メルカリとフリルは何が違う?女性はフリル・男性はメルカリが良いかも

最終更新日:2016年11月6日

スマホで、服やバッグなどを売買いをする事が可能なアプリとして「メルカリ」と「フリル」が、女性から人気を集めています。

しかし、この2つのアプリの違いが分からなくて、どちらを利用して良いか分からない女性が多いので、その違いについてご紹介します。


1.女性専用の商品の多さはフリルに軍配

フリルは2012年にサービスを開始した女性専用のフリマアプリで、もしも利用者が女性を語った男性である場合は、素早く強制退会させるほど徹底されていました。

それにひきかえ、メルカリは少し出遅れて2013年からサービスを開始たフリマアプリで男性でも利用出来ます。

フリルは、先駆者という立場だったのですが、男性でも利用出来るメルカリに負けないために、2015年7月から男性でも利用出来るように変更しました。

しかし、メルカリが赤や青の配色をしたアイコンなのに対して、フリルはアイコンの色がピンク色なので、男性が利用するには少し抵抗のあるアプリです。

今後はフリルも男性専用の商品が売られていくと思われていますが、男性に支持されているのがメルカリで、女性に支持されているのがフリルと言えます。


2.フリルだと購入申請が必要

メルカリで販売されている商品を購入する場合は「購入ボタン」を押せば、誰でも購入する事が出来るので、購入者にしてみれば利用しやすいサービスと言えます。

しかし、フリルはどうかと言うと購入ボタンを押した後に出て来る「購入申請」をしなければ商品を購入する事が出来ないので、購入するのに時間をかけなければなりません。

購入申請をしたら、出品者がこの方なら商品を売っても良いと判断した時になって、ようやく契約が成立する事になります。

そのためメルカリの方が購入しやすいのですが、この方には売りたくない女性はフリルの方が利用しやすいでしょう。


3.メルカリとフリルで本人確認が必要な時はどんな時?

メルカリとフリルは300円以上の商品から出品する事は同じなのですが、1万円以上の商品を出品する時に違ってくるのが本人確認です。

メルカリは何円の商品を出品したとしても本人確認をする必要はありませんが、フリルは1万円以上の商品を出品したら本人確認をする必要があります。

フリルで本人確認の必要がないのは300〜9,999円の商品を出品する場合だけです。

ただしフリルで本人確認をする作業は1回のみなので、1万円の商品を出品するたびに本人確認の作業をする必要はありません。

この本人確認作業の時は、本人である事を確認出来る写真画像や本名現住所生年月日の個人情報を送信する必要があります。

あまり個人情報を入力したくないと考えている方は、メルカリの方が安全です。


4.振込申請をする場合の違い

メルカリは、211円の売上から振込申請をする事が出来ますが、210円の振込手数料を負担する必要があります。

1万円以上の売上を振込申請した場合に限り、振込手数料が無料になります。

それにひきかえフリルは1000円以上の売上にならないと振込申請が出来なくて、手数料は同じように210円負担する必要があって、1万円以上の売上であれば手数料は無料です。

そのため売上が1万円以上になってから、振込申請をするのが鉄則と言われていますが、1万円以上の売上を稼ぐのは利用したばかりの方には難しいと言われています。

あまり販売したい服やバッグなどがない女性は、211円から振込申請する事が出来るメルカリのほうが利用しやすいでしょう。


5.ポイント交換の違い

フリマアプリを利用する方にとってポイント交換は気になる所ですが、メルカリはポイントが廃止されて売上金をそのまま利用する事が出来るので、利用しやすいシステムとなっています。

それにひきかえ、フリルは売上金をそのまま利用する事は出来ないので、売上金をポイントに交換する必要があります。

ただし、フリルでポイントへ交換した後に、売上金へ戻す事は不可能になっているのです。

しかし、フリルの最新バーション(iOS4.3.0Android版4.3)では、売上金を交換出来るようになっており、フリルはバージョンによってポイント交換する必要があるアプリと交換する必要がないアプリがあるので気を付けて下さい。


6.契約をキャンセルする場合の違い

メルカリで契約をキャンセル出来る条件は、販売するべき商品が手元になくなった時購入者の所に届いた商品が壊れていた場合商品が説明していた物と違う場合発送日を過ぎても商品が発送されなかった場合購入者の商品代金が未納になっている時などです。

もしも、他の出品者に販売したくなった時や、気分が変わって販売するのを辞めたくなった時などはキャンセルするのが難しいと言われています。

フリルは、購入申請を許可していない時購入者の支払い完了前取り置きを頼まれた時であればキャンセルする事が出来ます。

しかし購入者は、支払いを完了した後にキャンセルするのは難しくて、出品者の同意を得る必要があるので気をつけて下さい。

利用者によって変わるメルカリとフリルの評価

メルカリは、1万円以上の商品でも本人確認をする必要がなくて女性に利用しやすいアプリと評価する方は多くいます。

しかし、メルカリの場合は販売したい相手を選べないのでトラブルになる危険性もあります。

そのため本人確認をするのが嫌な方はメルカリを利用して、購入者を選びたい方はフリルを利用したほうが良いでしょう。