2ch脳の人の特徴とは

最終更新日:2016年9月3日

2ch脳とは、巨大掲示板2ちゃんねるを利用しているユーザーに見られる性格的特徴や思考の傾向を表した言葉です。

2ch脳と呼ばれる人たちにはどのような特徴があるのでしょうか。

1.2ch脳の人は物事を否定ばかりして、肯定しない

2ch脳の特徴に、物事をまず否定し、肯定したり褒めることがないという点があります。

世間で評判が良い有名人の悪口を言う(掲示板に書き込む)などの行動をはじめ、基本的に自分の周りに存在する物事事象のすべてが否定の対象になります。

周りを否定することで自分が優位に立っているような気持ちになっているのと同時に、現実世界では自分が否定されている立場にあったり、何かしらのコンプレックスを抱えている人が憂さ晴らしをしているとも考えられます。

人間は匿名だと日頃の人柄よりやや冷酷な部分が出やすくなると心理学では言われています。

2chという掲示板の匿名性が生んだ、人格の中でも物事を否定する心理が特に現れた状態が、2ch脳の特徴と言えます。


2.2ch脳の人は自分に都合の良い解釈ばかりする

自己中心的な思考をしているため、自分に都合の良いように物事を解釈するのも一つの特徴です。

自分にとって面白くないことや不利益になるような情報や事柄は、どんなに情報ソースが確実な物でも批判否定します。

逆に、自分にとって有益な情報は、情報ソースが不確かな噂のレベルなような物であっても事実として認識します。

自分の間違いや過ちを注意否定されても、自分の方が正しいと常に思っているため、注意する側が間違っている悪者と考え、注意を受け入れたり謝罪をすることはありません。

攻撃する側がすべて悪いという解釈をするのが特徴です。

しかし一方で、自分が不当に相手を攻撃しても、それは正当な批判であり、攻撃される方が悪いと考えるので、自分が間違った主張で相手を傷つけても反省することはまずありません。

そういう意味では自分に関係すること以外には否定的考えの持ち主であっても、自分に関してはかなりポジティブな思考を持っていると言えるでしょう。


3.2ch脳の人は他人に妙な肩書(レッテル)や優劣をつけたがる

自分と他人との間で、自分が優位、他人は下であるというヒエラルキーを保とうとするため、他人を馬鹿にするために優劣をつけようとするのも特徴です。

優劣をつける手段の一つに、他人を揶揄したり蔑視する肩書を決めつける傾向があり、このような行為を「レッテル貼り」と言ったりします。

具体例としては、戦後の団塊世代の生まれの人々を、団塊と言うひとくくりで馬鹿にしたり、文部科学省がゆとり教育という政策を行っていたころに学生だった人たちを「ゆとり」と言って馬鹿にする行為などが挙げられます。

他にも特定の趣味を持った人をひとくくりにして揶揄したり、外国人差別、お年寄りに敬意を払わない言動を繰り返し、自分がいかに優れているかを批判する形で示そうとします。

近年、マスコミなどでも流行している「中二病」などの、調子に乗っている人を揶揄するような言葉も、派生元は2ch脳を持った人の2chでの書き込みであると言われています。


4.2ch脳の人は人との争いを好む

2ch脳の人は、他人や周囲を否定することで自分の優位性を保っているため、人との争いを故意に楽しむ傾向があります。

掲示板などに書かなくてもいい余計な中傷や否定、わざと他人を逆上させるようなことを書きこんで、言い争いに持ち込み、相手を叩くことで自分の正当性や優位性を主張しようとします。

時にお互いが2ch脳同士であると、延々と相互間で否定しあい、掲示板が罵り合いだらけになってしまうことがあり、そのような状態を「掲示板が炎上する」と言ったりします。

なお、相手を否定し自己正当化しないと気が済まないため、相手の攻撃や悪口を無視するということができません。

相手にしない、スルーをするという考えがないので、時に自分に向けられたものではない否定的意見などにも過剰反応し、炎上の原因を作ってしまうこともあります。

このような人には、もうとっくに注目されていない芸能人の悪事などをいつまでも叩き続けるなど、粘着質である特徴があります。


5.自分が2ch脳であるという自覚がない

2ch脳という言葉自体も、ある意味自己中心的な人を若干蔑視する意味を込めた呼称であると言えます。

そのせいか、2ch脳である人は、自分が否定蔑視される筋合いはなく、自分は常に正当だと思っているため、2ch脳であるという自覚がないのが多いのが特徴です。

自分の感じ方や主張だけが正当で、他人の見解はすべて誤っているという極端な思考であるため、その極端さを指摘しても自分を曲げようとしない頑固な面があり、他の価値観を「許容受容」するという考えがありません。

そのため、自分の欠点を自覚できません。

2ch脳の特徴を知ろう

2ch脳の特徴には、思考の根底に「極端な自己正当化」「自己顕示欲が極端に強い」という傾向があります。

自分が本当に自信に満ち溢れている人は、他人を否定するのに躍起にはならないものです。

よって、これらの特徴も裏を返すと自分への自信のなさにつながっているのかもしれません。