iPhoneでメッセージを送信できない時の原因と対処法

最終更新日:2017年5月31日

iPhoneにはメッセージアプリが標準で搭載されています。

そのため基本的なコミュニケーションツールとして利用している人が少なくありません。

しかし、iPhoneのメッセージアプリの使い方を正確に理解しないまま使っていると、送信出来ないトラブルに見舞われることがあります。

そのため、メッセージが送れなくなった時の原因と対処方法についてご紹介します。

1.どのメッセージ送信方式を利用しているのか確認しよう

iPhoneのメッセージアプリでは、SMS・MMS・iMessageという3種類のメッセージ送受信方法を同じアプリから行えるようになっています。

普段意識せずにメッセージアプリを使用していると、突然メールが届いていないという知らせを受けた時に慌ててしまうでしょう。

まずはどのメッセージ送信方式を使っていたかを把握しましょう。

SMSは電話番号を宛先とし、MMSはメールアドレスを宛先としたメッセージ送信方法です。

自動的に判別されることが多いので、SMS/MMSとメッセージアプリの上部と入力欄に表示されます。

iMessageは、相手もiPhoneを利用している場合でiMessageによる送受信を許可している場合に表示されます。

自動で上手く送受信出来ずに、未送信というエラーが出る場合には、送信方式を手動で変更してメッセージ送信すれば良いでしょう。

2.携帯キャリアによってはMMSが利用できない

日本国内の大手携帯電話各社からこぞってiPhoneが発売されていますが、docomoについてはMMSによる送受信に対応していません。

自分自身か相手のどちらかがdocomoユーザーだと分かっている場合には、メッセージアプリの右上のプラス印から電話帳を呼び出して、相手を選択する際に電話番号を指定してSMS送信となるようにする必要があります。

SMS/MMSと表示されているので、どちらの方式で送受信するのかは、宛先を選択する際に電話番号で指定する以外に方法が無いわけです。

iMessageのように、双方が利用許可を出していて設定済みという状態でなければ送受信出来ないことよりは、SMSで送受信しておけば間違いないので、送信ボタンをタッチする前に一度確認することが望ましいでしょう。

3.SMSの文字数・通数制限に引っかかっていないか確認する

SMSでメッセージ送受信を行なう際には、全角ならば70文字半角ならば160文字という制限があります。

この文字数を超えるとSMSからMMSへとiPhoneは通信方式を変更します。

しかしdocomoを利用しているとMMSに対応していないので、自動的に未送信エラーが出ます。

題名の入力や画像の添付もSMSでは対応していない制限があるので、MMSに自動的に切り替わってしまっていないか確認しなければなりません。

また、各携帯電話会社では、1日に送信可能なSMSの量を200通/日と制限しているので、月間送信件数制限と共に確認しておく必要があります。

細かいSMSのやり取りが多発した際には、送信制限にかかることがあり、翌日になるのを待つ以外に方法は無くなります。

迷惑メール対策として行われている規制ですから、大量のSMS送信には注意が必要です。

4.送信先機種がiPhone以外に変わっているか確認

久々にメッセージアプリを利用して相手に送信すると、相手にメッセージが届かなくなっていることがあります。

iMessageを利用した送受信は、互いにiPhoneを利用している必要があるだけでなく、iMessageの利用を許可していなければ送受信出来ません。

送信先の相手が、iPhoneからAndroidに機種変更を行っていると、突然メッセージ送信が出来なくなっていることがあります。

なぜなら、iPhoneから他のOSを搭載した機種へ変更する前に、iPhone本体上でiMessageの登録解除を行わなければならないからです。

機種変更後にはインターネット経由で解除設定を行なうことが出来ます。

iMessageの登録解除を行わない限り、永久に送信側はメッセージを贈り続けることになってしまうので要注意です。

5.ネットワーク設定をリセットする

iPhoneを利用していると、本体アプリを定期的に終了しない人がいます。

アプリはプログラムですから、長時間稼働をさせているとエラーが蓄積して動きが悪くなることがあります。

定期的にiPhoneの電源を切って再起動をすることが望ましいですが、ネットワーク設定だけをリセットすることで動作の不安定さを解消出来ます。

iMessageをオフにしてから、ネットワーク設定のみをリセットし、再度iMessageをオンにすれば良いだけです。

パソコンが長時間起動していると、動作が重くなるように、iPhoneも時々不安定になったと感じたら、再起動を行なうかネットワーク設定のみリセットすると良いでしょう。

iPhoneからメッセージ送受信できない時はまず何を使っているか確認

iPhoneからメッセージ送受信が出来なくなると、慌ててしまいがちですが、メッセージアプリが3つの送受信方法を統合していると知っておき、手動切替方法を覚えておけば慌てずに済むでしょう。

携帯電話会社ごとに通信方式が異なる点を理解して、自動的に切り替える機能だけに任せずに、仕組みを理解した上で使えば正しい対処方法をその場で試せるようになります。