好きじゃないのに別れたくない時どすうれば良いか

最終更新日:2015年7月11日

今付き合っている彼氏のことをいつの間にか好きじゃなくなってしまったり、そもそも付き合い始めから好きになれないでいる。

そんな心境にいるのに、別れるのは何だか惜しいと思ってしまう……。

このように、彼氏のことを好きじゃないのに、別れたくない時はどうしたら良いかご紹介します。

1.自分で気付いていない彼氏への好意を自覚する

好きじゃない、と思っていても別かれる気になれないのは、あなたが自覚していないだけで、本当は彼のどこかに強く惹かれているのかもしれません。

そんな彼の良いところについて、じっくり時間をかけて、理性的に考えてみて下さい。

今まであなたが意識したことがなかったり、付き合いが経過するにつれて忘れてしまっているだけで、、本当は彼は魅力にあふれた男性だということも考えられます。

また、彼の方から告白されて交際をスタートさせたために、自分はイヤイヤ付き合っているつもりのままで、いつしか彼のことを好きになっていた、というパターンだって十分あり得ます。

大体、どんな恋人同士でも、相手に全く良いところが無ければ、付き合い続けること自体が難しいものですよね。

そんな彼の魅力を再確認できたら、「彼を好きじゃない」というのが自分の思い込みで、これからは彼を素直に愛することができるようになるのではないでしょうか。


2.勇気を出して別れて、淋しがり屋な性格を直す

愛が無くなった恋人でも別れたくないと思う理由としては、あなたが極度の淋しがり屋の女性だという可能性もあります。

誰でもいいから傍にいて欲しくて、その淋しさを埋めるためなら、気が合わない人が相手でもいいから、我慢して付き合い続けてしまうのです。

また、別れた後の孤独が怖くて、自分から別れを切り出すことはもちろん出来ないし、彼に別れたいと言われても、つい相手のことを好きなふりをして、しがみついてしまうという傾向もあります。

こんな状態で別れられないのだとしたら、あなたはかなりの恋愛依存症。

しかも、恋愛感情が湧かないのに誰かの傍にいたいのですから、孤独恐怖症とも言えます。

これでは彼もいつしか自分に気持ちが向いていないことに気付いてしまうでしょうし、あなたの方も、いつまでも好きじゃない彼氏から卒業できません。

ここは勇気を持って、自分を鍛えるために、彼と一度別れて一人身になってみましょう。

そして、彼氏がいない期間が空いても、淋しくなんかないと自分に言い聞かせるのです。

もちろん、誰も傍にいない淋しさを埋めるために、別れた直後は、あなたをよく知る友達と頻繁に連絡を取り合っても構いません。

そうしているうちに、きっとすぐに新しい恋人ができて、本当に幸せになるチャンスが舞い込んできますよ。


3.彼への独占欲をなくする努力をする

また、好きじゃないのに別れたくない理由としては、恋愛感情は無いのに、独占欲だけで執着してしまっていることも考えられます。

彼が他の女性に恋心を抱くことに悔しさを感じたり、自分以外の女性と幸せになる姿を想像するだけで不快な気持ちで一杯になるのなら、それは既に恋愛ではありません。

こんな気持ちで彼をあなたの元へ縛り付けておいても、二人にとって何も良いことはありません。

彼も自分のことを好きじゃない彼女と長く一緒にいるよりも、自分を心から愛してくれる人との方が幸せです。

そしてあなたも、本当に好きになれる男性と出会うチャンスもあるのに、好きじゃない男性といつまでも一緒にいるべきではないのです。

ですから、あなたがこのタイプに当てはまるのだとしたら、独占欲をぐっと抑えて、彼を開放してあげるべきです。

その方が、あなたの方にも幸せが舞い込むチャンスが増えるというものです。


4.打算で彼と一緒に居続ける必要があるのかを考える

彼がお金持ちの息子だとか、いい家柄だとか、社会的地位の高い職業に就いているなどの理由で、彼と別れることができないなんてことはありませんか?

彼のことは好きじゃないのだけれど、彼を取り巻く環境が惜しくて離れることができない、というケースです。

こんな人は実際少なくありません。

愛の無い交際から、そのまま結婚に至るカップルだって山のようにいます。

ですが、自分と相手に嘘をつき続けて交際を続けるのは、想像以上のストレスを感じるものです。

そのストレスと、それを我慢することで得られるメリットを秤にかけて考えてみて下さい。

考えた結果、我慢してメリットを取ると決めたなら、このまま彼を騙し続ける覚悟を決めましょう。

罪悪感と戦っても全うする必要がある相手なのだとしたら、それはそれで付き合う価値があるということでしょう。

好きじゃなくても別れたくない時は状況に応じた決断を

このように、好きじゃなくても別れたいと思えない気持ちには、色々な理由があるのです。

ですが、本来恋愛はお互いを愛する者同士ですること。

愛が無いのに付き合い続けていることには、いずれ無理が生じてしまいます。

そんな無理を続けるくらいなら、心を鬼にして、別れる方が得策なのかもしれません。

状況に応じた決断をしていきましょう。