緑色の服を好む人の心理とは。なぜいつも緑の服を着るのか理由や特徴を紹介

人の特徴最終更新日:2018年4月27日

服の色には、他人に様々な印象を与え、その服を着ている本人の気分にも影響を与えます。

中間色である緑色を選ぶ人には、具体的にどのような心理や理由があるのでしょうか。

1.平和を好む

中間色でバランスの取れた色である緑を好むのは、優しくて穏やかな人が多く、何事にも平和に解決できるよう努力する人です。

家族や恋人の悩み事の相談に乗ってあげたり、友人同士がケンカをしている際、仲直りをさせるため自らが仲介役となり、その場をまとめて安定させます。

この色を好む人には、他人に対し思いやりを持って接したいという心理や、他人を助けたいと思う心理があります。

また、人を喜ばせたり、相手に対し癒しを与えたいという心理もあり、見られる相手に対し、安心感を与えて癒したいというサービス精神がはたらいています。

友人や恋人が疲れているなと感じたら、緑の服を着て相手を癒してあげましょう。

2.疲れた精神を癒したい

緑色には、心の疲れを癒したり、緊張をほぐすなどのリラックス効果があります。

緑を選ぶ人は、心の疲れを癒したいという心理がはたらいています。

精神的なストレスを抱えており、なんとか改善したいという気持ちも現れています。

緑色を好む人は、落ち着いて何事にも客観視できる利点があり、共感力が非常に高い人ですが、平和を求めて行動しても上手く事が運ばない場合、人間関係に悩んで疲れ果ててしまうことが多いです。

この色を選びたくなったら、対人関係においてストレスが溜まっているサインですので、ゆっくりと休むよう心掛けましょう。

たまには自分のためだけの時間をつくり、一人でお出かけに行ったり、好きな趣味に没頭するなど、自分自身をリフレッシュさせることを忘れずに。

自分をしっかり回復させた後は、周りにもその元気を分けてあげましょう。

3.疲れた体を癒したい

癒しや生命力の象徴でもある緑色は、目で見る際に一番刺激が弱くて疲れにくい色です。

緑を選ぶ人には、肉体的な疲れを癒したいという心理や、健康になりたいという心理がはたらいています。

緑の服を好んで選ぶのは、自身が健康になりたかったり、周りに健康であることをアピールしたいからかも知れません。

また、自身がこれ以上疲労するのを避けようとしているサインですので、無意識に体も不調を感じ取っているのかも知れません。

体を休めたり、体調が気になるところがあれば、病院で診てもらって早めに治しましょう。

そうすれば、自身も健康になり、周りの人もリラックスさせることができるでしょう。

4.成長したい

自然の植物のイメージを持つ緑は、若々しい草木が育つように、もっと成長したいという心理がはたらく色です。

自身の将来の可能性を期待していたり、もっと成長して出世したいと思う人が緑の服を選びます。

慣れない仕事を習得したい時や、もっと仕事で成果を上げたい時などに、この色を好む傾向があります。

ただし、緑を好む人は保守的でマイペースな性格の持ち主ですので、現状に満足していないからといって、すぐ結果を出そうと焦りすぎるのは禁物です。

若い草木のように、ゆっくりと自分のペースで物事に取り組み、一歩一歩進んでいきましょう。

そうすれば確実に自分の将来に良い実りをもたらすでしょう。

5.新たな発見に気づく

緑を好む人は、他人を客観視できる人が多いですが、自分自身さえも客観的にみることができます。

自身の心を落ち着かせ、広い視野で物事を考えることができます。

緑色の服を選ぶのは、自分自身を見つめ直したいという心理がはたらいているのかもしれません。

ただ、緑を好む人は大きな変化を嫌う傾向があるため、冷静に見つめ直して自身の矛盾点や問題点に気付いても、それを改善することを躊躇してしまいます。

穏やかな性格からか、周りからは意見を持っていない、自信がない人だと思われがちです。

相手の意見を聞くことも大切ですが、時には、相手との対立を恐れず、自身の考えを主張してみましょう。

そうすれば、その相手ともっと仲良くなれるかもしれません。

6.深緑を好む時はまた意味が違う

同じ緑色でも、深緑色だと若干傾向が変わってきます。

浅い緑色を好む人は、周りと同調するために積極的に行動したり思考するのですが、逆に深緑色を好む人は、積極的に動くのではなく、落ち着いて周りを見守る傾向が強いです。

なので、深緑色の服を選んだのは、友人達や職場の仲間達をサポートしたいという心理がの現れでもあります。

特に一人っ子などで兄弟のいない人が、深緑色の服を好むことが多いです。

また、浅く明るい緑を好む人には、4でも述べたましたが成長したいという心理がありますが、それに対し深緑色を好む人には、成長させるよりも干渉して自身の思い通りに事を進めようとする心理があります。

これが余りにも強すぎると、自身の成長が止まってしまいます。

安定を求めすぎて、周りを縛ってしまわないように、自身の精神をコントロールさせてみましょう。

緑の服を好む理由を知ろう

緑の服を好む人には、自分や相手に対し癒しを与えたり、心身を安定させたいという心理がありました。

相手を安心させたい時や、あまり接点のない相手と話してみたい時、また、友人や恋人と仲直りをしたい時は、緑色の服を着てみるのも良いかも知れません。

今日一日、心を穏やかにして過ごしたい場合は、緑色のファッションを取り入れてみてはどうでしょうか。

 

    「緑色の服を好む人の心理とは。なぜいつも緑の服を着るのか理由や特徴を紹介」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。