モテると勘違いしている女性の特徴とは。モテると思っているのは自分だけかも

最終更新日:2016年10月10日

自分のことがモテると勘違いしているイタイ女性っていますよね。

今回は、そんな自分がモテると勘違いしている女性の特徴をご紹介します。


1.ナンパをされた事を嬉しそうに話す

モテると勘違いをしている女性は、ナンパされた事を楽しそうに話す女性が多いです。

「またナンパされちゃった~」「いつも〇〇の前でナンパされるんだよね~」など、嬉しそうに話すのです。

しかし、本当にモテる女性は、ナンパには慣れまくっているので、いちいち話題にすらしませんし、ナンパはウザいと思っているので、嬉しそうに話しません。

わざわざ自分のナンパさてた話をネタに持ってくる女性は、逆に普段モテていないと言う事もできます。


2.あの人と目が合うと良く言う女性

モテると勘違いしている女性で多いのは、男性に見られていると勘違いしている女性。

たしかにその男性は、その勘違い女性の事を見ていたかもしれないですが、それは、その女性がじーっとその男性を見ていたから、男性が気になって見ているだけかもしれません。

あなただって、例え興味ない人でも、じっと見られていたら、男女関係なく「この人なんで見てくるの?」と思って見返してしまうものです。

明らかに「あの人私を見てるよ~」と言う回数が多いのであれば、完全に女性のほうが先にじっとその男性を見つめていたのでしょう。

これは完全に勘違いという事になります。


3.常に男性に対して上から目線

勘違い女性の特徴は、常に男性を見下しています。

「ヤバい。〇〇君が私と遊びに行こうって言ってる。あの顔でよく誘えるよね~」や「私にメールを送れる度胸がすごい」など、かなり男性の事を上から目線で発言します。

こういう女性は、相手をけなすことによって、自分を引き立てたいだけ。

自分がモテているような発言を自ら発して、自分がモテているかのような優越感に浸っているだけです。


4.SNSに自撮りの写メばかりアップする

自分の事をモテると思っている女性は、SNSに自撮りの写メをたくさんアップします。

しかし、実際は、モテないから、男を引きつけたくて、自分の詐欺写真をいっぱいアップしています。

詐欺写真やセクシーショットをアップすれば中にはそういう彼女にくいつく男性もいます。

しかし、これは明らかに自分で餌をやって釣っているだけであって、モテるというよりかは、セクシー画像などをアップすれば性的対象でしか見られない事も。

男性の彼女を見る目は、丁度グラビアアイドルを見るような目と一緒と言えます。

しかも今は詐欺写メアプリがたくさん出ているので、顔や、体の細さ、白さなどは大幅に修正可能で、もはや顔は別人なんてことも。

本当にモテる女性はモテすぎたら困るのでそうした写真をアップする必要はありません。

また、普段モテないのでSNSでの評価や、友達からの好意的なコメントを見てひとり楽しんでいるのです。


5.女性の悪口ばかり言う

自分の事がモテると勘違いしている女性は、とにかく友人や、芸能人など、女性の悪口ばかり言います。

また、道をたまたま歩いていただけの女性の悪口も平気で言います。

それは、いろいろな女性をけなして、自分が素敵な女性であると思いたいのです。

本当にモテるすてきな女性は、わざわざ他人の悪口を言って女性をけなしません。

いろいろな女性の事をけなす事により、自分が誰よりも一番最高の女と周囲に思わせたいのです。

しかし、実際はこんな悪口ばかり言ってる女性は、男性どころか同性にすらモテません。

こういう女性はただの勘違いのため、放っておくしかありません。


6.男性へのボディタッチが多い

モテると勘違いしている女性は、男性へのボディタッチが多いです。

モテると勘違いしている女性は、男性がボディタッチをされるのが好きと知っていて、戦略的に触っています。

そしてボディタッチをする事で男性を喜ばせ、自分への視線を期待しています。

本当にモテる女性は、わざわざそんなボディタッチをしなくても、男性の気を引いています。

モテると勘違いしている女性はわざわざ男性からのアテンションを得るために、ボディタッチをしているだけです。


7.とにかくぶりっこ

自分の事がモテると勘違いしている女性にはぶりっ子が多いです。

女性の前と男性の前で全く態度が180度違うような、ぶりっ子までいます。

自分がモテると勘違いしている女はとにかく男性の前では一番かわいい女でいたいのです。

モテると勘違いしている女性の特徴を知ろう

モテると勘違いしている女性の特徴をご紹介しました。

あなたの周りにも1人はいる、自分がモテていると信じる勘違い女性。

あまりにもひどいと、話を合わせなければいけなかったりと、対応が面倒くさくて、距離を置きたくなってしまいますよね。

大切な友達を失わない様に、あなたがそんな勘違い女性になってしまっていないかも、一度振り返ってみましょう。