癖が強い人の特徴とは

最終更新日:2017年4月13日

色々な人がいますが、中には「あ、この人って癖が強い」と思わざるを得ないような人がいます。

何だか付き合うのが面倒くさそうという印象を与えてしまうので、周りの人から敬遠されることもあります。

癖が強いと思われてしまう人の特徴を知って、自分が「そういう人」にならないように気を付けましょう。

1.つい感情的になってストップがきかなくなる

癖が強い人には、つい感情的になってしまうという特徴があります。

いったん怒りだしたら、もうストップが聞かなくなり、周りの人は困ってしまいます。

癖が強い人は、一見普通の人にも見えます。

話し方は穏やかで、微笑みを絶やさなかったりするので、他の人から見ると「普通の人」や「良い人」に見えるでしょう。

しかし、何故か突然感情を爆発させることがあり、それがいつ起こるのかが分かりません。

「大したことない」と思えるようなことでも、何故か激高してしまい、いくら周りが取りなしても、聞く耳を持つことができません。

普通の人に見えるけれど、感情的になったらストップすることができない人は、正直言って厄介な人です。

接する時に、注意が必要となりますので、ストレスが溜まってしまいます。

そういう感情的なところを知っているので、周りの人は「あの人って、癖が強いよね」と言いながら、警戒してしまいます。

2.自分本位でなかなか納得しない

癖が強い人というのは「自分本位」という特徴を持っています。

そして自分がこうと思い込んだら、周りの人が何と言ってもなかなか納得しないところがあります。

癖が強い人は、自分中心に物事を考えます。

皆で「こうやって進めよう」と話し合っていても、自分のメリットがなかったりすると、なかなか同意してくれません。

それどころか、裏でこっそり自分のプランを推し進めようとして、周囲の人間の顰蹙を買ってしまうでしょう。

自分が一番だと考えているところがあるので、一般的な常識などを無視したところがあります。

そういうくせの強い人のふるまいを見た時、周りの人は思わずギョッとしてしまったりします。

しかし、本人はそれが問題とは思わず、平然としていたりするので、本当に困ってしまうのでしょう。

3.他の人と「違う」ところがあってそれが目立っている

癖が強い人の特徴に、他の人とは「違う」ということがあります。

そしてその「違い」が目立ってしまって、人目を引いてしまいます。

癖が強い人は、話し方に特徴があったり、ファッションに強いこだわりを見せていたりします。

決して素敵と思えるような服ではないのですが、本人はそれでいいと思っていて、得意げでいたりします。

言い方なども、やけに特徴があって、聞いていると耳障りなこともあります。

癖が強い人というのは、どこかに奇天烈なところがあるので、一緒にいるとすぐに「この人は癖が強いな」ということが分かるはずです。

他の人との違いがあること自体は、決して悪いことではありません。

個性的な人は、とても魅力的な人でもあります。

しかし、癖が強い人の「個性」というのは、他の人から見て、決して素敵には見えません。

ただ「癖が強い人」というだけで終わってしまう、残念なところがあります。

4.極端なくらいに「表と裏」がある

癖が強い人の特徴の中には、極端なくらいに「表と裏」があることがあります。

誰だって多少の表裏はありますが、癖の強い人はそれが極端なので、癖が強い人と思われるのと同時に「何だか信用できない人」とも思われているのです。

極端に表と裏がある人と接していると、その人の本心が読めないので、接し方に苦慮してしまいます。

口先では「大丈夫よ」と言いながら、実は裏では「とんでもない目に合った」なんて周りに言いふらしていたりします。

そういうところを見てしまうと、癖が強いという印象を持ってしまいます。

そしてうっかり信じてしまうと、裏切られて痛い目にあったりしそうで、距離を置かれてしまうことでしょう。

自分には親切そうに見えたのに、実はあちこちで悪口や噂話をしていたりする人は、その癖の強さに周りの人はうんざりしてしまいます。

そして出来るだけ関わり合いを持たないようにしようと思われてしまうでしょう。

5.閉鎖的で人を見る目が厳しい

癖が強い人というのは、実はかなり閉鎖的であるという特徴を持っています。

人を見る目も厳しく、なかなか他人を受け入れることができないでしょう。

閉鎖的な人は、考え方にどうしても偏りがあります。

視野が狭くて、物事を公正に見ることができません。

そういう人は、フランクに新しい何かを受け入れることができません。

例えば、職場に新しく入社してきた人に対しても、伺うような様子を見せて、相手が親しくなろうと近付いてきても、まずはその人の欠点を探ろうとしてしまうところがあります。

なかなか心を開いて打ち解けてくれないので、親しくなるのにも非常に時間がかかります。

そういう人のことを、きっと周りの人は「あの人は癖が強いから」と、ため息をついてしまうことでしょう。

癖が強い人の特徴を知ろう

癖が強い人の特徴というのは、あまりいいモノはありません。

周りの人をちょっとうんざりさせてしまうところがあります。

本人だけは「これは個性」と肯定的にとらえていても、単に周囲にストレスやプレッシャーをかけているだけかもしれないのです。

癖が強いと言われた時には、どこか人に受け入れてもらえないような要素があるはずです。

それを見つけ出して、ぜひ改善するようにしましょう。