結婚式の余興で女性達がやると盛り上がるもの

最終更新日:2016年6月18日

結婚式の余興をする時、できるだけウケて、そして評判がいいものをやりたいですよね。

招待してくれた新郎新婦はもちろん、その場にいる全員が楽しめるような余興は、きっと良い思い出に残ります。

そんな結婚式の余興で、女性グループがやるとウケるものをご紹介します。

1.絶対はずさないのは「テントウムシのサンバ」を歌う

結婚式の余興で、女性グループがやるとウケるものはいろいろありますが、その中でも絶対外さないのが「テントウムシのサンバ」です。

結婚式の定番中の定番のこの歌は、聞いているだけでハッピーになれる、そんな素晴らしい余興となります。

「テントウムシのサンバ」の歌は、誰でも知っているというほど有名な歌です。

若い人でなく、年配の方々が聞いても、安心して楽しめます。

結婚式には新郎新婦のご家族や御親戚、そして会社の上司などもいらしているので、そういう席での余興は、オーソドックスで品のあるものがベストとなります。

「テントウムシのサンバ」の歌なら、女性グループが前に出てきて皆で歌えば、上品で見ていて和やかな気持ちになれます。

「良いお式だったわね」なんて言葉が出てきそうな、そんな結婚式に相応しく、誰にでも喜んでもらえる余興となることでしょう。


2.明るくて評判がいい「恋するフォーチュンクッキー」を振りつけて踊る

結婚式の余興で女性グループがやるとウケるものの中に「恋するフォーチュンクッキー」があります。

あの歌を、女性グループが皆で振り付けて踊れば、きっと盛り上がって喜んでもらえるでしょう。

「恋するフォーチュンクッキー」の歌は、一見恋が実らなそうに聞こえて、最後はハッピーな感じになる歌です。

メロディーも明るく、結婚式で歌ってもNGにはなりません。

何よりも、女性グループ全員で踊れば、それだけで雰囲気が明るく華やかになって、他の参加者も一緒に盛り上がってくれます。

女性グループにぴったりな、そんな余興を演出できます。

若い人はもちろん、年配の方が聞いてもたのしくなるような、そんな余興をすることが出来ます。

新郎新婦もきっと「余興を頼んでよかった」と、そう思ってくれるでしょう。


3.新郎新婦の「可愛らしい暴露話」をする

結婚式の余興で女性グループがやるとウケる余興は、新郎新婦の「可愛らしい暴露話」をするということです。

ちょっとしたエピソードを紹介して、会場を盛り上げてしまいましょう。

暴露話と言うと、何だかドキドキしてしまいますが、結婚式の余興でやるなら、あくまで可愛らしくほほえましい話をすることがポイントです。

付き合っていたころの二人が「デートの待ち合わせ場所を間違えて、お互い全然違う場所で待っていた」とか「最初はお互い恥かしがって、口もきかなかったんですよ~」みたいな、誰が聞いても健全で、思わず聞いているとにこっとしてしまうような、そんな話を選びましょう。

余興を聞いているのは、友人や同僚だけでなく、ご家族や御親戚もいらっさやいます。

そういう方々が聞いても「あらあら」なんて笑えるような、そんなエピソードを伝えることが出来れば大成功です。

男性グループの暴露話は、何を言い出すか心配になって、聞いている方もヒヤヒヤしてしまいます。

けれど女性グループの場合は、せいぜい新郎新婦が「まいったな~」なんて照れ笑いするくらいですむのです。

女性グループは、そんな暴露話を、余興として皆さんにお伝えてしてみましょう。

きっと良い思い出ができて、素敵な結婚式になるはずです。


4.女性グループからメッセージビデオレターを送る

結婚式の余興で、女性グループがやるとウケるのは、皆で作ったメッセージの入ったビデオレターです。

懐かしい思い出の場所や、今回結婚式には来られなかったメンバーからのメッセージをいただいて、ちょっぴり感動的な余興をしてみましょう。

例えば同じ学校の同級生の結婚式なら、当時の担任の先生から、メッセージを預かって、当日の余興で披露してみましょう。

きっと新郎新婦はビックリしますし、よくここまでメッセージを集めてくれたなと嬉しくなってしまいます。

他の方々も、学生時代の様子が分かって、きっと盛り上がることでしょう。

学生時代の新郎新婦の写真を見たら、もしかしたら新郎新婦の御両親も、じーんときてしまうかもしれません。

「あんな頃もあったんだね」と、そんな雰囲気に包まれることでしょう。

ビデオレターが難しければ、メッセージを預かって披露するだけでも素敵な余興になります。

一つだけ気を付けたいのは、仲間内だけで盛り上がるような、そんなレターにならないように、それだけは注意しましょう。

結婚式の余興を盛り上げよう

結婚式の余興で女性グループがやるとウケるのは、やっぱりスタンダードで品が良いというものです。

安心してその余興を楽しむことが出来て、その場にいる全員が幸せを感じることができるでしょう。

新郎新婦から感謝されるような、そして何より素敵な思い出となるような、そんな余興を考えてみましょう。

結婚する二人への、最高のプレゼントとなることでしょう。