まつ毛エクステの料金相場。金額とサービスの関係

最終更新日:2015年6月6日

暑くなってきて汗をかき始めるこの時期、化粧崩れに悩まされている方も増えてきたのではないでしょうか。

マスカラが滲んでしまうと拭き取りも塗り直しも大変な手間ですよね。

そこで、便利なのがまつ毛エクステです。

まつエクさえついていればいつでも目元はぱっちり、朝の時短メイクにも繋がります。

一度着けてしまうと、楽でやめられなくなってしまう方も多いですね。

今回はそのまつ毛エクステの料金相場ご紹介します。

1.格安サロンは大体4000円前後が相場

今は正規料金とは別に、クーポンなどを併用すればかなりの格安で施術が受けられます。

ただし本数制限がある場合が多いです。

片目30本・両目で60本が一般的で、施術者が地まつ毛の様子を見て左右に割り振ってくれることも。

本数も少ないので、上まつ毛のみに限った施術が多いです。

ここで気を付けたいのが毛の種類。

お店によって扱う種類は異なりますが、仕上がりと軽さにかなりの差がでます。

シルク<ミンク<セーブルといった順に高くなることが一般的です。

この価格帯だと比較的シルクを使うところが多いです。

シルクは太めの毛質でボリュームがあり、カールも取れ辛いというメリットがあります。

好みの問題もありますが、少し毛質が固めですので慣れていない方には違和感がある場合もあるのでご注意ください。

価格が極端に安いサロンは、初回のみの利用に限った場合が多いです。

お店側も当然リピートしてもらいたいと思っているので当然ですが、本当に技術を気に入る担当が見つかるまではこちらの初回割を利用してお店を探してみるのもいいかもしれません。

大変安く利用できますが、条件が多いのがこの価格帯になります。


2.毛質を選べるサロンは6000円~

6000円~になると、付け放題を行っているところも多くなってきます。

ただし、上下割り振りしているところは少ない印象です。

上記の通りまつ毛エクステの仕上がりは毛質やカールによって左右されます。

カールに別途料金は掛かりませんが、毛質によっては金額が前後します。

この価格帯だとシルク・ミンクが選べるところが多いです。

セーブルも取り扱っているサロンもありますので、事前に確認しておきましょう。

本数は片目30本~60本・両目60本~120本まで選べるところが多いです。

本数が増えてきますと、施術時間も仕上がりもサロンの施術に大きく左右されます。

気に入った担当の方がいた場合は、指名料を取るところでもその方にお願いしたほうがいいかもしれません。


3.上下付け放題は8000円~

この価格帯だと本数や上下に制限なく施術してくれるサロンが多いです。

自然で軽い着け心地を好まれる場合はセーブルがおすすめです。

一番お値段の高いものになりますので、着け心地やまぶたの荒れが心配な方にも安心です。

また、下まつ毛にも施術してもらうと一気に目元が変わるので、多少お値段が高くなってもリピートされる方が多いです。

ただし、下まつ毛のエクステは上まつ毛に比べて大変取れやすいです。

期限付きでリペアを行ってくれるサロンも多いので、あらかじめ調べておくか施術時に聞いておいきましょう。


4.まつ毛エクステの料金面で注意する点

もともと着いているエクステをオフするのは別途料金を取られるところも多いのでご注意下さい。

施術したお店だとオフが無料なところもあります。

意外と見落としがちなのがオイル洗顔の可否。

まつエクに使用されるグルーを落としてしまうといった理由で、オイルが含まれるクレンジング剤は使用しないで下さいと言われることもあります。

どうしてもオイルクレンジングじゃないと落ちないメイクをされている方は気を付けましょう。

オイル使用可なところもあります。

施術者の腕に関わらず、濡れたまま放置してクセをつけてしまったり、むやみに引っ張ってしまうとその後のまつ毛のもちが悪くなってしまいます。

施術を受けた後、自分で出来るアフターケアにも気を配りましょう。

サロンの設備や質についてはあまり価格に比例しないことが多いです。

他のお客さんとの距離が近く落ち着かないこともあれば、貸切のような個室で施術していても人が少ない場合は電話対応や来客対応で施術を中断されることもあります。

サロンの雰囲気も自分に合ったところを探しましょう。

まつエクのサロンはポイントカードを導入しているところが多く、リピートした場合かなりの割引へと繋がりますのでこちらも利用しましょう。

まつ毛エクステの質は施術者の腕に大きく左右する

どの価格帯にもいえることですが、まつげエクステは施術者の技術でかなり仕上がりが違います。

そしてあまり技術力が低いところに行ってしまうと、まつ毛のもちが悪いどころか地まつ毛を痛めてしまう可能性もあります。

まつエクは自分のまつ毛の根元にエクステを乗せることが大前提ですので、まつ毛が生え変わるまで施術が受けられない可能性もあります。

価格だけにとらわれず、しっかりと口コミなどを調査しましょう。

自分に合ったサロンと担当を見つけるまでは大変かもしれませんが、初回クーポンや口コミなどを利用して満足のいくサロンを見つけてはいかがでしょうか。