恋人にヤキモチをやかれるのが嬉しい人の心理とは

最終更新日:2017年4月5日

恋人にヤキモチをやかれた時、人によっては鬱陶しいとか面倒くさいと感じたりします。

しかし、中にはヤキモチをやかれて喜んでいるひともいます。

恋人にヤキモチをやかれるのが嬉しいと思う人の心理を知ることで、もっと上手に恋愛を進めることができるようになるかもしれませんね。

1.相手の愛情を実感している

恋人にヤキモチをやかれるのが嬉しいと思う人の心理には、相手の愛情を実感しているというものがあります。

ヤキモチをやかれればやかれるほど、恋人から「好きだ」と言われているような気がしています。

ヤキモチをやくということは、自分のことが好きだからと思っているので、恋人からの嫉妬や束縛などが嫌なものに感じません。

ヤキモチを焼かれると「それほど自分のことを好きなんだ」と思ってしまい、思わず顔がにやついてしまいます。

口先では「もう、ヤキモチやかれて本当に困ってしまう」なんて言いながら、そうやって相手がヤキモチをやいているのを喜んでいるのです。

ヤキモチをやくのは、相手に対する愛情があるだけではなく、単に独占欲が強いだけということもあります。

しかし、恋人がヤキモチをやいてくるのが嬉しい人というのは、そのヤキモチこそ「愛している証拠」と思っているのです。

だからヤキモチをやかれても嫌がることなく、かえって嬉しがってしまうのでしょう。

2.自分がモテているような気がする

恋人にヤキモチをやかれるのが嬉しいと思う人の心理にあるのが「自分はモテている」という気持ちです。

今まで異性にモテなかった人ほど、ヤキモチをやかれることが「モテ」の証拠のような気がします。

異性とちょっと話したくらいで、恋人がヤキモチを焼いてきたりすると、普通の人は煩わしく感じてしまいます。

いちいちそんなことでヤキモチなんて焼かないでほしいそう思ってしまうはずです。

しかし、今まで全然モテたことがない人は、そうやってヤキモチをやかれること自体が初めての体験なわけです。

恋人がイライラしながら嫉妬している様子を見ると、まるで自分が異性に人気のあるタイプの女性になったような気がしてしまいます。

恋人が単に器が小さく、異性と話しているのが我慢がならないだけかもしれませんが、モテたことがなかった人には、そういうことまで分かりません。

恋人が自分に対してヤキモチをやく姿を見ていると「私ってモテてる?」と、勘違いしてしまい、嬉しくなってしまうのでしょう。

恋愛経験が少なかったり、今まで異性にモテたことがない人ほと、そういう勘違いをしてしまうので、注意が必要かもしれませんね。

3.相手の心の中が自分でいっぱいになっていると思っている

恋人にヤキモチをやかれるのが嬉しいと思う人の心理には「相手の心を独占した」という思いがあります。

恋人の心の中は自分のことでいっぱいになっていると思ってしまい、それで嬉しくなってしまうのでしょう。

付き合っている人がいれば、当然自分も相手のことを好きなはずです。

そしてその人が、自分のことで頭がいっぱいになっていると分かったら、何とも言えない喜びを感じてしまうでしょう。

「大好きな人が自分のことばかり考えている」なんていうことになったら、思わずニヤニヤしてしまいます。

自分が恋人の心を支配しているような気がして、充実した気持ちになることでしょう。

ヤキモチをやいた恋人が、不機嫌になったり必死な様子で文句を言ってきても、嫌な気持ちになるどころか、幸せを感じてしまいます。

こうやってヤキモチをやいているという瞬間、恋人の頭の中は自分のことでいっぱいなんだと、いう思いが沸き起こってきて、嬉しさが込み上げてきてしまうのでしょう。

4.自分の方が有利な立場にいると感じている

恋人にヤキモチをやかれるのが嬉しいと思う人の心の中には「優越感」があります。

カップルといえども、二人の人間がいる場合、どうしても上下関係や立場が強い弱いということがあります。

こうやってヤキモチを焼かれていると、自分の方が有利な立場にいると感じることができて、嬉しくなってしまうのでしょう。

ヤキモチをやいている方は、嫉妬心からイライラして平常な気持ちを保てなくなってしまいます。

それに対してヤキモチを焼かれている側は、どちらかというと落ち着いているはずです。

相手が何か言ってきても「いいよ、そんなこと言うなら来週のデートはキャンセルしようよ」と、少し強気に出ることができます。

場合によっては「そんなこと言うなら別れようか」なんて言葉を口に出して、恋人を翻弄させることもできるでしょう。

もちろん本気でデートをキャンセルする気も、別れるつもりもないのです。

ただ、ヤキモチをやかれることで、自分の方が「立場が上」と感じてしまい、恋人に対してそういう態度をとってしまいます。

人によっては相手よりも自分が有利な立場にいると思った時、思わす偉そうに振る舞ってしまうことがあります。

そういう時、まるで自分が何もかも決めることができるような気がして、心のどこかに嬉しい気持ちを感じてしまいます。

恋人にヤキモチをやかれるのが嬉しい人の心理を知ろう

恋人にヤキモチをやかれるのが嬉しいと思う人というのは、色々な心理を抱えています。

その中には、ちょっと屈折した思いもあるので、気を付けないと二人の間に亀裂が入ってしまいかねません。

お互いほどほどのヤキモチなら問題ないですが、あまりにもひどくヤキモチをやきすぎたり、それを喜んでいるようでは、二人は不自然な関係になっている可能性があるので注意しましょう。