叶わない恋心を忘れて諦める方法

恋愛最終更新日:2014年10月8日
割れた恋心

大好きなあの人、あの人ともう付き合えることはないと頭では分かっていても、
毎日毎日頭の隅っこに存在している。

もう考えたくない、記憶がすっかり消えてしまったらどんなにいいのか忘れたいのに気持ちが消えない。
そんな感情を抱えて苦しんでいる貴女の役に、少しでも立つような方法をご紹介します。

データ、写真、思い出の品は削除するか、一時別フォルダーへ移動

人間の脳というのは目にするものを無意識であったとしても、
覚えようとする視覚記憶能力があります。

よってなるべくその忘れたい相手に関する情報との接点を遮断することから始めましょう。

連絡先を消すのが嫌であれば、別の連絡先フォルダに移すとか、
携帯からやりとりの履歴を消すとか、写真(データ)であれば、別フォルダを作って日常生活でそこに目が行かないようにしましょう。

何回も思い出したり見たりするから、
脳の記憶がより深く刻まれていくので、なるべく見ることから記憶を薄くしてきましょう。

発展性がないということを改めて理解する

好きな相手が頭から離れないという気持ちは分かりますが、もうその相手との未来はないのです。

その人のことを考えている時間はすべて行き場のない発展性のないもので、
残念ながら美しい記憶という思い出にはなりえてもこれより先には価値がつかないものです。

物には値段がつきますがそれはその瞬間や未来に価値があるからです。
どんな人でも人生の時間は限られており女性であれば子供を産みたいのであれば、
年齢的に可能な時期は限られています。

それであればその未来に価値がないものに固執する時間をもっと自分を魅力ある人間に成長させるために使う方がよっぽど有意義です。
思い出に浸っている時間も、時計の針は止まってはくれないのです。

趣味・勉強・仕事に没頭する

自分を高めるために時間を使うためにまずは行動を起こすことです。
読書でも料理でも見たかった映画を見るでも、カラオケに行くですとか資格をとるために勉強する、仕事を頑張るなど何でもいいんです。

自分がやりたいことをやって自分が前よりもできるようになった教養が高まった等、
いい気分になれることをすることが癒しになりますし、叶わない恋にしがみついている自分より好きになれるでしょう。

次の恋のために女子力をアップする

無理に次の相手や好きな人を見つける必要はありません。

泣きたいだけ泣けばいいし、無理に忘れようとしなくてもいいのですが、
いつまでも終わった恋の呪縛にとらわれるのは止めましょう。

その恋はすでに過去。
貴女が生きているのは、今です。

そして未来は今どう動くかによって変わってきます。
もし将来だれかとまた恋をしたいのであればその人に出会った時に向こうに振り向いてもらえるような女性になりましょう。

そのためには自分を大事にして人間的な魅力を高める努力を継続していくことが大事です。
一日すこしずつでもいいから、次の恋が来たときにチャンスをつかめる女性になれるよう頑張りましょう。

 

    「叶わない恋心を忘れて諦める方法」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。