ヴィトンが好きなな人の理由や心理とは

最終更新日:2017年9月16日

ヴィトンが好きな人の特徴とは、いったいどういうものでしょうか。

世界に知られたブランドであるヴィトンですが、このブランドを好きな人には、いくつかの特徴があったりします。

それを知って理解していくことで、自分とヴィトンとの関係を見直すことができるでしょう。

1.ヴィトンが好きな人は「高級品が好き」という特徴がある

ヴィトンが好きな人というのは「高級品が好き」という特徴を持っていることが多いです。

値段が高いものに対しての信頼が厚く、そのためヴィトンが大好きです。

ヴィトンのバッグや財布などを見ていると、それなりの金額がするはずです。

同じようなカバンでも、ヴィトンと名前のついている品々は、ガクンと値段がアップしています。

そういう「高級品」を選びたい人は、買い物をした後に「失敗した」とは思いたくないのです。

自分が選んだものは最高の物だったそう思うことができれば、心はホッと安心します。

だから絶対はずさないであろう「ルイヴィトン」というブランドが好きです。

ヴィトンは値段が高い分、品質が良く、しっかりとした造りになっています。

自分ではそういう品質のものを選ぶ目を持っていなくても、ヴィトンというブランドを持っていれば、高級品なので安心しして使用することができるのでしょう。

2.もっとステータスをアップさせたいと思っている

ヴィトンが好きな人の特徴に、もっとステータスをアップさせたいという気持ちを持っていることがあります。

上昇志向が強くて、今よりももっと素敵になりたい、リッチになりたいそういう思いを抱えているのでしょう。

ヴィトンが好きな人というのは「もっと素敵な自分になりたい」という気持ちが強い人です。

しっかり勉強して良い学校に入りたい、そして就職したらバリバリ働いて、出世したいという気持ちがあります。

社会的に認められて、そして良い生活をしたいと考えているのです。

ヴィトンを持つことができる自分は、望んでいる「ステータスの高い自分」に一歩近づくことを意味しています。

だから、上昇志向の強い人というのは、自分の希望に少しでも近づいていくために、ヴィトンを身に着けて、ステータスアップをはかろうとする特徴があります。

3.「ヴィトンのデザインが好き」という気持ちがある

ヴィトンが好きな人の特徴で、ただひたすら「ヴィトンが好き」という気持ちを持っている人がいます。

「ヴィトンのデザインが好き」とか「ヴィトンが持つ雰囲気が好き」などという気持ちがあるので、ヴィトンのショップを素通りすることができなくなってしまうのでしょう。

洋服やバッグなどのブランドメーカーは、それぞれが持つ独特の雰囲気があります。

オシャレでドレッシーだったり、どことなくナチュラルな感じがしたリ、そのブランドならではのイメージや雰囲気を好きになってしまうと、もっとそのブランドを集めたいと思ってしまい、ちょっとマニアのようにはまってしまいます。

ヴィトンが好きな人は、ヴィトンが持つ雰囲気やブランドのイメージが好きで、だからヴィトンの洋服やバッグばかり買ってしまいます。

ただ人気があるから、そして高級品だからそういったことに惑わされず、本当に自分の好みのブランドを探していたら、それがヴィトンだったということです。

だから周りの人に何か言われても、きっと全く気にならず、これからヴィトンを好きでい続けることでしょう。

4.自分に自信がないので人から「すごい」と言われたがっている

ヴィトンが好きな人の特徴には、少し複雑なものがあります。

周りの人から「すごい」と思われた区で、それでヴィトンを持つ人もいるのです。

ヴィトンが好きな人の中には「ヴィトンを持っていると人から一目置かれるから」という理由でヴィトンを持つ人もいます。

そういう人は、実は自分に対して自信を持っていないのです。

本当は自分のことが好きではなく、いつもおどおどしているのかもしれません。

「私にはこれがある」と、人に対して誇れるものがないので、何とかして自分に対して箔を付けたいと思っているのです。

そういう人には「ルイヴィトン」というブランドはまさにうってつけと言えるでしょう。

ヴィトンを持っているだけで、周りの人から「素敵だね」とか「リッチなんだね」なんて言われることもあるはずです。

そういう時口先では「そんなことないよ」と言いながら、どこかで心が満たされているのを感じているのです。

ヴィトンが好きな人の中には、自分に自信がない人がいて、足りない部分をヴィトンで補おうとしている人もいるのです。

そういう人にとっては、ヴィトンが好きか嫌いかではなく、他人からどう見えるかどうかが大切です。

ヴィトンが好きな人の理由を知ろう

ヴィトンが好きな人というのは、様々な特徴を持っていたりします。

そして心の中には、ポジティブな気持ちからネガティブなものまで、色々と分かれているのです。

ヴィトンはとても素敵なブランドですが、その素晴らしさに飲み込まれないように、どうしてヴィトンを持ちたいのか、それをしっかり考えることが大切なのでしょう。