毎日のお風呂でできる女子力アップの自分磨き術

自分磨き最終更新日:2014年9月27日
お風呂

自分を磨いて女子力をアップさせるには、お風呂が効果的です。

誰もが毎日入るお風呂で自分磨きができれば
それこそ一石二鳥です。

そこで今回はお風呂の中でできる女子力をアップさせる自分磨き術についてご紹介します。

1.半身浴で気持ちリラックス

学校、仕事、それに伴う人間関係の疲れは
その日にうちに解消したいものです。

そのためにはリラックすることが重要です。

半身浴をすることにより身体は暖められ血行がよくなることで
身体はリラックスしストレスもやわらぎます。

血行が良くなることで血色もよくなり
肌の色やつやも変わります。

女性は肌つやがよくなるだけでも気持ちが前向きになるものです。

ニキビや肌荒れがあると外出や人に会うのが億劫になるのが女性というものです。
日本酒や入浴剤を入れることによってよりお肌はきれいになります。

2.読書をして内面を高める

日ごろ忙しすぎて本を読む時間さえ無いという女性も多いと思います。

そんなときは、お風呂に本を持ち込んでみます。
ゆっくりと湯船につかりながら本を読むのもまた楽しいものです。

普通に読書するのもいいですが、携帯が気になったり家族に話しかけられたりして集中できないということもあります。

しかしお風呂だと他に邪魔されることもなく読書に集中することができます。

やはり女性は外見を磨くだけでなく内面を磨くことによって、
より素敵な女性になっていくものです。

小説、エッセイ、紀行文、さまざまな本が世にはたくさんあります。
その本の中には作者の経験や想いがぎゅっとこめられています。

その本を読むだけでも読者は新しい考えや意見、
世界への見方を自分のなかに吸収できるものです。

そうして自分というものを広げていくことができ
知識だけでなく知恵になり内面を磨くことになるのです。

もちろん雑誌でも問題ありません。
美しい女性が載っている雑誌をみて私もこうなりたい、
こうなってああいうことをしてみたいと思いをはせることでこれからの毎日に希望が持てます。

3.キャンドルや花びらを使用してお姫様気分に

女性はいくつになってもお姫様に憧れるものです。

しかし自分が女性だというのうっかり忘れ、
毎日くたくたでお姫様とはかけ離れた生活をしてしまう方が多いのではないでしょうか。

そうした中で日常にほんの少しだけ特別感を味わってみるのも悪くないです。

お店にいけば様々なキャンドルが売られています。
甘い香りから爽やかな香り、艶やかな香りと多種多様です。

また炎の光は心を穏やかにしてくれます。
浴室の電気を消しキャンドルを浮かべて慌ただしい日々をわすれるのです。

いい香りが全身を包み自分自身もいい香りの一部になるのは夢心地で気持ちが良くなります。

また花びらを浮かべてみるとお姫様気分満載です。
バラの美しい花とその香りはまさに女性にぴったりです。

そうすることで私は特別な女性なんだという気持ちも湧いてきます。
自分に対する思いが変われば行動も変わりより人生が輝くと思います。

 

    「毎日のお風呂でできる女子力アップの自分磨き術」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。