気遣いができる人の特徴とは。周囲に気を配る人になろう

最終更新日:2016年6月27日

あなたの周りには気遣いができる人はいますか?気遣いのできる人は、日常生活の中で人がなにげなく感じる「こうだったらいいな」や「あれがあるといいな」という気持ちをすぐカタチにしてくれます。

そんな気遣いができる人は素敵ですよね。

今回は気遣いができると思われる人の特徴やコツについてご紹介します。

1.率先して動く

気遣いができるなと思われる人の特徴としては、簡単に言うと「率先して動く」という事にもなります。

脳の回転が早いのか常にアンテナを張っているのかはわかりませんが、とにかく行動が早いですね。

こちらが心の中で望み思った事をすぐカタチにします。

例えば食事会などの席で、箸が遠くにある場合、お通しが届いた時に「箸ってどこだっけ?」と思った時には、みんなに箸を配っていたり。

気遣いができる人は、きっと店員さんが入ってくると同時くらいに既に箸を配る事を考えていたりするんですね。

しかし、気遣いができる人の特徴としては疲れやすい、ストレスを溜めやすいなどというデメリットもあります。

やはり常日ごろ、自然であってもそれだけ気を配っているので、人より精神的には疲れていたりします。

自分では自然にそうしていても、人は隠れストレスというものも持っているので、自分では気づきにくいものです。

でも、こういう気遣いができる人は少なからずそういった面も持ち合わせています。


2.細かい部分までよくわかっている

相手が望む事など、とにかく細かい部分までよくわかっています。

気遣いができる人の洞察力は素晴らしいもので、些細な事でも気遣えるところが良いですね。

そして、その中には思いやりもあります。

相手を思うからこそできる気遣いといっても過言ではありませんよね。

好意があるとはまた別のものなので、勘違いは禁物ですが、例えば自分が飲み物を飲む時、相手の分もさりげなく用意するなども気遣いです。

気遣いと優しさと思いやりは類似しているので、いくら自然とはいえ、過度に気遣いができてしまうと勘違いされる原因にもなるので注意は必要です。

また、お付き合いしている相手の前で、異性に対して自然に出てしまうのも、嫉妬など引き起こす原因にもなります。

その点を気を付けていれば、誰からも好印象を持たれますね。


3.さり気ない気遣いがポイント

気遣いができる人と思われたいからと、取ってつけたかのようにやる人いますよね。

それって結構、周りの人にバレてたりします。

さりげなく自然に気遣う感じと、ワザと気遣う感じは、雰囲気も違うのでわかります。

さりげなく自然にできる気遣いとは、心からそうしてあげようとか、なにも深く考えることなく行動が優先してする場合など、本人も気づかないでしている時もあります。

しかし、取ってつけたかのようにする人は「こうするべき」という自分の中にはない気持ちへの命令や指令が働くため、どこかわざとらしくて、ぎこちなくなる。

不自然な感じになってしまいます。

気遣いができる人になりたくても、無理をするのは逆にマイナスイメージにも繋がるので気をつけましょう。

また、気遣いというものは、誰でも少なからずできているはずです。

毎日の生活の中で1日1回でなくても時々であっても気遣いはできているものです。

それをもっとうまく引き出すには、心のゆとりが必要です。


4.常に相手を感じ取る

気遣いができる人になるためのコツは、とにかく常に対相手を感じ取る事ができるようになるのが必須です。

望んでいる事や性格など把握する事で、どのタイミングでこの人はこういう事を必要とするなど、気づけるようになる事。

人の思っている事に気付けない時点では気遣いはできません。

気付けないのは、相手をよくみていないからです。

中には他人への関心がない人もいます。

そういった人は気遣えない人が多いです。

あとは、場の空気が読めるようになる事です。

これはなかなか難しい事ですが、長くいれば見えてくるものなので、空気を捉えましょう。

それには常にアンテナを張る事がポイントです。

また、即実行ではなく、自然に自分からしたくなるまでは下手に出ない方が良いですね。

気遣いは自分が心の中などで思えば自然と出てくるものです。

まずは、それを引き出すために、今まで見ていなかった事を見て色々把握する力を身に着ける事で、自然に引き出てきます。

気遣いができる人になろう

気遣いができると思われる人の特徴は、とにかく細かいことまでよくわかっているという点。

しかし、その反面やはり疲れも本人が知らないうちに溜まっていて、お疲れ顔になっている人もいますが、心は優しい思いやりがある人です。

勘違いされる時もあるかもしれませんが、気遣いができる人は周囲の人からも誰からも好まれ好印象を与えます。

そんな気遣いができる人になるには、すぐというわけにはいきませんが、相手をよく感じる事が大事ですので、そこから徐々に始め、自然に自分から思えるように行動できるようにしていきましょう。