので、総合感冒薬とも異なります。

炎症を取るといわれている生薬の代表として「カンゾウ」や「ナンテン」などがあります。

これらの生薬を一定の構成によって効果を発揮させたものが漢方です。

喉に良い漢方は「響声破笛丸」「駆風解毒湯」「甘草湯」「桔梗湯」などが挙げられます。

中でも声枯れに抜群といわれているのが「響声破笛丸」「駆風解毒湯」です。

顆粒で販売されているものが多く水かぬるま湯に溶かしてうがいをしながら服用する独特服用方法をとります。

のどに潤いを与えながら幹部に直接成分が行き渡るので効果が早いといわれています。

顆粒が苦手でない場合は試してみる価値がありそうです。

のどの痛みを治す方法は沢山ある

このようにのどを治す方法には様々な手段があります。

食事をするにも喋るにも重要な身体の部分なだけに早く治してしまいたいものです。

ましてや女性にとって声は美しくありたいものです。

生活サイクルや使い勝手の良さから自分に合った方法を選んで、悪化しないうちに美声を取り戻して仕事だけでなく女子会もデートも、充実した楽しい生活を送りたいものですね。
また薬は誤った処方をすると危険ですので必ず医者の診察の上で利用するなど正しい使い方を確認して使ってください。

 

    「風邪で声が枯れてしまった時に早く治す方法」への感想コメント一覧

  1. 1. かな2018/04/28(土) 00:13

    声が枯れたときに内服薬も効くとは知りませんでした。痛みなどもありつらいときには、やはり病院にかかり薬をもらうべきだなと改めて感じました。

  2. 2. 優子2018/04/30(月) 22:04

    今、現在風邪をひいています。
    喉が痛くてがらがら声になってしまいました。
    とても辛いので早速試してみることにしますね。
    大根買ってこよう。
    治るといいなぁ。

  3. 3. 母既読。2018/04/30(月) 22:07

    市販の風邪薬はよく使いますが、喉痛に効く漢方薬がそんなに沢山種類があるとは知りませんでした。次回から使ってみようと思います。

  4. 4. リコリス2018/05/16(水) 06:19

    私も風邪をひくといつも喉に症状が出て声が枯れてしまうのでとても不便で困っていました。薬以外にもたくさん方法があるんですね。これからはもっと早めの対処をしていこうと思いました。

  5. 5. 由紀香2018/05/17(木) 11:41

    職場の付き合いでお酒を飲んだ翌日とかに、声が枯れてどうしようもなくなってしまうことがあります。食べ物で治すことができるものなんですね。
    大根おろし汁、茸スープ、はちみつ、アセロラ、ゆず、レモン、レモネード、しょうが茶、メモしました。