腐れ縁とは何なのか。悪い腐れ縁なら断ち切ろう

最終更新日:2016年2月4日

腐れ縁というと、どのようなイメージがありますか。

腐れ縁の関係になってしまうのは、いったいどうしてでしょうか。

恋人だけでなく、友人関係においても、腐れ縁と言われる場合があります。

今回はそんな「腐れ縁」とは何かについてご紹介します。

1.偶然を何度も重ねて一緒にいる関係

腐れ縁というと、どちらかというとマイナスなイメージがあると思われます。

でも、中にはたまたま偶然が重なって、それが理由で一緒に過ごすことが多いということもあります。

恋人同士なら、お互いに「好きか嫌い」かの意思表示をして付き合います。

でも友人同士の場合は、いちいち「友達になろう」なんて確認したりしません。

友達の中には、たまたま同じ学校で同じクラスだったたまたま就職先が同じだったなんてことが続くこともあります。

そうすれば、どうしたって話す機会は多くなりますし、一緒に過ごしたりするでしょう。

同じ学校や職場なら、あえて接しないのも不自然です。

それに「大好き」まではいかなくても、話せば楽しいし、たまには飲みに行ったりするなんてこともあります。

周りの人に「いつも一緒にいるね」なんて言われてしまったりします。

そんな時、笑いながら「腐れ縁なんです」と答えたりすることもあります。

自分達で一緒にいようとしたわけではなくても、偶然が重なってずっと共に過ごしていたというのは確かに腐れ縁です。

でもそんな関係が悪いわけではなく、意外と居心地のよいものだったりします。


2.離れようとしても離れられない関係

腐れ縁という言葉を辞書で調べてみると「離れようとしても離れられない縁」とあります。

辞書によっては「悪縁」と書いてあるものもあるでしょう。

本当は一緒にいたくないのに、なかなか離れられない縁というのを「腐れ縁」と呼ぶのです。

とりあえず恋人として付き合っているけれど、本当はもう好きではないそういう二人もいるはずです。

でも、何となく別れを切り出せなかったり、一度別れても、なんだかんだでずるずると付き合ってしまうこんな二人は紛れもなく腐れ縁の間柄です。

本当はお互い離れたいのに、どうしてだか上手く別れることができなかったりします。

好きじゃないなら、いっそ潔く「二度と合わない」くらいの覚悟をしてしまいましょう。

そうでないと、悪縁と言われる腐れ縁は、断ち切ることができません。

一緒にいたいと思うかどうか、その気持ちを再確認して、もし「もう会わなくていい」と思えるなら、悪い縁を断ち切るようにしましょう。

それが幸せな人間関係を作るための基本です。


3.依存しあってる関係

依存心が強いと、なかなか良い人間関係が作れません。

そういう依存心が強い人同士は、腐れ縁という間柄に陥りやすいのです。

「もうこの人を好きではないけれど、一人でいるのは寂しいから」とか「友達がいないと思われたくないから」なんて気持ちがあると、どうしても相手の誘いを断れません。

いやいや一緒に過ごしても、楽しくなんてないのです。

でも、心の弱さが邪魔をして「とりあえず恋人」「とりあえず友達」でい続けてしまいます。

寂しいという気持ちを何とかしてほしいと、相手に依存しあっているのです。

そんな二人が一緒にいても、何の発展性もありません。

人間としてお互い尊重し合ったり、心を惹かれたりしないなら、もう共に時間を過ごす意味はないでしょう。

腐れ縁を断ち切ることで、新しい縁があなたのもとへ舞い降ります。

仮に一人が寂しくても、その気持ちを切り離して、本当に好きな恋人や友人と、付き合うようにしましょう。


4.代わりのきく関係

腐れ縁と呼ばれる2人の大きな特徴は「心の底からお互いのことが好きあっているわけではない」うことです。

もう好きではない恋人でも、とりあえず新しく良い人が見つかるまではこのまま付き合っていよう、と思っているのです。

本当に好きではないから、何をしてもそれほど楽しくありません。

夢中になって、時間がたつのも忘れるということはありません。

誰でもいいと言ってしまうと少々乱暴ですが、取り立てて欠点がないけれど、大して好きでもありません。

そんな時、もし好みの異性が現れたら、相手のことを思い出す間もなく新しい恋にいってしまうでしょう。

友人もですが、やっぱり恋人は、代わりのきくような人では、心がときめきません。

惰性で付き合っているのみとなってしまいます。

そんな関係は、何のメリットもありません。

心がときめくような、そういう恋人を見つけるためにも、思い切って腐れ縁は断ち切ってしまいましょう。

悪い腐れ縁なら断ち切ろう

腐れ縁と呼ばれる関係の特徴を4つご紹介しました。

偶然が重なって縁が出来た人もいますし、惰性で付き合いが続いている関係の腐れ縁もあります。

共にいて、ポジティブになれなかったり、楽しくないなら、その縁を切ってしまいましょう。

そうすれば、あなたによりふさわしい、新しい縁が入ってきます。

そのためにも、時と場合によっては、人間関係も整理整頓が必要となるのかもしれませんね。