LINEの会話を上手に終了させる方法

最終更新日:2016年4月19日

今や友人や知人との連絡ツールとして当たり前のようになってきたLINE。

個人はもちろんグループなどを作ってチャット感覚でやり取りもでき便利になってきた一方で話の終わらせ方に悩んだことってありませんか?

メールと違って既読機能もあるので下手に終わらせづらい時に使える、そんなLINEでの賢い終わらせ方をご紹介します。

1.スタンプを使う

これはきっとLINEをしている方なら誰でも知っていて、よく使っている人も多いのではないでしょうか。

今は種類もかなり豊富で無料でもスタンプがダウンロードできるようになっています。

もともとLINEのアプリについていたスタンプを使うのも良いのですが、文字付きのスタンプ、つまり「さよなら」などといった意味を持つスタンプを使うことです。

例えば「バイバイ」「またね」「もう寝るね」「ぐっばーい」など、少し面白おかしいイラストにこんな文字がついていると「ああ、もう終わりなんだな」と相手に伝わりますよね。

しかし、この方法は親しい友人や家族には有効的なのですが、少し目上の人や友人でも相談事など話の内容が深刻だったりすると逆に批判を買うおそれもあるのでタイミングを見て送る事が大事です。


2.あえて未読スルー

LINEのやり取りが少し面倒くさくなるときありますよね。

そういったときでもLINEの会話トークを開いてしまうと既読がついてしまい、早く返信しないといけないような気になってしまいます。

実際によく友人同士の会話でも「あの子にLINE送ったのに既読スルーされた。なんでだろ読んでいるはずなのに」なんていう事を聞いたことはありませんか。

だから、あえてLINE自体を開かないようにしましょう。

そしたら相手にも「あれ、既読になってないから読んでないんだな」で終わります。

スマートフォンの機種にもよるかもしれませんが、LINEが来たら通知により一部分だけ画面に現れるようになっています。

そこですぐに返信しなくてはいけないような内容でなければその場でLINEを開かず、時間を空けて見るようにするとよいでしょう。


3.もう終わらせるようなニュアンスの言葉を入れる

そろそろ終わらせたいなと思ったら「もう終わりにしようか」というニュアンスに近いような言葉を入れます。

例えば、夜であれば「そろそろ子どもが眠たくなってきたみたい」「寝かしつけついでに寝てきまーす」昼間は「出かけ先で充電なくなりそう」「さあ今から買い物だ」「今から子供と公園に行ってきまーす」など、今からLINE自体を見なくなりますよ、ということを遠回しに伝えるのです。

しかし相談事などされた時や大事な話で込み入った話をしている時は、ちょっとこちらからは簡単に終わらせにくい時ってありますよね。

そんな時は「今度ゆっくり会って話そう」と投げることをオススメします。

この言葉でLINEでのやりとりはそろそろおしまいにしましょうというニュアンスが伝わりませんか?尚且つあなたとちゃんと話がしたいんです、というアピールもできて相手に良い印象を与えます。


4.電話をかける

実は早く用件を終わらせたい方には特に有効的なんです。

ただ、これは相談事や愚痴や雑談トークの最中にやってしまうとつい長話に発展して逆効果になってしまうので、予定事をたてる時や用件がはっきりしている内容のみに使える方法です。

特に女性は少しの予定を立てる時でもお互いに気を遣ってLINEではちまちまと「どうするこうする」のやり取りが多くなってしまいがちですが、電話だと案外すんなり決まってしまうことが多いんです。

なので、さっさと用件を済ませたい時はLINEでのやりとりよりも電話で直接話をする方がはるかにスムーズに終わらせることができます。


5.相手を労い、励ます文を入れる

一番相手も自分もスッキリと終わることができるLINEの終わらせ方は、相手を労い励ます言葉を入れて終わりにする方法です。

これならどんな相手でも気持ちの良い終わり方ができるはずです。

その言葉は「今日もお疲れさま。明日もお互い頑張ろうね」です。

この言葉を言われて嫌な気持ちになる人は少ないんじゃないでしょうか。

今日はこれで終わりという意図も伝わりますし、おまけに明日も頑張ろうという励ましの言葉が入ることでなんだかうれしい気持ちになりませんか。

もちろんLINEのやり取りの頃合いを見て入れることが大事ですが、一番手っ取り早く終わらせたい時はこのような言葉を入れて終わりにすると相手の気分を害することなく終わりにすることができます。

LINEの会話を上手に終わらせよう

気心知れた相手だとすんなりとスタンプや「またね」の言葉で終わらせることもできるかと思います。

しかし相手がママ友や目上の人などちょっと気を遣うような相手だとなかなかそう簡単に終わらすことができないですよね。

なるべくなら相手の気分を害さないように対応したいですよね、早く終わらせたいなと思った時は是非活用してみてください。