二世帯同居する際の注意点。姑や舅との関係性に気をつけよう

最終更新日:2016年1月11日

彼の親と同居することになったという人いますよね。

彼の親と住むというのは義理の親ではありますが、あくまでも他人なので多くの障害や価値観の違い、最悪の場合は彼の母親が嫌悪感を示してきて嫌がらせをされてしまう例もあるとか…。

そこで今回は二世帯同居する際の注意点をご紹介します。

1.完全分離にする

二世帯住宅を新しく建てる場合は、居住スペースを完全に分離することをオススメします。

というのも、二世帯同居をすることになると多くの場合は姑・舅と同居をすることになります。

そうなると、舅は男性ですので年齢によってはまだ現役です。

舅からのセクハラ被害を受けてしまうこともあります。

そんな事態は絶対に避けたいので、トイレや風呂、キッチンを別々に作り、できれば玄関を通さなければ家に入れないようにするのがベストです。

こうするだけで、トイレやお風呂での不快感を覚えませんし、舅さんがお風呂上りに裸でうろうろしたりすることもなくなるでしょう。

さらに、姑があなたのスペースであるキッチンに入り込んでケチつけることもなくなりますし、ストレスはお互いに減っていくでしょう。


2.玄関は分ける

介護などの関係上、完全分離やフロア分けするのは無理だという方は「玄関」を分けるようにしましょう。

玄関やインターフォンが別になっているだけでも、ストレスはかなり軽減されるようです。

確かに、自分たちが頼んだ荷物を勝手に姑が開けてしまった・友人の出入りすら姑に管理される・姑の通販のために毎日出入りし投げればならない…などお嫁さんの負担が圧倒的に増えてしまうのです。

ですが、玄関を別にするだけで姑は自分の客を自分で相手をすることになり、嫁側の客と接することはかなり減ることになるでしょう。

そうすればトラブルやストレスを避けることができるので検討しましょう。


3.キッチンは二つ作る

完全分離にできない場合、キッチンやリビングは共有で…と考えてしまいがちです。

確かに、旦那さんにしてみれば毎日食べなれた姑の食事が食べれますし、お嫁さんがその料理を学べれば将来も安泰だと考えます。

ですが、キッチンと言うのは既婚女性にとってもっとも大事な場所です。

結婚をして料理をするのが妻の役目である場合、ある程度は自分のやり方でやりたいですし姑に弟子入りして下ごしらえや後片付けばかりするのが毎日ではストレスが溜まってしまいます。

そこで、キッチンを姑用と嫁用の二つ作ることをオススメします。

そして、お互いのキッチンには干渉しないことです。

例えば、姑や嫁のキッチンに入ってきて勝手に掃除をしたりしない・嫁も姑のキッチンでは姑の言うことを聞いて料理をするなどして柔軟に対応しましょう。


4.夫が自分の要望を聞いてくれる状況で二世帯同居に踏み切る

二世帯同居と言うのは圧倒的に「嫁」がストレスを抱えやすい状況になるでしょう。

そうなると、例えば、風呂やトイレは別にしたい・玄関は別がいい・合鍵は作らない・キッチンも別にする…など最低限のラインは確保して起きたいものです。

ですが、姑側は常に可愛い孫と一緒に暮らしていたいと思うでしょうし、疲れた息子に料理を食べさせてあげたいと思うのも母親として当然のことかもしれません。

二世帯同居をするとなると何度も話し合いを重ねるでしょう。

その時に、旦那さんが妻の味方になってくれないとすべて姑・舅側の要望が通って最悪の場合プライベートスペースがゼロになってしまうこともあります。

そうなると、姑とのトラブルや舅からのセクハラなどの被害に合いやすくなってしまうでしょう。

この話し合いの時点で妻の要望を聞けない男性というのは二世帯同居が始まってトラブルが起こったときも妻の味方はしてくれないパターンが多いようです。

なので、二世帯同居をする際は必ず夫が妻の要望や意見を聞き入れ、姑と交渉してくれるような場合にしたほうがいいのかもしれません。


5.姑や舅のお金に頼らない

二世帯同居でトラブルが起きたとき、姑や舅に言い訳できないのが「彼らのお金に頼ってしまっている」と言う場合です。

生活費や家を建てる際のお金などを頼ってしまうと、姑や舅は「養ってあげている」と思いこんでしまいます。

そうすると、夫婦の生活に過干渉になったり、嫁の行動を良く思わなくなったり嫌味をついつい言ってしまったりします。

そんな時に、姑や舅にお金を頼っていると何も言い返すことができないのでストレスが溜まってしまうのです。

それを避けるためには経済的に自立をしてすべてのお金に関して平等にしておくと良いでしょう。

二世帯同居の準備をきちんとしよう

二世帯同居をする際にはなるべくプライベートなスペースを確保する必要があります。

さらには不利な立場にならないためには経済的に自立し、ちゃんとNOを言えるような環境づくりをしておく必要があります。