付き合う前の段階で同時進行する人の心理とは

最終更新日:2017年6月11日

付き合う前のデート段階で、その人が他の人とも同時進行でデートをしていたら「自分とは付き合う気があるのかな?」と考えてしまいますよね。

そんな付き合う前の段階で同時進行をする人の心理や理由を見ていきましょう。

1.相手の細かいところまで見てから搾りたい

付き合う前の段階で同時進行をする人は、相手のこまかい所まで見てから相手を複数から一人に絞りたい、という心理を持っていることがあります。

付き合う前に相手の性格、習慣、生活スタイル、家族、趣味などを細かく知ることで、本当に自分と合うかどうか、ちゃんと付き合って幸せになれる相手かどうかを見極めたいタイプの人です。

付き合う前の段階で、相手の心理を理解せずに「同時進行はやめてほしい」などと言ってしまうと、相手はびっくりしてしまうかもしれませんね。

同時進行だからと言って遊ばれているわけではないので、心理をしっかり理解してあげましょう。

2.両想いではなかったときの保険がほしい

付き合う前の段階で同時進行をする人は、告白して両想いではなかったときに、フラれてしまっても、別の人とすぐに付き合い始められる保険がほしい、という心理を持っていることもあります。

その場合、告白してからすぐに同時進行を続けていた相手とは連絡を絶つ場合もありますが、残念ながら連絡と取り続け、関係が怪しくなったらまたデートを再開し始めることもあります。

同時進行をするのは両想いではなかったときの保険なのかどうか見極めるのは難しいですが、切り替えが速かったり、恋人と別れでもすぐに別の恋人ができたりする人は要注意かもしれません。

3.より長く付き合える相手を探している

付き合う前の段階で同時進行をする人は、より長く付き合える相手かどうか知るために同時進行をしてしまうこともあります。

どちらが長く付き合えるか、どちらが自分との相性が良いか、どちらが自分の理想に近いかを比較し、それから付き合おう、としています。

自分がその恋愛の主導権を握るタイプの人でもあります。

同時進行なんてありえない、と思ってしまう人も多いかもしれません。

ただある程度長く付き合える相手を探すことは、良い歳の大人にとっては悪いことではないので、その人の心理も理解し、付き合うまではある程度の同時進行は許してあげたいですね。

4.付き合うまではより多くの女性と遊びたい

付き合う前の段階で同時進行をする人の中には、付き合うまではより多くの女性と遊びたい、という理由から同時進行をしてしまう人もいます。

付き合ってから浮気をしたり、女遊びをしたりするタイプではないかもしれませんが、そういう人が女好きであることは間違いがありません。

その人の友人などから「付き合わない方が良い」と言われたり、少しでも女好きだという噂があったりした場合には、同時進行を今からでもやめてもらったほうが良いでしょう。

同時進行をやめられない人の中にも遊びが目当ての人がいるということをしっかりと心に留めておきたいですね。

5.どちらの人にも良い所があるから

付き合う前の段階で同時進行をする人は、どちらの人にも良い所がり、同時進行を続けてしまっている場合もあります。

一人の人は顔がタイプ、もう一人は性格が合うなどの長所があり、二人に魅力があるために、どちらか一方と付き合えずにいるのです。

素敵な人と同時期に出会ってしまっても、最終的には一人に絞るしかありません。

そのため、他の相手の魅力に勝つ何かをアピールすることができれば、一人に絞ってもらえ、同時進行は終わるかもしれませんね。

なんにしても二人ともが好きで、同時進行してしまう人は優柔不断な性格なので、そのような性格を受け入れられるかも今後、大事になってくるでしょう。

6.まだ付き合うほど好きではないから

付き合う前の段階で同時進行をする人の中には、まだ付き合うほど好きではない、という理由から同時進行を続けている人もいます。

人によっては、ゆっくりと時間をかけて人を好きになり、そうしたらやっと付き合う気になる、という人もいるのです。

付き合う前の段階ですし「同時進行をやめてほしい」と言ってしまうと相手の恋愛ペースを崩すことになり、関係が上手くいかなくなるかもしれませんね。

相手が本気で好きになれるまで待つか、付き合うのは諦めるのか、大事な決断はあなた次第なので、幸せになれる決断をしたいですね。

付き合う前でも同時進行が嫌であれば、自分から想いを伝えてみるのも良いかもしれません。

付き合う前の段階で同時進行する人の心理を知ろう

付き合う前の段階で同時進行をする人は、まだ相手のことを良く知りたい、と思っていたり、両想いではなかったときの保険がほしかったりしたい、と思っています。

またまだ付き合うほど好きではない、という理由から同時進行を続けている場合もあります。

そんな人の心理をよく理解し、その人と関係を続けるかどうか決めたいですね。