なぜ国際結婚は離婚率が高いのか。海外との文化の違いが大きい

最終更新日:2016年10月8日

今の国際社会ではグローバル化が加速し、国際結婚をする人、または希望している人が増えています。

その一方で、国際結婚は離婚率が高いと言われ、懸念の声もあります。

そこで今回はなぜ国際結婚の離婚率が高いのか、理由をご紹介します。

1.国際結婚は言葉の壁があり、ミスコミュニケーションが起こる

国際結婚の場合、お互いの母国語が異なります。

たいていの場合、片方がパートナーの言葉を話す事ができるか、もしくは、お互いパートナーの言語を話せる場合もあります。

しかし、どちらの場合にしても、母国語ではないので、うまくお互いの意思疎通ができません。

例えば、仮にあきらかにペラペラにパートナーの言語を話している様に見えたとしても、実際は言葉に含んでいる微妙なニュアンスを理解できていない事があります。

そうなると、相手を怒らすつもりはないのに相手を怒らせてしまうこともありますし、相手に間違った印象を与えてしまうこともあります。

しかも話していて言葉が流暢な人ほど、意味をわかって発言していると認識されてしまい、余計に相手を傷つける事もあります。

これは、逆の立場からも言える事で、パートナーの言語を聞く側も、間違った解釈をしてしまう場合もあります。

それぞれの国の文化や言語が違えば、一つ一つの単語に含まれる意味やニュアンスが大幅に異なる事もあります。

このような事があるからこそ、母国語が違う2人が一緒に生活をする時は、お互いミスコミュニケーションが発生しやすい事を理解し、なにか疑問に思った事があれば、すぐに疑問をぶつけることが望ましいです。

お互い勘違いしたままになってしまうと、のちに大きな問題となってしまいます。


2.外国人は家族を日本人以上に大切にする

一般的に、外国人は日本人以上に家族を大切にします。

家族を大切にするのだなんて素敵と思うかもしれませんが、実はこれが問題になってしまう事が多くあります。

例えば、特に発展途上国の外国人と結婚した場合、これらの国では、働いている人、稼いでいる人が、家族を養います。

それは時に兄弟や親せきにまで養わなくてはいけません。

そうなると、日本人と結婚し、日本で生活をした外国人の家族が海外にいる場合、家族に日本からお金を渡そうとします。

こうした感覚は基本的に日本人にはありません。

親への仕送りならまだ理解できますが、親戚までサポートするような人は日本にはほとんどいないでしょう。

そのため結婚してからパートナーが行う仕送りで、ケンカになる事があります。

また、外国人は非常に家族が好きなため、どこにいる時も、人によっては毎日家族に電話したがります。

2人きりで旅行している時も自分の親に毎晩電話して「今日は〇〇に行って、〇〇見たよ~」と報告したがります。

日本ではここまで家族と連絡していたら、マザコンと思われてしまうかもしれませんし、旅行中にまで毎日親に電話されていたら、なんで私たちの時間なのに?と日本人なら思ってしまいます。

あまりにもパートナーが現地の親との連絡の頻度が多いと、日本人には理解が難しいし、逆に相手からすれば、毎日親に連絡して何が悪いの?と思っているのです。

これはどちらか、あるいはどちらも妥協する事が必要になってきます。


3.文化やマナーに大きな差がある

やはり、国際結婚がうまくいかない理由として一番大きいのは結局、文化の差です。

育った国によって、1つの事に対する考え方は異なりますし、マナーも違います。

日本でマナー違反の事が、相手の国では当たり前にされている事であったり、逆に日本では好意的な事が、相手の国ではマナー違反であることもあります。

また、お互いに何か大切な話し合いをしなければいけなくなった時も、考え方が違う為なかなか決着しません。

全く考え方が違う為、少し妥協しようと試みても、妥協もできないぐらい理解できない考え方をしている事もあります。

日本人同士の結婚ですら、育った環境が違うと結婚生活は難しいと言われる事がよくありますし、結婚式の準備中だって、日本人でも対立しています。

日本人ですら難しいと思う人が多いのなら、全く違う国から来た人の意見や、マナーに違いがあるのなんて当たり前です。

普段の生活の中で、ささいな生活習慣の違いがたくさんあることから、だんだんとストレスが積み重なり、そのストレスが我慢の限界となった時に離婚に繋がってしまう事があります。

これは、お互いの文化や考え方を理解するように努力し、お互いの文化を理解する事を楽しいと思えるようになる事が大切です。

国際結婚は離婚のリスクが高い

国際結婚の離婚率が高い理由をご紹介しました。

国際結婚は、結婚の手続き自体も時間もかかりますし、たくさんの文化の差や言葉の違いがあるなど、とにかくいろいろな面で壁が多いです。

しかし、国際結婚では同じ国同士の結婚ではできない経験ができ、新鮮な文化に触れる事ができるのも事実。

お互いがお互いの文化を受け入れる大らかな気持ちで、前向きに歩んでいく事が離婚しない為の秘訣です。