マツコデラックスさんが人気な理由。トーク力や素直さなどが話題に

最終更新日:2016年5月9日

最近テレビで見ない日はないと言っていいくらいの出演数のコラムニスト「マツコデラックス」さん。

女装愛好家でありながらその頭の回転の速さと愛のある毒で視聴者から多くの人気を集めています。

今回は、そんな彼女の魅力を考察しご紹介します。

1.はっきりと意見を言うので信ぴょう性を感じられる

最近のテレビやラジオでは「いい子ぶった」芸能人の意見が多くなっています。

SNSやネットなどが発達しており、少しでも批判的な意見や問題のある発言をすればネットで叩かれて炎上し芸能人やタレントとしての商品価値が下がってしまうからです。

そのため、多くの芸能人が好印象なことしか発言せず、中立的な立場を取っています。

ですが、視聴者としてはそういった芸能人の姿や意見を見たり聞いたりしてもなんだか信ぴょう性に欠けるような気がしてしまいますよね。

何を食べても美味しいと言い、何をみても面白いと言われてもなんとなく「嘘」を感じてしまいます。

ですが、マツコデラックスさんは好き嫌いをはっきりと発言するタイプの芸能人の一人です。

マツコさんが好きだと公言している有名なもので言えば「ハロープロジェクト」。

逆に敵対視しているものは「女子アナウンサー(女性アナウンサーは別)」などです。

また、食べ物もお肉が食べれなかったりジャンクフードが好きだったりと好き嫌いも平気で発言します。

一見、マツコさんが嫌いなものを好きな人から見れば不愉快に思いますが、人間であえば好き嫌いがあるのは当然のこと。

嫌いなものが見えるからこそマツコさんが「好き」「おいしい」と発言する者の信ぴょう性があるのかもしれません。


2.トーク力がある

マツコデラックスさんは「コラムニスト」という文章を扱う仕事を本業にしているだけあって「言葉」のプロです。

コラムという限られた文字数の中で相手を納得させたり、感心させることができるような言葉選びや文章の構成を考えるプロフェッショナルです。

そのため、彼女が出演しているテレビやラジオでの彼女のお話は人を引きつけ、マツコさんの意見を正確に伝わってきます。

たった一言でもわかりやすいトーク力や、テレビの中で誰かの相談を聞いたりアドバイスをしたりする姿を自分と重ね合わせてマツコさんの発言を人生の糧にしている人も多くなります。


3.豊富な人生経験

前項でご紹介したマツコさんのトーク力はいったいどこから来るのでしょうか。

文章を書いたりトーク力というのはある程度の才能が必要かもしれませんが、マツコさんの場合は「豊富な人生経験」に基づいているものが多くなります。

彼女は女装愛好家、つまりは男性でありながら女性の格好をし、さらにはゲイでもあります。

つまりは男性でありながら恋愛対象が男性だということです。

今では多くの理解を得て沢山の尊敬を集めているマツコさんですが、そのセクシャリティーのことで少なからず子供時代や学生時代に深く悩むこともあったでしょう。

また、彼女はテレビに出始める前はミッツマングローブさんなどと新宿二丁目のゲイバーでステージに立っていたそうです。

オネェの世界も縦社会があり、水商売ということで様々な人と接する機会があったでしょう。

お仕事をしながら多くのお客さんや仕事仲間の話を聞くことで一般の人にはない経験や考え方を彼女は持っているのかもしれません。

そんな、バリエーション豊富な彼女のお話や、アドバイスは視聴者やファンから人気を集める理由になっているのかもしれませんね。


4.ものすごい食べっぷり

マツコさんと言えば、その大きな見た目が特徴的ですよね。

大柄なだけでなくふくよかでお年寄りや子供にもわかりやすくまさにデラックスな見た目です。

そんなマツコさんはその見た目だけあってよく食べます。

「マツコの知らない世界」や「月曜から夜更かし」ではマツコさんに商品やご当地の物を食べてもらう企画やコーナーがあるほどです。

マツコさんは好き嫌いが多少あるもののとても美味しそうに食べ、すべて平らげてしまうほどの驚きの食いっぷりをいつも披露しています。

嫌いなものは嫌いとずばずば物事を言うマツコさんだけに、彼女が「おいしい」と言えば本当に美味しそうに見えて「マツコの知らない世界」で消化したコンビニスイーツがなくなったり、お店のネットがパンクするなどその影響力はかなり大きいと言えます。

彼女が美味しいと言いながら食べるだけで食べ物がおいしそうに見えるというのは、視聴者にとってもスポンサーにとっても大きな魅力の一つといっていいでしょう。

マツコデラックスさんが人気な理由を知ろう

マツコデラックスさんは等身大の自分をあえてテレビで見せることである程度の批判を受けながらも大きな人気を集めています。

芸能界の「新ご意見番」と呼ばれることも多くなっているようなので、これからの彼女の様々な意見やアドバイスには注目していきたいですね。