おせっかいと気配りの違いとは。気配りができる人になろう

仕事/ビジネス 友達との付き合い方最終更新日:2017年12月15日

人のためを考えて行動するのは良いことです。

しかし、人のために何かをしても気配りと言われて評価される場合と、おせっかいと評価されることがあります。

一体、両者の違いは何なのでしょうか。

今回はおせっかいと気配りの違いについてご紹介します。

1.人の負担が減るか増えるかの違い

良かれと思ってやったことが、かえって人の負担を増やしてしまうことがあります。

その点も、おせっかいと気配りの違いの一つの基準です。

例えば、誰かが疲れている時に気配りのつもりでお茶を出したとします。

ですが、もしその人が体調や好みでお茶を飲みたくなかったらどうでしょうか。

また、自分が出すことによって他の人もお茶を出さなければならない暗黙のルールや無言の圧力のようなものが生まれることもあります。

そのような場面では、せっかく気配りをしても人の迷惑だったり予期せぬ負担が発生してしまいます。

その結果、気配りではなくおせっかいという評価をされることもあります。

気配りとは人を思っての気遣いや行動ですから、結果論とは言え人の負担になってしまっては意味がありませんよね。

気配りをする時は、周りの人や相手の負担にならないように少しだけ考えて行動すると、おせっかいにならずに済みそうです。

2.相手との距離感を理解するかしないかの違い

人への気配りも、相手との距離感を間違えるとおせっかいになってしまいます。

例えば、職場の人の栄養バランスを心配して急にお弁当を作ったら、多くの場合は相手を困惑させてしまいますよね。

また、不摂生を口酸っぱく注意したら相手にとってはおせっかいに感じられることもあります。

恋人や結婚について心配し、強引に相手を紹介したら、多くの人は迷惑だと感じてしまいます。

これらは相手との距離感を間違えている行動です。

仮に、親や親友であれば仕方がないと思ったり有り難いと思う人もいるでしょう。

しかし、関係の距離感を間違えて踏み込んではいけないところで気配りをしたら、それはおせっかいになります。

家族同士や友達のような気配りをすれば、他人には馴れ馴れしく感じることもありますよね。

人のことを本当に思うのなら、相手との距離感を大切にして、踏み込んでもいいところでの気配りに徹しましょう。

3.自己主張が激しいかそうでないかの違い

気配りが出来る人は評価も上がりますよね。

しかし、人からの評価を上げるために気配りをする場合、自己主張が激しくなっていないか注意が必要です。

自分の評価も上げるために、目立つタイミングや立場の高い人のアピールになる場面でばかり気配りをする人は自己主張が強すぎる印象を与えてしまいます。

また、アピールのためにしていると思われるとせっかく役に立っていても不快感を与えてしまい、おせっかいと言われます。

純粋に人のためを思っての行為でも、存在感がありすぎたり、積極的に人前に出るとやはりアピールだと思われてしまうこともあります。

自分の評価を上げようとしてると思われると、嫌なことや面倒なことを押し付けられたりして利用されてしまうデメリットもあります。

気配りは本来は人のためにすることですし、人からの評価は後からついてくるものですよね。

気配りをする時は人のためになるように徹して、自己主張は最小限になるよう留めましょう。

4.デリカシーがあるかそうでないかの違い

人のためを思っての行為でも、デリカシーに欠けているかどうかで気配りかおせっかいかが分かれる場合があります。

急にお腹を壊して調子の悪いとき、腹痛薬は重宝します。

デリカシーを持ってさりげなく出してくれたら助かるでしょうが、皆の前で出したら恥ずかしいと思われるかもしれませんよね。

これなら一人で耐えた方がましだと思う人もいるでしょう。

このようにデリカシーに欠ける場合、気配りも台無しになります。

せっかくの気配りもおせっかいと思われてしまいます。

おせっかいにならないように、人に恥をかかせたり嫌な思いをさせないような形で気配りをしましょう。

5.相手が喜ぶかそうでないかの違い

気配りは人のためにするものですから、相手が喜ぶかどうかもおせっかいになるかどうかの基準の一つです。

皆に喜ばれると思ってお菓子を差し入れしても、好きじゃないものだったり、お返しを考えるのが大変だったりして、喜べない人もいます。

もしも嫌いものなら尚更苦痛ですし、堂々と嫌いだと言える人は少数でしょう。

人に喜んで貰えない場合はその気配りはかえって迷惑になりますし、何度も続くとおせっかいだと思われてしまいますよね。

おせっかいと言われないように気配りがしたいなら、相手が喜んでくれるかどうかを冷静に見極める必要があります。

おせっかいと気配りは紙一重

今回はおせっかいと気配りの違いについてご紹介してきました。

時に人の迷惑や負担になってしまうおせっかいも、人から喜ばれる気配りも、人のための行為であることは変わりませんよね。

人のために何かするのは素晴らしいことです。

おせっかいにならないように気をつけて、気配り上手を目指しましょう。

 

    「おせっかいと気配りの違いとは。気配りができる人になろう」への感想コメント一覧

  1. 1. 名無しのイケジョさん2018/04/27(金) 15:50

    すごく興味深く読ませていただきました。先日、友人から共通のある友人がお節介であると相談を受けて、お節介と親切は本当に紙一重だと感じていました。我が身を振り返ると心配だったりしますが、押し付けたりするような「お節介」をしないようにしたいです。

  2. 2. 名無しのイケジョさん2018/05/14(月) 13:02

    求めてないことを押し付けられて、せっかくやってあげたのに、と言われると感謝の思いなんて出てこないですよね。程よい距離感をとれるようになりたいと思いました。

  3. 3. happy12222018/05/19(土) 11:57

    読んで初めて、おせっかいか気配りかの違いがよくわかりました。負担が増えるか減るか、距離感の有無、デリカシーの有無については、なるほど確かにと思いました。

  4. 4. ゆな2018/06/07(木) 10:26

    おせっかいと気配り、似ているようで全く違うのだと勉強になりました。相手が求めていることをさりげなくできる、そんなスマートな大人になりたいです。

  5. 5. 名無しのイケジョさん2018/06/10(日) 21:36

    おせっかいと気配りが紙一重なのは、本当にそうだなと思います。相手に良かれと思ってした事でも、それが相手に伝わらなければ、ただの自己満足になってしまいますね。なんでもかんでもするのではなく、相手との距離感を意識して行おうと思いました。