結婚式の受付を女性がする時の服装のポイントと注意点

結婚式最終更新日:2016年2月21日
結婚式の受付

結婚式のパーティーや披露宴で受付を頼まれた時は、服装に気が抜けませんよね。

新郎新婦に代わって務める役ですから、マナーやモラルは守りたいものです。
どんな年代の人が見ても好感がもてる服装のポイントを3つご紹介します。

1.肌の露出は控えめにしよう

結婚式のパーティーの受付は、出席者全員の目にさらされることになりますのでどんな人が見ても失礼だと感じさせない格好をしているのがベストです。

女性は特にドレスのデザインによっては肩が出たものや、
レース部分が多くセクシー過ぎるものもあると思います。

あまりに露出度の高いドレスは、結婚式に参列することすら失礼に当たりますが、とくに受付をする際には絶対に避けましょう。自分が気に入っているデザインであっても他人が見た時にどのような印象を受けるかを考えるべきなのです。

それでも自分では判断に難しい場合には年配の人にアドバイスを求めましょう。両親が近くにいる場合には、両親にアドバイスしてもらうのが一番ですが近隣に親戚がいない場合には、ドレスを購入するときにお店の店員さんに相談しておくと安心です。

2.派手すぎないコーディネートをしよう

結婚式のパーティの主役はあくまでも新郎新婦です。

せっかくのパーティでお洒落をしたい気持ちは女性なら誰でもあると思いますが、新婦を立てるということを忘れてはいけません。白いドレスは新婦のウェディングドレスと被ってしまうため、もってのほかですが、他の色であってもフリルやリボンが過剰に付いているような派手すぎる衣装はNGです。

ただでさえ、パーティーの受付は目立つ役目ですから、そのような派手なドレスを着ていると、他の出席者の人の話題の的となってしまいます。

地味な服を選ぶ必要はありませんが、色が明るい場合にはデザインを抑えめに、デザイン性を重視したい場合にはせめて色を黒やグレーなどの落ち着いた色にすることをおすすめします。

3.一緒に受付をする人と事前に打ち合わせをしておこう

結婚式の受付は、一般的に新郎側、新婦側、各2名ずつとなるケースが大半です。出席者の人数にもよりますが50人以上の結婚式ともなると、受付の人数は2人より4人の方がスムーズに行うことができるからです。また、新郎新婦が受付を選ぶときには、仲の良い2人にお願いすることが多いでしょう。

そのようなときには、事前にある程度の服装の打ち合わせをしておきましょう。二人共が派手なドレスと華美な装飾品を身につけていては、新婦の交友関係にあまりいい印象を与えないかもしれません。事前に相方がいつもどのような格好をするか想定しておいたり、直接聞くことが可能であれば、聞いておいたほうがいいでしょう。

新郎新婦からの信頼を裏切らない服装を

結婚式は新郎新婦にとって人生の一大イベントです。

さらに、受付を頼まれるということは、新郎新婦から信頼されている証拠です。友人として、その信頼を裏切らないためにも結婚式のパーティーが成功することを心から願って事前に入念な準備をして受付の役目を全うしましょう。

 

    「結婚式の受付を女性がする時の服装のポイントと注意点」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。