婚活で話題にしてはいけない話題や質問とは。年収や家庭の事情などに気をつけよう

婚活最終更新日:2018年2月4日

婚活中、出会った人とどんなことを話題にして盛り上がれば良いのか迷ってしまうことは多いですよね。

自分のことを話せば良いのか、相手のことを聞けば良いのか、困り果てた結果、話題にしてはならないようなことを言ってしまっては元も子もありません。

今回は、婚活のときに話題にしてはいけないネタや質問についてご紹介します。

1.年収や貯蓄をストレートに聞く

とにかくデリケートに扱うべき質問は、相手の年収額や貯蓄についてのネタです。

相手がどれくらいの収入を得ている人なのか、どれくらい資産を持っている人なのか、気になるのは分かります。

ですが、あまりにストレートに聞いてしまうと「お金目当ての人」という印象がついてしまい、それだけで相手からは引かれてしまいます。

気になる気持ちは抑えて、最初は相手の性格的な人となりを確かめていくのが一番でしょう。

そこからそれとなく職業の話に触れていき、収入のことは職業からなんとなく察することができるのが一番ですね。

特に年収は、男性にとってステータスや能力の一部にもなります。

コンプレックスに感じている人もいるので、あまりにストレートに聞いてしまっては、それだけで自分を判別されたように感じられてしまうのも事実です。

収入について質問攻めにしてしまうのも絶対にやめましょう。

2.マニアックすぎるネタ

婚活で相手の人と話を盛り上げていくためのまず第一歩としては、誰でも盛り上がれる話で盛り上がられるかどうかが肝心です。

時事ネタや仕事の話、好きな芸能人、好きなドラマの話などの他愛もないネタで盛り上がれるのが一番です。

そのため、最初からマニアックなネタを入れてしまうのは絶対にオススメできません。

映画やドラマの話は誰でも盛り上がれるネタの一つではありますが、なかなか周囲に知られていないようなマニアックすぎる物語の話は、相手に通じないので会話が一方通行になってしまいます。

独特な趣味の話もあまり好ましくありません。

冷静に判断してみて、相手には絶対分からないであろう話である場合は、話題に出さない方が賢明です。

一緒にいて楽しいと思ってもらえることこそが、婚活がうまくいくための鍵になります。

楽しいと思ってもらえるためには、一緒に会話で盛り上がる必要が出てきますので、そのためには二人とも分かる話の方が良いでしょう。

3.前妻について触れる

これはバツイチ男性に対してですが、前の奥さん、つまり前妻について詳しくつっこむのは辞めておきましょう。

相手からぶっちゃけてきた場合などは別ですが、基本的にはどんな人だったのか、離婚理由は何だったのかについて、最初からガンガン質問していくのは好ましくありません。

もちろん相手との結婚を考えているなら、いずれは前の奥さん、離婚理由についても知る必要が出てきます。

しかし、最初からそんなことばかりを聞いてしまっては、相手が気にしてしまうのは間違いないでしょう。

そもそもバツイチの人は婚活に対して少し引け目を感じているのは事実です。

そのため、バツイチであることを少しでも気にされてしまうと、すぐに身を引こうとしてしまいます。

離婚理由や前妻のことを知りたいのなら、ある程度距離を縮めてからにすることが一番です。

4.家庭の事情

結婚するなら絶対に変な事情を抱えていない人と一緒になりたいと、誰もが思っていることでしょう。

相手の家が多額の借金を抱えていたり、親戚同士の関係があまりよくなかったりなど、結婚後にトラブルになりそうなことは誰でも避けたいものですよね。

また、相手の親と同居したくないという強い希望を持っている人も少なくはないでしょう。

ですが、最初から相手の家の事情を詳しく探ろうとするのはNGです。

どんな家族構成なのか、家柄はしっかりしているのかなど、いろいろ聞き始めてしまっては質問攻めになってしまい、まるで身辺調査です。

相手からも不審に思われてしまい、距離を取られてしまうことは間違いないでしょう。

家の事情があまりに特殊だったり、身元が怪しい人などは、そもそも接していて違和感を感じることが多いはずです。

あえて聞かなくても怪しいところはなんとなく分かるものです。

だからこそ、最初から家の事情を下手に探ろうとせず、普通に接していくのが一番というわけですね。

何も問題がない人であれば、それこそ詳しく聞くのは失礼にあたります。

親との同居や、相手の親の介護の問題などは、もう少し距離を縮めてから話すべき問題になります。

接していて変な違和感を覚える人とはお付き合いしないようにするということだけ気をつけておけば問題はないでしょう。

婚活で話題にしてはいけないネタもある

婚活で話題にしてはいけない質問やネタについてまとめてきましたがいかがでしたか。

相手の人柄を見るようにしていれば、質問や話題をミスしてしまうようなことはないでしょう。

せっかく見つけた素敵な人です。

相手のことを考えて、二人で盛り上がれる会話でぜひ交流を深めていきましょう。

 

    「婚活で話題にしてはいけない話題や質問とは。年収や家庭の事情などに気をつけよう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。