未読放置をさせない方法。未読スルーを防止する5つの方策

最終更新日:2015年9月13日

現在ではLINEでのやり取りは誰もがやっているコミュニケーションツールですが、それ故に相手が読んでいるか、返信があるか気になる所です。

特に未読放置をされるとかなり精神的にはきますよね。

未読放置を防ぐにはどうしたら良いのでしょうか。

1.本当に用事の時だけLINEを送る

相手との関係性や性格もありますが、普段からのLINEのやりとりがとても重要になってきます。

もし相手が異性の友達ならば、気軽な話題や遊びに行く連絡程度で終わるはずですが、中にはずっとLINEでのやり取りをしている人もいます。

もちろん普段のLINEのやり取りもありますが、相手が何をしているかわからないので、LINEの返信を義務付けるものではありません。

それが今では、電話よりLINEでの会話を楽しむ人もいるので、正直面倒くさいと感じる人も多いはずです。

男性にはそう感じる人が多く、LINEでのやり取りよりも電話の方が早くて便利と考える人が圧倒的です。

普段のコミュニケーションを電話をメインにしていれば、LINEが送られてきた時には必ずチェックしてくれるはずです。


2.相手の時間帯を考える

相手の仕事や仕事をしている時間帯が分かっていれば、その時間帯に合わせてLINEを送ることで返信してもらえる確率が上がります。

しかしほとんどの人はそこまでの相手の情報は分かりませんし、もし彼氏だとしても会社での関係性はわからないので、仕事が終わってからそのまま飲みに行ってるかもしれません。

仕事が終わってるからLINEが必ず返ってくるかは、相手が何をしているか分からないので断定できません。

いつもは返ってくる時間帯なのに、今日は未読のままで放置という場合もありえます。

友達ならば仕事以外には、更にもう一つ夜中の仕事をしていたり、他の女性と一緒にいたりしているかもしれません。

まずは相手の空いている時間帯を知ることが大切になります。

それ以外の時間帯に送ったLINEは読んでくれればラッキーくらいに思っておけば気も楽になります。


3.相手との関係性を良くする

普段から相手とのLINEのやり取りをしていれば、返信のある時間帯などが把握できたり、相手と連絡が取れるので直接何時ならば大丈夫か聞くこともできます。

これも相手との関係性ですが、基本は脈ありな人や仲の良い人のLINEはあまり放置をすることは無いでしょう。

彼氏ならば毎日連絡するでしょうし、仲の良い友達ならば遅くなってもLINEは読んだら何かしら返信があるものです。

まだあまり相手との仲が浅い人のLINEは、優先順位があるので未読になるケースもあります。

また相手の交友関係が多かったり、特殊な仕事をしていたりすれば未読率は高くなるでしょう。

相手と自分の関係性でどのくらいの頻度ならばしっかり相手が読んでくれるかわかるハズです。

付き合い初めや関係がまだ浅いうちは、様子を見ながらやり取りをすればだんだん分かってくるでしょう。


4.文章の初めに気をつける

LINEなどのやり取りでは、短い文章にスタンプだけなどで送ってきた場合、毎回同じようなLINEの形ならばたいしたことが無いだろうと思って放置をしたりします。

最近のスマホでは、既読をつけなくても文章の初めは読むことができますし、それによって大事なLINEかそうではないか判断をしています。

スタンプだけのLINEならば通知されるだけなので、大事な用事では無いと思いスルー率が高くなります。

文章の初めの言葉を変えるだけで返信率が高くなることがあります。

例えば、緊急~や大変~などの言葉が入っていたらすぐに見るだろうし、今すぐ~や大事な~などの用事ならば重要な内容だと思って読んでくれるはずです。

それでも未読の場合には、その時間帯に本当に見ることができない状況なのか、そもそも見る気がないのかどちらかです。

文章の初めの言葉を変えるだけで、飛躍的に既読率が高くなるはずです。


5.疑問文を活用する

文章の初めは読むことができる機能がありますが、そこでの言葉が大切なのは紹介しました。

もう一つ疑問文を活用することをオススメします。

疑問文は相手に返信を促すので、必然的に何か返信をしなければならなくなります。

未読の場合には短い文章で、今大丈夫?などと入れれば、相手の状況によっては見てくれるはずです。

基本的の疑問文は文章の一番最後に来るものです。

これでは未読放置の時には何の効果も無くなってしまうので、文章の最初のほうに相手に確認をするつもりで疑問文を入れてください。

もし相手が出られない状況でも、その文章を見たならば必ず気になるはずなので、未読放置率は下がるでしょう。

未読放置されることを防ごう

相手との関係性や時間帯によっては本当にLINEを返信できない時もあるでしょう。

スマホの機能を活用した文章の初めの文字を変える方法は、日常化するようになると、だんだん希薄になっていきまた未読スルーの状態に陥ってしまうかもしれません。

文章のテクニックを活用するのも一つの方法ですが、テクニックを必要としなくても良い関係を築くことも大切です。