くしゃみがうるさい人への対策方法。大きなくしゃみを止めさせよう

最終更新日:2016年5月1日

突然大きなくしゃみが聞こえたら、思わずビックリしてしまいます。

時期によっては風邪やインフルエンザに感染しないか、それも心配になります。

くしゃみがうるさい人は、他の人に迷惑をかけていることに、意外と気が付いていなかったりします。

そういう「くしゃみがうるさい人」への対処法について、お伝えします。

1.くしゃみをするたび「大丈夫?」と聞く

くしゃみがうるさい人への対処法に、その人がくしゃみをするたび「大丈夫?」と聞いてみましょう。

大きなくしゃみをしている人は、自分のくしゃみが周りの人の気に障っているということに、まるで気が付いていない場合が多かったりします。

そういう人には「周りの人間はあなたのくしゃみを気にしている」ということを、気づかせてあげるのが重要なポイントです。

大きなくしゃみが聞こえたら、わざわざ仕事の手を止めて「大丈夫?」と、少し大げさに聞くようにしてみましょう。

あわせて「大きなくしゃみだから、驚いてしまった。何か病気ではないのか?」などと伝えてみるのもいいですね。

その人がくしゃみをするたびにいちいちそういう言葉をかけることで、実は周りの人は自分の「くしゃみ」を気にしているということが分かります。

それによって、自分のくしゃみが大きく、それが周囲に迷惑をかけているということを理解するきっかけになるでしょう。

そしてできれば自分一人だけではなく、他にもくしゃみで迷惑している人と協力して、声をかけるようにしましょう。

大きなくしゃみが聞こえてきたら、交代で「大丈夫?」「大きなくしゃみだったね」という風に、声がけをしましょう。

そうすることで、くしゃみを気にしている人が何人もいることを分かってもらえるでしょう。

大きなくしゃみをする人には、まず最初に「大きなくしゃみをしている」ということを自覚してもらうことが大切です。

それによって、本人もできるだけくしゃみの音が出ないように気を使うようになるでしょう。


2.あまりにうるさいなら「マスク」を渡してみる

大きなくしゃみをする人は、そのくしゃみをする時に、もしかしたら一緒につばやウィルスを飛ばしているかもしれません。

そしてそのことに木が付いていないので、平気で大きなくしゃみをしてしまいます。

そういう時には、相手に「マスク」を渡してみるのも一つの対処法です。

「クシャン」という大きなくしゃみが何度も聞こえてきたら「大丈夫?」と言いながらマスクを差し出してみましょう。

「アレルギー?もしかしたら風邪かもしれないね」と言いながらマスクを渡すことで、そのくしゃみが不快であるということを、言外に伝えることができるでしょう。

くしゃみをしている本人は、そのくしゃみがどれだけ迷惑に感じているのかということが分かっていない場合がほとんどです。

悪気がなくくしゃみをしていることが多いので、さりげなく「そのくしゃみは迷惑なんだよ」ということを伝えてあげましょう。

くしゃみは、時期によっては風邪やインフルエンザが心配です。

さりげなくマスクを渡すことで、くしゃみが迷惑だということに気が付いてもらい、つばやウィルスの飛散を防いでしまいましょう。


3.場合によっては「くしゃみが気になる」と伝えてみる

大きなくしゃみをする人は、性格的に大雑把だったり少々ずぼらであることが多いです。

そういう人には、正直に「くしゃみが気になる」と伝えてみるのもいい対処法となります。

大きなくしゃみをして平気な人は、まわりのことをあまり気にしない「大雑把な性格」の人です。

神経質で几帳面な人は、自分のくしゃみを周りの人が気にするだろうことを、簡単に察します。

そのため、大きなくしゃみをしないし、周りの人に対する配慮も欠かさないでしょう。

しかし、大雑把な人は性格が大らかだったり、他人に何か言われてもあまり気にしないところがあります。

ですからくしゃみが迷惑だと伝えても、意外と問題はないでしょう。

自分のくしゃみが迷惑をかけていたことを自覚して、以後気を付けてくれるはずです。

いつも大きなくしゃみをする人には、はっきりと、しかし丁寧な口調で「くしゃみが迷惑」と伝えましょう。

その言葉を素直に受け止めて、大きなくしゃみを控えてくれるようになることでしょう。


4.職場で張り紙をする

大きなくしゃみをする人の対処法に、職場で張り紙をするようにするという方法があります。

大きなくしゃみは周りにいる同僚だけでなく、職場を訪れる社外の人にとっても不快なはずです。

社会人としてのマナーとして、張り紙をしたり朝礼で気を付けてもらうように上司に話してみましょう。

特に冬など、大きなくしゃみは風邪などの流行につながりかねません。

他にも、例えば取引先の人が訪れた時に「風邪がうつるかも」と、嫌な気分にさせてしまうことがあります。

誰か一人を個人攻撃するのではなく、職場全体で意識してマナーを改善するようにすれば、角が立たずに大きなくしゃみをすることを改善してもらうことができるはずです。

くしゃみは、場合によってはマナー違反となります。

それに気づいてもらい、大きなくしゃみは遠慮してもらうようにしましょう。

大きなくしゃみをする人の対策をしよう

大きなくしゃみをする人は、意外と周りの人が嫌がっているということに気が付いていない場合が多いのです。

一回くらいでは大したことのないことかもしれませんが、何度も続くと周りの人もイライラしてしまうでしょう。

そのくしゃみが「大きい」ということ、そして「迷惑」だということを伝えるのが、一番の対処法となります。

本人は悪気がない場合も多いので、そっとそのくしゃみがNGだということを気づかせてあげるようにしましょう。