毎日のお風呂でできる女子力アップの自分磨き術とは

自分磨き最終更新日:2019年5月7日
お風呂

自分を磨いて女子力をアップさせるには、お風呂が効果的です。

誰もが毎日入るお風呂で自分磨きができればそれこそ一石二鳥です。

そこで今回はお風呂の中でできる女子力をアップさせる自分磨き術についてご紹介します。

1.半身浴で気持ちをリラックス

学校や仕事、それに伴う人間関係の疲れはその日にうちに解消したいものです。

そのためにはリラックすることが再重要です。

半身浴をすることにより身体は暖められ血行がよくなることで自律神経による副交感神経が優位となります。

そして身体は緊張状態から解放されてリラックス状態となることで、ストレスがやわらいでいきます。

血行が良くなることで、まずは発汗しやすい状態となります。

心臓や体に負担をかけることなく汗をかくことにより、デトックス効果が高まります。

なぜか消えないお肌の吹き出物やなかなか取れない朝のむくみなどにも、汗をかいて毒素を排出させることはとても大事なデトックス作業となります。

まず何よりもキレイになりたいと思うときは、汚いものを出してからキレイに生まれ変わるものです。

そうすることにより肌血色もよくなり肌の色やつやも変わっていきます。

女性は肌つやがよくなるだけでも気持ちが前向きになるものです。

ニキビや肌荒れがあると外出や人に会うのが億劫になるのが女性というものです。

日本酒や入浴剤を入れることによってよりお肌はキレイになります。

2.読書をして内面を高める

日ごろ忙しすぎて本を読む時間さえ無いという女性も多いでしょう。

そんな時はお風呂に本を持ち込んで読みましょう。

ゆっくりと湯船につかりながら本を読むのもまた楽しいものです。

普通に部屋で読書するのもいいですが、スマホが気になったり家族に話しかけられたりして集中できないということもあります。

しかしお風呂だと他に邪魔されることもなく読書に集中することができます。

やはり女性は外見を磨くだけでなく内面を磨くことによって、より素敵な女性になっていくものです。

小説やエッセイ、紀行文などさまざまな本が世にはたくさんあります。

その本の中には作者の経験や想いがギュッとこめられています。

本を読むだけでも読者は新しい考えや意見、世界への見方を自分のなかに吸収できるものです。

そして物語の中に入り込むことにより、刺激的な感情やワクワクした感情も味わえますし集中することにより日ごろのストレスや細かい考えなどから離れることができます。

そうして自分というものを広げていくことができ知識だけでなく知恵となり内面を磨いていくことができます。

もちろん雑誌でも問題はありません。

美しい女性が載っている雑誌をみて私もこうなりたいと触発されることによりこうなってああいうことをしてみたいと思いをはせることでこれからの毎日に希望が持てます。

またスタイル維持へのモチベーションアップにもつながっていきます。

3.キャンドルや花びらを使用してお姫様気分に

女性はいくつになってもお姫様に憧れるものです。

しかし自分が女性だというのうっかり忘れ、毎日くたくたでお姫様とはかけ離れた生活をしてしまう方が多いのではないでしょうか。

そうした中で日常にほんの少しだけ特別感を味わってみるのも悪くないです。

お店にいけば様々なキャンドルが売られています。

甘い香りから爽やかな香り、艶やかな香りと多種多様です。

また炎の光は心を穏やかにしてくれます。

浴室の電気を消しキャンドルを浮かべて慌ただしい日々をわすれるのです。

いい香りが全身を包み自分自身もいい香りの一部になるのは夢心地で気持ちが良くなります。

気持ちがリラックスし、癒されることで女性ホルモンも安定していきます。

また花びらを浮かべてみるとお姫様気分満載です。

視覚からも得られるバラの美しさと、その香りはまさに女性にぴったりです。

そうすることで私は特別な女性なんだという気持ちも湧いてきます。

自分に対する思いが変われば行動も変わりより人生が輝くでしょう。

4.足を洗いながらのリンパマッサージで理想のふくらはぎへ

女性はとてもむくみやすい体質です。

実は年齢とともに、むくみはひどくなっていくばかりだと思いませんか。

むくみ対策はしっかりとできていますか。

その日のむくみはそのひのうちにとは、よく言いますが本当にその通りです。

そんなむくみに対して、お風呂の時間をうまく使って対策しましょう。

まず体を洗っている時に、ふくらはぎの裏を下から上へと揉みやすい揉み方でリンパを流していきます。

片足2~3分で十分なので、そのあとはひざ裏のリンパを数回流すようにマッサージをしましょう。

そうすることでふくらはぎから流れてきたリンパの流れがよくなり、翌朝の足はスッキリとします。

マッサージの時間も節約できますし、わざわざクリームやオイルを使ってすることもないため、毎日継続しやすいはずです。

5.湯舟につかりながら蒸気をスチーム代わりに

最近は年中エアコンで気温が管理されていてお肌はつねにカサカサ乾燥状態にあります。

あらためてローションパックやマスクをしようと思ってはいても、マスクをつけたままでは口の動きも自由に動かせず大きく顔も動かせないためなかなか美容パックはできないでいませんか。

そんなときは湯舟でできる簡単な保湿アップ対策があります。

まず湯舟につかるときに、オイルをお肌にぬります。

オイルをお肌につけていくときに、ゆとりがあればぜひ優しくマッサージをしてみてください。

そしてお湯をひたして温かくなったタオルを顏の上にのせて、しばらくタオルが冷めるまでのせておきます。

湯舟は湿気もたっぷりありますし、天然のスチーム状態の中でさらにオイルの浸透率も増していきます。

美しい女性の大事なポイントはキメの整った美しいお肌です。

オイルが浸透しお肌のキメがふっくらしたあとはそのまま濡れたタオルでお肌にのせたオイルはふきとってください。

お湯に浸したタオルで顔を包むことは、精神的にもジワーっとリラックスできますし、美容院で得られるあのあったかい安らぎが自宅でも毎日あじわうことができます。

6.アロマエッセンシャルオイルで心にリラックスを

香りは何よりも神経を刺激し、実際に弱っている心や、日ごろ疲れている内臓にも元気に働くようなエッセンスともなる非常に大きな効果が香りにはあります。

お風呂はリラックスタイムといえど、女性は美しくなるためにバスタイムも忙しくなりがちです。

そんなときは、最後に湯舟にお気に入りのアロマオイルを1~2滴たらすだけで一気に気持ちは和らいでいきます。

アロマオイルはできれば色々な香りをテイスティングすることをオススメします。

自分が求める香りの効果は自分が弱っているからこそ求めてしまう香りです。

体はとても正直なものです。

ただ湯舟につかるだけでなく自分の求めるエッセンシャルオイルの香りに癒されて体も心もほぐしてみてはいかがでしょうか。

忙しい毎日の中で自分で意識し気をつけていかなければ、なかなか心や体のリラックス状態は得られない状態になってしまっています。

心や体のバランスをくずしてしまう前にも、特別な空間を毎日の生活のなかに取り入れていきたいものです。

 

    「毎日のお風呂でできる女子力アップの自分磨き術とは」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。