後輩に嫉妬してしまう時の対処法4つ

最終更新日:2016年5月22日

相手は自分の後輩なのにも関わらず、嫉妬してしまうということはありませんか?自分よりも優れていたり、周りからの評判が良かったりと、何かと嫉妬してしまう機会があるでしょう。

そんな後輩に嫉妬してしまう時、自身はどういった対処を取れば良いのでしょうか。

1.良い面は自分にも取りいれる

相手が後輩であっても、自分よりも優れている所を見ると、どうしても嫉妬心が生まれてしまうものです。

それを嫉妬しているだけで終わらせるのではなく、後輩の良い面だと自分でも思えるのであれば、真似て取りいれることも大切です。

人は日々成長する生き物であり、今時点の自分がすべてではありません。

吸収しようと思えばいつになっても出来るもの。

羨ましいとか、妬む気持ちを持つ前に、自分に取り入れることが出来るなら、後輩から学ぶことも良い方法です。

嫉妬してしまうという点は、自分にはないものを持っていることへの憧れに近い気持ちでもあります。

良くできる後輩、すごいと思える後輩を持ったならば、それを上手に自分に活かすことも一つの対処法です。


2.後輩を超えるほどの努力をする

嫉妬している状態で止まっているのではなく、より良い自分になろうと努力することも大切なこと。

しかも相手は自分より後輩の立場であることをよく理解し、自分でも出来るはずだと信じて努力することを怠らないようにしましょう。

嫉妬する場面は人によって様々。

仕事かもしれないし、恋愛かもしれません。

もし仕事である場合は「後輩を超えてやる」という一つの目標として捉えることも良いでしょう。

ある程度慣れてきた仕事の場合、意識が薄れてしまったり、目標を見失ったりという問題が出てくることがある為、自分を見つめ直す良い機会にすると良いでしょう。

また恋愛である場合は、その後輩以上に魅力的な人になることを努力するように。

容姿を磨くことでも良ければ、内面をもっと輝かせる努力でも良いでしょう。

嫉妬してしまうということは、後輩に自分が負けていると感じている証拠。

それ以上の人になることを目標にして、努力して立ち向かうようにすると、自分自身も向上出来るでしょう。


3.友達関係を築き、アドバイスをもらう

後輩という立場であっても、自分よりもすごいと感じる点が多い人は、それだけ後輩に魅力を感じているとも言えます。

それが憧れの気持ちであったり、羨ましいと思える気持ちだったり、そこには後輩のすごさに惹かれている状態が伺えます。

同じようになりたい、後輩のやり方を知りたいと思うのであれば、後輩とこの際友達関係を築くことも良いでしょう。

友達関係になり「自分に足りない所はどこか」「どうなったら後輩みたいになれるのか」などのアドバイスをもらうことも良い方法。

あまりプライドが高くない人や、上下関係に厳しくない人は、この対処法で自分もスキルアップすることが出来ます。

年齢問わず、上下関係問わずに言い合えるような関係を築くことで、視野自体もどんどん広がることでしょう。


4.自分の方が良い面を武器にする

中にはプライドが高く、後輩に嫉妬しながらも、それを認めたくないという人もいるでしょう。

そのような場合は、自分が後輩よりも勝っていると思う所、優れていると思う所を武器にして挑むことも良いでしょう。

仮にその後輩が上司から「ノルマをきっちり毎月こなす可愛い部下」と思われているのであれば、自分は「誰よりも仕事が丁寧なうえ、要領が良い部下」になるように対抗します。

人にはそれぞれ良い面があり、長所ももちろん異なるものです。

その後輩が良いと思われる所にかなわないと思うのであれば、他の面を伸ばすようにすると良いでしょう。

その時は、後輩が苦手とするものを意識すると対抗することが出来ます。

このケースの場合「ノルマを達成してはいるものの、他の仕事は雑にこなしている」などの欠点があれば、そこを自分の長所に結びつけるのです。

違う面で対抗し、その面で上回ることが出来た時、きっと嫉妬心は和らぐことでしょう。

ただ後輩に嫉妬してしまうということは、その部分が自分には足りないということも同時に意識しましょう。

意識するだけでも気を付けるようになったりと、自分の改善に繋がるものです。

色んな場面で後輩に嫉妬してしまうという機会は、誰にでも起こり得ることです。

後輩への嫉妬の気持ちを解消しよう

相手が後輩だから恥ずかしいと思う気持ちを持つのは、意外と当たり前のことです。

そこに自分のプライドがどれくらい許すのかによっても、対処法は異なってきます。

ただ、嫉妬してしまうということは、憧れる気持ちや、自分にないものを感じた時であることを頭に入れて置くべき。

そうすることでより自分に足りないものを意識することができ、改善にも繋がります。

社会に出ると後輩と比べてしまう機会はどんどんと増えます。

ぜひ自分にあった対処法を見つけ出し、嫉妬心でつぶれてしまわないように気を付けましょう。